企業ネットワーク最前線

<特集>実験で分かった!LPWAのホントの実力(第1回)

SIGFOXとLoRaWANの最新動向――日本を覆い始めたLPWA網

文◎唐島明子(編集部) 2017.06.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

いよいよスタートした、IoT向け無線ネットワーク「LPWA」。SIGFOXの今後のエリア計画やLoRaWANのサービス展開状況、そしてLPWAならではのユニークなIoTサービスなどをレポートする。

 
LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの提供を開始する企業や、LPWAを活用したIoTサービスの実証実験を行う企業が、今年に入ってから続々と登場している。

ここでいうLPWAとは、具体的には「SIGFOX」と「LoRaWAN」のことだ。

どちらも、1つの基地局(ゲートウェイ)を建てるだけで、数km単位の広域エリアで無線通信できるようになる。また、基地局と通信するエンドデバイスに組み込む通信モジュールは、省電力化・低コスト化が図られている。膨大な数のデバイスを、安いコストでインターネットに繋げられるようになるとあって、IoT時代を迎えた今、大注目のネットワークなのだ。

では早速、SIGFOXとLoRaWANの現状を確認しよう。

SIGFOXの魅力はサービス料金&手軽さまずSIGFOXについては、日本で独占展開する京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が、2017年2月27日から東京都内でネットワークのサービス提供を開始。サービスが始まったばかりということもあり、ロケーションによって電波強度の濃淡はあるようだが、3月末には東京23区、川崎市、横浜市、大阪市のほぼ全域でSIGFOXが利用可能になった。

SIGFOXのサービスでは、単にネットワーク環境が提供されるだけではない。ネットワークに加えて、データを一次蓄積するSIGFOXクラウドまでが一気通貫で提供される(図表1)。自社内あるいは顧客向けのIoTサービスを開発する際、ネットワークやデータ保管場所などのインフラ構築に煩わされることなく、IoTサービスの開発に集中できる。

 

図表1 SIGFOXのサービスイメージ図
図表1 SIGFOXのサービスイメージ図


「SIGFOXパートナーは現在、90社を超えた」。こう明かすのは、KCCS LPWAソリューション部 責任者の大木浩氏だ。SIGFOXパートナーとは、KCCSが提供するSIGFOXネットワークを利用できるIoTデバイスやIoTサービスを開発する企業のことだ。

SIGFOXの使い勝手についてパートナーからは、「『自らネットワーク環境を構築する必要がないのが魅力』『基地局の運用管理が不要でよい』などの反応が寄せられている」と、KCCS LPWAソリューション部 副責任者の日比学氏は語る。

また、すでにSIGFOXをユーザーとして試用し始めてもいるアズビル金門の執行役員 経営企画部部長で、IoT事業推進担当の奥野啓道氏は次のようにコメントする。

「SIGFOXクラウドに蓄積されたデータを取り出すためのAPIは、とても充実している。非常に使い易い」

水道・ガスメーター大手であるアズビル金門はSIGFOXパートナーとして、SIGFOXによる遠隔検針サービスの検証を行っている。

そんなSIGFOXに立ちはだかっている最大の壁は、全国規模で見ると、まだ限られた地域でしかSIGFOXを使えないことだ。大木氏は、「SIGFOXパートナーから最も要望があるのはカバレッジ拡大」と述べたうえで、「これからパートナーのニーズや需要、計画に基づいて、しっかりとSIGFOXエリアを広げていく。2020年3月末には、全国で人口カバー率99%を実現したい」と展望を語る(図表2)。

 

図表2 SIGFOXの国内エリア展開状況と計画
図表2 SIGFOXの国内エリア展開状況と計画


そんな課題を抱えつつも、すでに2社、宅配ピザチェーン「ナポリの窯」を全国展開するストロベリーコーンズと各種センサーを製造・販売するオプテックスが、SIGFOXを活用するIoTサービスを正式稼働させている。ストロベリーコーンズは、ナポリの窯の店舗にある冷蔵庫の温度管理にSIGFOXを活用しているが、まずはSIGFOXが開始した都内店舗から利用し始め、エリア拡大に合わせて順次、他の店舗にも導入していく計画だという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sas1808
necaspire
moconavi1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます