企業ネットワーク最前線

コナカが12年前に構築した拠点間網、“壊れないルーター”で安定稼動

文◎百瀬崇(ライター) 2018.07.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

横浜市戸塚区に立地するコナカ本社

紳士服チェーンのコナカが本社と店舗をつなぐ情報通信ネットワークを構築したのは2006年のこと。以来、大きなトラブルもなく稼動し続けている。その要因の1つに挙げられるのが頑丈なVoIPルーターだ。


大手紳士服専門チェーンのコナカ。全国の店舗がつながる現在のネットワーク基盤を構築したのは実に12年前、2006年までさかのぼる。それ以来、大きなトラブルもなく、同社の事業を静かに支え続けてきた。

ネットワークの更改を検討し始めた当初、コナカの情報システム部は既存の情報系ネットワークだけの刷新を考えたが、それだけでは費用対効果が小さく、経営層の了解を得られずにいた。そこでNTT東日本 神奈川事業部に相談したところ、浮上したのがVoIPによる内線電話網の構築だった。それまで外線で行っていた拠点間通話をVoIPで内線化。情報系ネットワークに統合することにより、シンプルなネットワーク構成で、通信コストを大幅に削減できることを知った。

安定稼動し続けるVoIPルーター当時、コナカは約300店舗を運営し、このうち約270店舗は東日本エリアに立地していた。その東日本エリアの店舗と本社を結ぶネットワークには、NTT東日本の「フレッツ・VPNゲート」を採用した。フレッツ光ネクストをアクセス回線に用いるリーズナブルなセンタ-エンド型のVPNサービスだ。センタ拠点となる本社側には、NTT東日本の広域イーサネット「ビジネスイーサワイド」を選択している。

一方、西日本エリアについては、その頃は店舗数が30ほどと多くはなかったこともあり、センタ側もアクセス回線にフレッツ光を用いる構成を選んだ。具体的には「フレッツ・VPNワイド」とそのオプションの東西接続サービスを利用し、東日本エリアの本社と接続している。

 

図表 コナカのネットワーク構成図[画像をクリックで拡大]
図表 コナカのネットワーク構成図


VoIPルーターについては、ヤマハ製品を採用した。当時、トンネリング機能を標準搭載するVoIPルーターをラインナップするベンダーは、ヤマハだけだったからだ。本社には「RTV700」、店舗には「RT58i」を導入し、店舗側はその後、同じヤマハの「NVR500」にリプレースしている。

本社にはヤマハの電話帳サーバー「RTV01」も設置した。これにより、内線電話番号の一括管理が可能となり、通話コストだけでなく管理コストも削減できた。RTV01は近いうちに後継機である「YSL-V810」に置き換えられる予定だという。

本社の遠隔監視サーバーには、システムインテグレーターのSCSKが提供するソフトウェア「RT-Master Pro」がインストールされている。同ソフトは、遠隔から複数拠点のヤマハ製ルーターへのコンフィグの送信や取得、ファームウェアのバージョンアップ、監視が行えるもので、コナカの情報システム部はこれを利用してVoIPルーターのリモート保守を行っている。

なお、各店舗にはクレジットカード決済のためCAT端末を設置している。そのため、セキュリティを第一に考え、店舗のPCからはインターネット接続ができないようにしている。

2005年に検討が始まったネットワークの刷新は、およそ1年を掛けて2006年に完了した。その結果、通信コストと管理コストの削減、ネットワーク構成のシンプル化などの効果を得ることができた。

そして、そのネットワークは、利用する回線網のバージョンアップを行い現在まで安定稼働し続けている。その要因は複数あるが、コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理の湖中龍介氏はVoIPルーターが頑丈で壊れないことを最初に挙げ、「水没でもしない限り、ずっと動き続けるのではないでしょうか」と笑ってみせる。

コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理 湖中龍介氏
コナカ 管理本部 情報システム部 部長代理 湖中龍介氏

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810macnica
1810prtg
1810riverbed

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます