企業ネットワーク最前線

コナカが12年前に構築した拠点間網、“壊れないルーター”で安定稼動

文◎百瀬崇(ライター) 2018.07.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

横浜市戸塚区に立地するコナカ本社

紳士服チェーンのコナカが本社と店舗をつなぐ情報通信ネットワークを構築したのは2006年のこと。以来、大きなトラブルもなく稼動し続けている。その要因の1つに挙げられるのが頑丈なVoIPルーターだ。


大手紳士服専門チェーンのコナカ。全国の店舗がつながる現在のネットワーク基盤を構築したのは実に12年前、2006年までさかのぼる。それ以来、大きなトラブルもなく、同社の事業を静かに支え続けてきた。

ネットワークの更改を検討し始めた当初、コナカの情報システム部は既存の情報系ネットワークだけの刷新を考えたが、それだけでは費用対効果が小さく、経営層の了解を得られずにいた。そこでNTT東日本 神奈川事業部に相談したところ、浮上したのがVoIPによる内線電話網の構築だった。それまで外線で行っていた拠点間通話をVoIPで内線化。情報系ネットワークに統合することにより、シンプルなネットワーク構成で、通信コストを大幅に削減できることを知った。

安定稼動し続けるVoIPルーター当時、コナカは約300店舗を運営し、このうち約270店舗は東日本エリアに立地していた。その東日本エリアの店舗と本社を結ぶネットワークには、NTT東日本の「フレッツ・VPNゲート」を採用した。フレッツ光ネクストをアクセス回線に用いるリーズナブルなセンタ-エンド型のVPNサービスだ。センタ拠点となる本社側には、NTT東日本の広域イーサネット「ビジネスイーサワイド」を選択している。

一方、西日本エリアについては、その頃は店舗数が30ほどと多くはなかったこともあり、センタ側もアクセス回線にフレッツ光を用いる構成を選んだ。具体的には「フレッツ・VPNワイド」とそのオプションの東西接続サービスを利用し、東日本エリアの本社と接続している。

 

図表 コナカのネットワーク構成図[画像をクリックで拡大]
図表 コナカのネットワーク構成図


VoIPルーターについては、ヤマハ製品を採用した。当時、トンネリング機能を標準搭載するVoIPルーターをラインナップするベンダーは、ヤマハだけだったからだ。本社には「RTV700」、店舗には「RT58i」を導入し、店舗側はその後、同じヤマハの「NVR500」にリプレースしている。

本社にはヤマハの電話帳サーバー「RTV01」も設置した。これにより、内線電話番号の一括管理が可能となり、通話コストだけでなく管理コストも削減できた。RTV01は近いうちに後継機である「YSL-V810」に置き換えられる予定だという。

本社の遠隔監視サーバーには、システムインテグレーターのSCSKが提供するソフトウェア「RT-Master Pro」がインストールされている。同ソフトは、遠隔から複数拠点のヤマハ製ルーターへのコンフィグの送信や取得、ファームウェアのバージョンアップ、監視が行えるもので、コナカの情報システム部はこれを利用してVoIPルーターのリモート保守を行っている。

なお、各店舗にはクレジットカード決済のためCAT端末を設置している。そのため、セキュリティを第一に考え、店舗のPCからはインターネット接続ができないようにしている。

2005年に検討が始まったネットワークの刷新は、およそ1年を掛けて2006年に完了した。その結果、通信コストと管理コストの削減、ネットワーク構成のシンプル化などの効果を得ることができた。

そして、そのネットワークは、利用する回線網のバージョンアップを行い現在まで安定稼働し続けている。その要因は複数あるが、コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理の湖中龍介氏はVoIPルーターが頑丈で壊れないことを最初に挙げ、「水没でもしない限り、ずっと動き続けるのではないでしょうか」と笑ってみせる。

コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理 湖中龍介氏
コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理 湖中龍介氏

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

kmk1904
juniper1904
singtel1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます