キーパーソンが語る

ワイヤレスジャパン 2018/ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2018 基調公演レポート

ケータイ3社が語った5Gサービス創出戦略――ドコモ吉澤社長、KDDI総研 中島所長、ソフトバンク宮川副社長

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.05.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ワイヤレスジャパン 2018/ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2018の共同基調講演「5G最前線!リーダーズ・ビジョン」で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのケータイ3社が5Gの商用化に向けたサービス創出の取り組みを説明した。各社とも、多様なパートナー企業との共創、協創に力を注ぐ。

NTTドコモ 吉澤社長「パートナープログラムに1300社超が参加」
「5G時代にはパートナーとともに、いろいろなサービスを協創し、新たなビジネスを創り出していくことが重要になる」――。NTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏は、講演の冒頭でこう述べ、同社の5Gへの取り組みを説明した。

吉澤氏は、まずドコモが5Gのプロモーションに用いている「HERE COMES 5G」のロゴを紹介。その中の「JAPAN 2020」の文字を「実際の商用化を2020年にやろうというという我々の意志の現れ」と説明した。「場合によっては少し前にプレサービスのような形でエリアを限定してやることも考えていきたい」と意欲を見せた。

NTTドコモ 代表取締役社長 吉澤和弘氏
NTTドコモ 代表取締役社長 吉澤和弘氏


さらに、サーキットでの時速300kmでのハンドオーバー実験や海上でのウインドサーフィンの競技映像を5Gで4K画質のパブリックビューに実況中継するなどの技術開発の具体的な取り組みや、5Gに用いられるC-RAN構成における基地局制御装置とアンテナ・無線機間のインターフェース仕様のオープン化により、異なるベンダーの機器間でも接続ができる環境の整備などを進めるORAN Allianceの活動などを紹介した。

そのうえで、吉澤社長は冒頭の発言にあるパートナーとの協創戦略について説明。2月から展開している「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に、すでに1300超の企業・団体が参加を表明していると明かした。昨年春から実施しているパートナーとの共同実験「5Gトライアルサイト」では、新サービスの創出に向けた取り組みを15社と進めているという。

NTTドコモのサービス協創の取り組み
NTTドコモのサービス協創の取り組み


パートナー企業とのサービス開発の取り組みは多岐にわたるが、セッションでは①新日鉄住金ソリューションズと共同で取り組んでいる「人型ロボット」による遠隔制御システムと、②コマツと共同で開発を進めている「建設機械」の遠隔操作がビデオを交えて詳しく説明された。


①については、有毒ガスが発生した事故現場での復旧作業での活用するデモが紹介されたが、将来的には工場や物流倉庫などの作業効率化でも活用が期待されているという。

②の建機の遠隔操縦では、神奈川県平塚市のコマツの実験フィールドと通信回線で結ばれた操作室から5枚の2K画質のディスプレイの映像を見ながら操作を行うデモが紹介された。吉澤氏は「5Gは人手不足問題の解決にも寄与できる」と強調した。

このほか、和歌山県立医科大学などとの遠隔診療の実験や、2018年内に実施が計画されている車両とあらゆるものをつなぐ「セルラーV2X」のトライアル、自動車ビッグデータの集約・活用のために設立されたAECC(Automotive Edge Computing Consortium)などの取り組みが紹介された。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ciena1906
netscout1908
synology1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます