企業ネットワーク最前線

コナカが12年前に構築した拠点間網、“壊れないルーター”で安定稼動

文◎百瀬崇(ライター) 2018.07.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

横浜市戸塚区に立地するコナカ本社

紳士服チェーンのコナカが本社と店舗をつなぐ情報通信ネットワークを構築したのは2006年のこと。以来、大きなトラブルもなく稼動し続けている。その要因の1つに挙げられるのが頑丈なVoIPルーターだ。


大手紳士服専門チェーンのコナカ。全国の店舗がつながる現在のネットワーク基盤を構築したのは実に12年前、2006年までさかのぼる。それ以来、大きなトラブルもなく、同社の事業を静かに支え続けてきた。

ネットワークの更改を検討し始めた当初、コナカの情報システム部は既存の情報系ネットワークだけの刷新を考えたが、それだけでは費用対効果が小さく、経営層の了解を得られずにいた。そこでNTT東日本 神奈川事業部に相談したところ、浮上したのがVoIPによる内線電話網の構築だった。それまで外線で行っていた拠点間通話をVoIPで内線化。情報系ネットワークに統合することにより、シンプルなネットワーク構成で、通信コストを大幅に削減できることを知った。

安定稼動し続けるVoIPルーター当時、コナカは約300店舗を運営し、このうち約270店舗は東日本エリアに立地していた。その東日本エリアの店舗と本社を結ぶネットワークには、NTT東日本の「フレッツ・VPNゲート」を採用した。フレッツ光ネクストをアクセス回線に用いるリーズナブルなセンタ-エンド型のVPNサービスだ。センタ拠点となる本社側には、NTT東日本の広域イーサネット「ビジネスイーサワイド」を選択している。

一方、西日本エリアについては、その頃は店舗数が30ほどと多くはなかったこともあり、センタ側もアクセス回線にフレッツ光を用いる構成を選んだ。具体的には「フレッツ・VPNワイド」とそのオプションの東西接続サービスを利用し、東日本エリアの本社と接続している。

 

図表 コナカのネットワーク構成図[画像をクリックで拡大]
図表 コナカのネットワーク構成図


VoIPルーターについては、ヤマハ製品を採用した。当時、トンネリング機能を標準搭載するVoIPルーターをラインナップするベンダーは、ヤマハだけだったからだ。本社には「RTV700」、店舗には「RT58i」を導入し、店舗側はその後、同じヤマハの「NVR500」にリプレースしている。

本社にはヤマハの電話帳サーバー「RTV01」も設置した。これにより、内線電話番号の一括管理が可能となり、通話コストだけでなく管理コストも削減できた。RTV01は近いうちに後継機である「YSL-V810」に置き換えられる予定だという。

本社の遠隔監視サーバーには、システムインテグレーターのSCSKが提供するソフトウェア「RT-Master Pro」がインストールされている。同ソフトは、遠隔から複数拠点のヤマハ製ルーターへのコンフィグの送信や取得、ファームウェアのバージョンアップ、監視が行えるもので、コナカの情報システム部はこれを利用してVoIPルーターのリモート保守を行っている。

なお、各店舗にはクレジットカード決済のためCAT端末を設置している。そのため、セキュリティを第一に考え、店舗のPCからはインターネット接続ができないようにしている。

2005年に検討が始まったネットワークの刷新は、およそ1年を掛けて2006年に完了した。その結果、通信コストと管理コストの削減、ネットワーク構成のシンプル化などの効果を得ることができた。

そして、そのネットワークは、利用する回線網のバージョンアップを行い現在まで安定稼働し続けている。その要因は複数あるが、コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理の湖中龍介氏はVoIPルーターが頑丈で壊れないことを最初に挙げ、「水没でもしない限り、ずっと動き続けるのではないでしょうか」と笑ってみせる。

コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理 湖中龍介氏
コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理 湖中龍介氏

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

hitec2009
empirix2009
ctc2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます