企業ネットワーク最前線

電池不要のIoT無線「EnOcean」――6km通信が可能なLPWA仕様も開発

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.02.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

電池なしで利用できる近距離無線技術「EnOcean」の導入が、日本でも本格化してきた。6kmの遠距離通信が可能な「LPWA仕様」の実用化も進められている。

 

EnOceanは、独シーメンスで開発が進められていたエネルギーハーベスト(環境発電)を利用した無線通信技術で、2001年に開発メンバーがシーメンスの出資を受けて起業したEnOcean社(以下、エンオーシャン)が事業化している。

エネルギーハーベストとは、環境に存在する振動・光・熱などの微小なエネルギーを収穫(ハーベスト)して電力に変換する技術で、EnOceanはこの微細な電力を用いて通信を行う。

EnOceanの主要なユースケースの1つである照明の遠隔操作システムでは、スイッチを押す力を、内蔵された電磁誘導素子で電気に変え、その電力でオン・オフの指示を照明機器(あるいは制御装置)に送っている。光発電パネルで起こした電気をコンデンサーに蓄積し、この電力で各種センサーのデータを送るといった使い方も広く行われている。

EnOceanのスイッチデバイスに内蔵されているモジュールと電磁誘導素子
EnOceanのスイッチデバイスに内蔵されているモジュールと電磁誘導素


消費電力はZigBeeの10分の1EnOceanは、こうした微細な電力による通信に最適化されており、ZigBeeの10分の1という非常に低い消費電力で動作する。

省電力性を高めるため、デバイス側の「無線センサーモジュール」は基本的には受信(待受)を行わず、受け手となる「無線システムモジュール」への片方向通信を行う。この場合、再送制御が行えないので、1回の送信で同一データを3回繰り返して送り、信頼性を高めている。用途によっては省電力仕様の双方向通信(Smart ACK)を利用することも可能だ。

運用周波数は、日本の920MHz帯、米国の915MHz帯、欧州の868MHz帯などのサブGHz帯(免許不要帯域)が主力(日本・米国などでは315MHz帯の利用も可能)。日本ではARIBの技術基準(STD-T108)に準拠する形で、出力1mWで運用されている。変調方式はGFSK、最大通信速度は125kbp(s物理層)となる。伝搬特性に優れるサブGHz帯を利用することで、見通し300m、壁越しでも30~50m程度の通信が可能になっている。

 


図表 EnOceanのシステムイメージ
 図表 EnOceanのシステムイメージ

EnOceanは、エンオーシャンの独自規格だったが、2012年にネットワーク層以下がISO/IEC14543-3-10として国際規格化された。

エンオーシャンは、エネルギーハーベストを利用する無線システムの基本特許を保有しており、これに基づいて通信モジュール、電磁誘導素子等のキーデバイスや開発評価キットなどを、最終製品を製造するメーカーに販売するビジネスを展開している。

エンオーシャンで日本担当のセールスディレクターを務める板垣一美氏は「すでに100社以上のメーカーから約1500種のセンサーやスイッチなどの対応製品が市場に出ている」と説明する。

エンオーシャン セールスディレクター ジャパン 板垣一美氏
エンオーシャン セールスディレクター ジャパン 板垣一美氏

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sas1808
necaspire
moconavi1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます