キーパーソンが語る

メラノックスCEO「AIとビデオの高速ニーズに応える」

構成◎坪田弘樹(編集部) 2017.06.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Mellanox Technologies 社長 兼 CEO
エヤル・ワルドマン氏

InfiniBand製品で高いシェアを持つメラノックスはその技術をベースにイーサネット分野に進出し、今年度から日本国内でもデータセンター向けスイッチ製品を本格的に展開する。社長兼CEOのエヤル・ワルドマン氏に事業戦略と強みを聞いた。


――イーサネット製品の実績と日本国内での展開の狙いを教えてください。

ワルドマン 我々はInfiniBandで日本でも成功を収めてきました。政府機関やNTTドコモ等の通信事業者、ニフティ等のクラウド事業者、大学、そしてトヨタ自動車など大手企業で採用されています。すでに広い顧客基盤を持っており、100ギガ対応イーサネット(GbE)スイッチ「Spectrum」でこれをさらに拡大します。

Spectrumはすでに米国と中国で採用が進んでいる製品です。これらの地域と同様に日本でもデータ量が爆発的に増加しており、25~100GbEの市場が急成長しています。Spectrumは100GbEポート×32、25/50GbEポート×64のラインナップを揃えており、10GbEから25、50、100GbEまですべてのニーズに対応できます。

――Spectrumスイッチの特徴は。

ワルドマン 高スループットと低遅延、そして低消費電力、パケット損失が少ないことです。我々のプロセッサは、ブロードコムやカビウムと比較してパケットのバッファリングのスキームが優れているため、電力の消費効率、パケット損失とも優位性があります。もちろん、価格競争力もあると自負しています。

また、イーサネットアダプタ(NIC)「Connect X」も国内で出荷を開始します。デルやネットアップ、ファーウェイ、レノボ、クアンタム等のスイッチ等にすでに組み込まれており、これを日本でも拡販していきます。

年内に200GbE対応製品を――日本国内でのターゲットは。

ワルドマン 既存顧客に売り込むとともに、AIやビデオなどの特にデータ量の増大が著しい分野でお客様を獲得していこうと考えています。

AIに関しては、中国バイドゥの機械学習プラットフォームにSpectrumと100GbE対応NICのConnectX-4が採用され、学習時間が200%短縮されるといった成果が出ています。また、中国ECサイトのJDドットコムでは、販売する商品の真贋をAIの画像認識で判別するシステムにメラノックス製品を採用しています。

金融やヘルスケア、物流など様々な業種にAI活用は広がっており、我々のターゲットも増えています。

――4K/8Kの実用化が近づくビデオ関連も有望な分野ですね。

ワルドマン その通りです。この分野では通信事業者が有望なターゲットになります。ビデオ配信サービスは通信事業者にとって重要なビジネス機会となりますが、4K映像の配信サービスを行うには、その基盤には25GbEの性能が必要です。我々はSoCからNIC、スイッチ、ケーブルやインターフェースモジュールまでエンドツーエンドで25GbE対応のソリューションを提供できる強みがあります。

そして、2020年のオリンピックの頃には8K映像が用いられるようになるでしょう。我々はすでに2015年から100GbE対応の製品を提供しており、8Kに対応するビデオ配信のインフラ構築で貢献できます。

さらに、2017年内には200GbE対応の製品もリリースします。現行の100GbE製品と同じソフトウェアでマネジメントができるため、100GbEから200GbEへスムーズに移行できることも我々の強みになります。

通信事業者に関しては、クラウドインフラの構築でも我々が貢献できます。他国ではヒューレット・パッカード・エンタープライズやファーウェイと組んで、NFVプラットフォームの構築もお手伝いしています。国内でも富士通やNEC等のパートナーとともにNFV関連ビジネスを進めていきます。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます