導入・選定ガイド

「日中間通信」の課題と攻略法(前編)――国際は細くて高く、国内も頻繁に通信断

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.07.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

中国でビジネスをする場合には、“日本の常識”がまったくといっていいほど通用しない彼の国の通信・ネットワーク事情を理解する必要がある。中国進出企業が絶対に知っておくべきポイントと対策を整理しよう。

 
「世界の工場」から「世界最大の市場」へと変容を遂げた中国は、今も多くの日本企業を惹きつけている。

いわゆるチャイナ・リスクによって一度はブレーキがかかった日本企業の中国進出が近年、再び活発化してきた。外務省の調べでは、日本企業の海外拠点7万1820(2016年10月時点)のうち半数近く(3万2313拠点、45%)が中国にあり、8422拠点の米国などを大きく引き離している。

越境EC・中国IoTにもリスク13億人の人口のうち3億を超えるといわれる中間所得層、豊富な労働力と、中国進出のメリットは多いが、一方でリスクも少なくない。

よく知られているのは行政手続の難しさや商慣習の違いなどだが、意外と見落とされがちなのが通信・ネットワークに関するリスクだ。中国の通信ネットワーク環境は、日本や欧米諸国のそれと大きく異なる。中国といえば、国レベルで行われているインターネット検閲システム「グレートファイアウォール」が有名だが、それ以外にも留意すべき点は少なくない。
グレートファイアウォール
中国政府にとって都合の悪い通信を監視・遮断するネット検閲システム「グレートファイアウォール」は、万里の長城のように“国境”を監視しているわけではない。その仕組みは一般的なファイアウォールで用いられている仕組みと基本的には同じだ。また、中国国内の通信も監視・遮断の対象となる


特に、中国に進出する日本企業にとって大きな問題となるのが、中国国内から国外に接続する際の越境通信の品質だ。中国国内の拠点と日本の本社・支社、およびクラウドとの通信を安定的に行えるようにすることは簡単ではない。

さらに、日中間通信に問題を抱えるのは、中国国内に拠点を構える企業だけではない。日本国内から中国市場へ向けたオンライン商取引「越境EC」も当然ながら影響を受ける。

IoTも例外ではない。中国国内で使用される機械/デバイス等からデータを取得して利用する場合も、日中間通信の品質安定化は不可欠だ。

中国向けにビジネスを展開するうえで何に気をつければいいのか。その対応策も含めて整理しよう。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます