企業ネットワーク最前線

電池不要のIoT無線「EnOcean」――6km通信が可能なLPWA仕様も開発

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.02.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

電池なしで利用できる近距離無線技術「EnOcean」の導入が、日本でも本格化してきた。6kmの遠距離通信が可能な「LPWA仕様」の実用化も進められている。

 

EnOceanは、独シーメンスで開発が進められていたエネルギーハーベスト(環境発電)を利用した無線通信技術で、2001年に開発メンバーがシーメンスの出資を受けて起業したEnOcean社(以下、エンオーシャン)が事業化している。

エネルギーハーベストとは、環境に存在する振動・光・熱などの微小なエネルギーを収穫(ハーベスト)して電力に変換する技術で、EnOceanはこの微細な電力を用いて通信を行う。

EnOceanの主要なユースケースの1つである照明の遠隔操作システムでは、スイッチを押す力を、内蔵された電磁誘導素子で電気に変え、その電力でオン・オフの指示を照明機器(あるいは制御装置)に送っている。光発電パネルで起こした電気をコンデンサーに蓄積し、この電力で各種センサーのデータを送るといった使い方も広く行われている。

EnOceanのスイッチデバイスに内蔵されているモジュールと電磁誘導素子
EnOceanのスイッチデバイスに内蔵されているモジュールと電磁誘導素


消費電力はZigBeeの10分の1EnOceanは、こうした微細な電力による通信に最適化されており、ZigBeeの10分の1という非常に低い消費電力で動作する。

省電力性を高めるため、デバイス側の「無線センサーモジュール」は基本的には受信(待受)を行わず、受け手となる「無線システムモジュール」への片方向通信を行う。この場合、再送制御が行えないので、1回の送信で同一データを3回繰り返して送り、信頼性を高めている。用途によっては省電力仕様の双方向通信(Smart ACK)を利用することも可能だ。

運用周波数は、日本の920MHz帯、米国の915MHz帯、欧州の868MHz帯などのサブGHz帯(免許不要帯域)が主力(日本・米国などでは315MHz帯の利用も可能)。日本ではARIBの技術基準(STD-T108)に準拠する形で、出力1mWで運用されている。変調方式はGFSK、最大通信速度は125kbp(s物理層)となる。伝搬特性に優れるサブGHz帯を利用することで、見通し300m、壁越しでも30~50m程度の通信が可能になっている。

 


図表 EnOceanのシステムイメージ
 図表 EnOceanのシステムイメージ

EnOceanは、エンオーシャンの独自規格だったが、2012年にネットワーク層以下がISO/IEC14543-3-10として国際規格化された。

エンオーシャンは、エネルギーハーベストを利用する無線システムの基本特許を保有しており、これに基づいて通信モジュール、電磁誘導素子等のキーデバイスや開発評価キットなどを、最終製品を製造するメーカーに販売するビジネスを展開している。

エンオーシャンで日本担当のセールスディレクターを務める板垣一美氏は「すでに100社以上のメーカーから約1500種のセンサーやスイッチなどの対応製品が市場に出ている」と説明する。

エンオーシャン セールスディレクター ジャパン 板垣一美氏
エンオーシャン セールスディレクター ジャパン 板垣一美氏

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

kmk1904
juniper1904
singtel1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
これからの企業ネットワークの
教科書  2019年度版
◆IoT時代の無線化オフィス ◆NW機器もサブスク化? ◆これが正解! 有線LAN高速化 ◆NW管理はマルチドメインで ◆常時SSL時代のセキュリティ

●[インタビュー] NTT 代表取締役副社長 井伊基之氏「GAFAに伍する国際競争力を」/●本格普及期へ突入するSD-WAN/●ファーウェイが“疑念”に反論/●MWC19 Barcelonaレポート/●セキュリティ人材不足時代の次世代FW/UTM/●NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904B

スペシャルトピックス

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

CDNetworks中国でのWeb配信を8.5倍高速化
その真相とは?

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

アクセスランキング

tc1904
w59

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます