導入・選定ガイド

ビデオ会議の最新動向2017(前編)――「ハドルルーム」に大注目

文◎村上麻里子(編集部) 2017.10.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ビデオコミュニケーション市場は、大規模会議室向けの普及は一段落し、小規模向けが中心となっている。グローバルで数千万室の潜在需要があるだけに、市場の拡大が続きそうだ。

 
日本には「膝を突き合わせる」という言葉があるように、古来より対面のコミュニケーションが重視されてきた。ビジネスの世界においても、電話やメールが主要な連絡手段となっているにもかかわらず、重要な決定事項についてはフェイス・トゥ・フェイスの会議を重視する風潮が根強くある。

とはいえ、国内外に多くの拠点を展開する企業の場合、会議のたびに関係者が一堂に会することは時間やコストの面で負担が大きく現実的ではない。こうした事情を背景に、映像で臨場感のあるコミュニケーション(ビデオコミュニケーション)を実現する遠隔会議システムの企業導入が進んできた。

ビデオコミュニケーション市場は緩やかながら成長が続いており、2017年の国内市場規模は525億円と前年比107%の伸びとなる見込み(図表1)。製品別では、ビデオ会議とWeb会議で全体の5割以上を占め、残りが音声会議やマイクスピーカー、MCU(多地点接続装置)となっている。

 

図表1 国内ビデオコミュニケーション市場規模予測
図表1 国内ビデオコミュニケーション市場規模予測


また、国内企業175万社を対象にしたアンケートによると、ビデオコミュニケーションを導入している企業は約11万社、導入率は6.3%(図表2)。従業員数別では、10人未満の企業では3.1%にとどまるのに対し、1000人以上の企業の導入率は72.1%と規模に比例して導入の割合が高くなっている(いずれもシード・プランニング調べ)。

 

図表2 会社規模別ビデオコミュニケーション導入割合
図表2 会社規模別ビデオコミュニケーション導入割合


大企業では、専用機を用いた高音質・高画質のテレビ会議システムは役員会議など重要な会議用、端末や場所に関係なく利用できるWeb会議システムは現場レベルでの打ち合わせ用というように、使い分けが進んでいる。他方、中小企業では特に小規模企業やSOHOでようやく導入が始まった段階で、Web会議システムやビデオチャットなど安価な製品が中心だ。

このように、ビデオコミュニケーション市場の中心は大企業から中小企業へ、高額な製品から安価な製品への移行が進んでいる。

本特集では、ビデオコミュニケーション市場について、その製品動向と利用動向を紹介していく。今回の前編では、まず製品動向を見ていこう。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます