ICT×未来

<特集>IoTと宇宙(第2回)

これが未来の衛星通信だ!――あらゆるモノをつなぐブロードバンドインフラへ

文◎唐島明子(編集部) 2017.12.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

あらゆるモノのコネクティビティを衛星通信が担う時代が、あと10年もすればやってくる。自然環境センシングから船・飛行機向けのブロードバンド通信まで、技術革新は猛烈な勢いで進んでいる。

 
衛星通信の主戦場は、地上系インフラが見向きもしないニッチなエリア。ついでに万が一の時のバックアップ回線――。

そんな衛星通信のイメージは、これから10年も経てばひっくり返る。

「衛星通信にあらゆるものの通信を収容していくという発想がある」。こう語るのは、総務省 国際戦略局 宇宙通信政策課 衛星開発推進官の中谷純之氏である。

総務省は2017年8月8日に「宇宙×ICTに関する懇談会 報告書」を発表。報告書には、2030年には衛星ブロードバンドサービスが完成し、自然環境や各種インフラを監視するセンサー端末から、農機・重機・航空機・海洋資源探査船、5Gのバックホールなど、すべてのコネクティビティを衛星通信が提供する未来像が描かれている(図表1)。

 

図表1 5G・IoTなど多様な端末を衛星通信に収容
図表1 5G・IoTなど多様な端末を衛星通信に収容


衛星IoTで位置・自然を監視地上のあらゆるヒト・モノ・コトを、衛星通信インフラでつなぐ。IoT化が本格化するなか、その動きはすでに広がりつつある。

例えば、GPSを搭載したIoTトラッキング端末、「GPSトラッカー」の通信手段として衛星通信を使う動きだ。

GPSトラッカーの多くは、日本では人口カバー率99%を超える3G/LTEのセルラー回線を利用している。しかし、3G/LTEも万能ではない。

「人口カバー率99%のセルラー回線だが、面積で見ると実はカバーできているのは日本全土の70%ほどで、残りの30%はエリア外。しかし、衛星通信ならその30%にもネットワークを提供できる」とGlobalstar Japan代表取締役社長の安藤浩氏は衛星通信ならではカバー力をアピールする。

衛星通信は、セルラー回線のように地域ごとに基地局を打つ必要はない。宇宙に打ち上げた衛星から、電波のビームを照射するだけで、そのエリアの通信環境を整えられる。衛星通信のカバレッジは地球規模だ。アフリカのサハラ砂漠からアルプス山脈、五大陸と三大洋をカバーできる。

そんな衛星通信を利用する同社のGPSトラッカー「SPOT GEN3」には、SOSボタンが付いている。緊急時にそのボタンを押すと、位置情報付きのレスキュー要請が、衛星を経由して世界各地の救助機関に通知される。「これまで全世界で約5300名の人命に関わる救助実績がある」(安藤氏)という。

Globalstar Japan(米国Globalstar)のSOSボタンつきGPSトラッカー「SPOT GEN3」
Globalstar Japan(米国Globalstar)のSOSボタンつきGPSトラッカー「SPOT GEN3」



Globalstar Japanが提供する衛星通信の通信速度は、上下ともに256kbps。地上系ネットワークと比較すると見劣りするかもしれないが、GPSの位置情報とSOSメッセージを送信するには十分なスペックだ。

「今後は自動車、建設重機、農業機械、船舶などのIoT需要を想定している」と安藤氏。対象物のトラッキングはもちろん、温度・湿度・加速度センサーなどを取り付ければ、そのセンサーデータを衛星回線で回収できる。

「今までのIoTは都市部、人が立ち入りやすいところを中心に発展してきた。しかし衛星通信は人が立ち入りにくいところ、例えば自然環境の監視も容易にできる」と総務省の中谷氏は述べる。

衛星通信によるIoTは、一部の領域ではもう始まっているのだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ted1804
palo1804
casb1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます