キーパーソンが語る

「EDR」を我々は超えている――国内EDR市場シェア1位のCrowdStrike社

聞き手◎太田智晴(編集部) 2018.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エンドポイントから様々な情報を収集し、侵入したマルウェアを検知して対処するEDRへの注目が高まっている。数あるEDR製品の中にあって3年連続国内シェア1位を獲得しているのがCrowdStrike社だ(ITR調べ*)。同社幹部に話を聞いた。

 
――御社について紹介してください。

リトルプラウド CrowdStrikeは2011年、元マカフィー社のCTOとワールドワイドラボ担当の2人によって創業されました。

2人がマカフィーにいた当時のセキュリティ技術は、既知の脅威をブロックすることに終始しており、組織は侵害され続けていました。従来とはまったく異なるアプローチが必要だと考え、2人が設立したのがCrowdStrikeです。現在176カ国でビジネスを展開しています。

――まったく異なるアプローチとはEDR(Endpoint Detection and Response)のことですか。

リトルプラウド 我々はEDRだけを提供しているのはありません。EDRを超えたサービスを提供しています。

お客様側で必要なのは、約22MBの軽量なセンサーをサーバーやPCなどに展開することだけ。あとは、エンドポイントから当社のクラウドにデータが吸い上げられ、必要な機能をサブスクリプションベースで利用できます。

提供している機能はいろいろありますが、その1つが次世代アンチウィルスの「Falcon Prevent」です。

セントナス Falcon Preventは機械学習などの次世代技術を活用しています。エンドポイントから収集した情報などを元に、悪意ある行為や疑わしい行為について早い段階から検知し、悪意あるファイルの実行を未然に防ぐことができます。マルウェアを使わないファイルレス攻撃も防御可能です。
CrowdStrike
(左から)CrowdStrike テクノロジー・ストラテジー担当バイスプレジデントのマイケル・セントナス氏、CrowdStrike Japan マネージング・ディレクターの河合哲也氏、アジア・パシフィック&日本担当 バイスプレジデントのアンドリュー・リトルプラウド氏

日本の売上は倍増――Falcon Preventは、従来型のアンチウィルス製品を補完するのではなく、代替するものですか。

セントナス その通りです。もちろん展開に際しては様々なシナリオが考えられ、既存製品のライセンスが残っているため、両者を統合的に活用するといったケースもあります。ただし、我々が目指すところは「リプレース」です。

ファイルの実行後については、今度はEDRの「Falcon Insight」によって、すべての情報を記録・解析し、脅威を検知していきます。

このように我々のサービスはフライトレコーダーのような役割を果たしますが、それゆえに提供できるのが、マネージド脅威ハンティングの「Falcon OverWatch」です。

これは我々が世界中に配置するセキュリティのプロ集団によって提供するサービスです。例えば、あなたの会社がサイバー犯罪者に狙われていたとしますよね。クラウドに収集した大量のデータなどから、我々がそれを察知すると、あなたにコンタクトして対処方法などを助言します。

――日本でのビジネス状況について教えてください。

河合 日本では、2017年上半期の売り上げが前年比2倍になりました。今年はさらに加速すると思っています。

――メインの競合相手はやはり他のEDRベンダーですか。

リトルプラウド それだけではありません。サンドボックスや脆弱性管理など、我々が提供する機能は拡大し続けており、一般的なセキュリティベンダーとも戦っていく必要があります。

従来型のオンプレミスのソリューションは複雑で、インフラを維持するのも大変なためコスト高です。一方、クラウドソリューションの良い点は、デプロイやメンテナンスもクラウド側で簡単にやれること。

日本には100名規模の中小企業がたくさんありますが、我々は大企業だけではなく、そうした中小企業にも高い価値を提供できます。


*:ITR「ITR Market View:エンドポイント/無害化/インターネット分離市場2017」(売上金額ベース、2015~2017年度(予測))

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます