ニュース

総務省の5G作業班、5Gの技術条件の本格議論をスタート

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.12.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

情報通信審議会 新世代モバイル通信システム委員会 技術検討作業班(主任:三瓶政一大阪大学大学院教授)の第4回会合が2017年12月22日、総務省で開かれた。

同委員会は、2017年9月に取りまとめた報告書で、2020年の5G実現に向け、(1)3.7/4.5/28GHz帯の3つの周波数帯を2018年度末頃までに割り当てることと、(2)そのために2018年夏頃までに技術的条件を策定することを提言。28GHz帯で最大2GHz(2000MHz)幅、3.7GHz帯及び4.5GHz帯で最大500MHz幅の帯域を5G用に確保すべきだとしている。

5Gのコンセプトなどを議論してきた作業班では、3GPPでの標準化の進展を受けて、今回から具体的な技術的条件の検討に入った。今後、月1回のペースで会合を持ち、2018年5月に報告書を取りまとめる。既存システムとの干渉検討を行うため、これらの帯域を利用している航空・宇宙通信、衛星放送などの関係者が、今回新たに構成員に加わった。

会合では事務局(総務省移動通信課)の報告に続き、欧州ビジネス協会の本多美雄構成員が、12月21日に3GPPでコアスペック(無線関連仕様)が固まった5Gの「ノンスタンドアロン(NSA)」仕様について、エリクソンとノキアが作成した資料に基づいて解説した。

5Gでは、多くの通信事業者が4G(LTE/LTE-Advanced)のエリア内に5Gエリアを重層させ、デバイスの制御は4G側で行うNSAの導入を考えている。このことから、2020年の商用化に向けて、NSAの標準化が前倒しされた。

本多氏は、3GPPでは2018年6月の承認に向けて5月にワーキンググループ(WG4)で無線以外の関連部分を含む最終仕様が固まるとし、これが「技術的条件を策定する上で重要なタイミングになる」と述べた。作業班の検討スケジュールは、ここにフォーカスしたものだ。

5Gの無線規格(NR:New Radio)は、現行の4G無線仕様を拡張したもので、「無線伝送方式」は4GのOFDMAを踏襲している。最も大きな変更点は、サブキャリアの帯域幅をLTEの2~8倍に拡大、1フレームのデータを短時間でやり取りできるようにして、低遅延化を可能にしたことだ。

これに伴い、搬送波幅も拡大され、数Gbpsクラスの超高速データ通信に対応しやすくなる。

NRの仕様は、6GHz以下の周波数帯(FR1、日本では3.7/4.5GHz帯)向けと6GHz以上の周波数帯(FR2、日本では28GHz帯)向けの2つに分けて規定されている。

FR1向け仕様では、サブキャリア幅に4Gと同じ15kHzに加え、新たに30kHz、60kHzを追加した。30/60kHz幅のサブキャリアを用いる場合、搬送波幅はLTEの20MHz幅の5倍、最大100MHzまで拡大できる。これをキャリアアグリゲーゲーションで複数本束ねてGbpsクラスの通信に必要な数百MHz幅の伝送帯域を確保する。 

FR2向け仕様では、60kHz及び120kHzの2つのサブキャリア幅が規定された。120kHz幅のサブキャリアを用いる場合、搬送波幅を最大400MHz幅まで広げることが可能となる。

3GPPでは、2.1GHz帯、1.7GHz帯、900MHz帯、700MHz帯、2.5GHz帯、1.5GHz帯(バンド1、3、8、28、41、73)といった、現在LTEで使われている周波数帯へのNRの導入も予定しており、TDDだけでなくFDDにも対応する。

続いて会合では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがそれぞれの5Gに向けた取り組みを説明。構成員の議論では、現在は無線モジュールとアンテナの間で行っている送信電力の測定が、5GのMassiveアンテナでは無線モジュールとアンテナが一体化され、電波強度から電力を推定する形となるため、これを実際にどう実現するかが話題となった。

スペシャルトピックスPR

necm1811
hytec1811
mi1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
ws58

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます