企業ネットワーク最前線

ドローンの“目視外飛行”で広がる産業利用――映像対応の新周波数帯が今秋から

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.10.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本UAS産業振興協議会(JUDA)
副理事長 千田泰弘氏

ドローン通信用に新たに設定された5.7/2.4GHz帯の利用が秋にも始まる。長距離映像伝送による「目視外飛行」が可能になれば、産業分野でのドローンの活用シーンも大きく広がることになる。

 

昨年12月の改正航空法の施行でインフラ点検や物流など、産業分野でドローン(小型無人機)を活用しようとする動きに弾みがついてきた。これをさらに加速させることになりそうなのが、秋にも利用が始まるドローン通信用周波数帯の新設である。

5kmの映像伝送を可能にドローンでは、遠隔制御やデータ・画像の伝送などにさまざまな無線システムが用いられているが、最近では、通信手段に無線LANを用いて通信制御と映像伝送を同時に行う製品が多くなっている。

とはいえ、現行の無線LANでは、地上と飛行中のドローンが通信できる距離が数百m、高性能な機種でも1~2km程度にとどまるため、産業用では、使い勝手が悪かった。

新たに設定されるドローン用周波数帯では、無線LANの200mW(10mW/MHz)の5倍、1Wの出力(空中線電力)で運用できるようになり、5kmの長距離映像伝送が可能になる。

今回ドローン用周波数帯として新たに設けられるのは、5.7GHz帯(105MHz幅)と2.4GHz帯(13.5MHz幅)の2つ(図表1、2)。

 


図表1 ドローン通信用に新たに設定される周波数帯(5.7GHz帯)
図表1 ドローン通信用に新たに設定される周波数帯(5.7GHz帯)

 

図表2 ドローン通信用に新たに設定される周波数帯(2.4GHz帯)
図表2 ドローン通信用に新たに設定される周波数帯(2.4GHz帯)

 

 

これらのドローン用周波数帯は無線LANなどと帯域を共用することになるが、特に混雑が激しい2.4GHz帯では、対応機器が減っている無線LANの日本独自周波数帯にドローン用周波数帯を設定することで、安定した通信を可能にする。

5.7/2.4GHz帯で主力として使われることが想定されているのが、無線LANをベースに開発される新たな無線システムだ。このシステムはHD画質の映像素材の伝送にも対応できる54Mbp(s20MHz幅運用時)での通信が可能。10MHz幅、5MHz幅でも使えるため、帯域が13.5MHz幅しかない2.4GHz帯にも導入できる。

このほか、海外で多用されているアナログ方式の制御・映像伝送システムなどでの利用も見込まれている。

また5.7/2.4GHz帯の設定に合わせて、バックアップとして169MHz帯にも低速データ通信・遠隔制御に使えるドローン用帯域が設けられ、同じく出力1Wで利用できるようになる。

注意すべきなのが、これらの帯域を利用するには3級陸上特殊無線技士以上の資格者を配置し、無線局免許を取得する必要がある点。基本的には業務で使われる周波数帯なのだ。

総務省は、8月に関連省令の改正を行い、9月から無線局免許の申請受付を開始する考え。出力の増大に伴いドローン間や他の無線システムとの干渉が生じる可能性が増すため、7月に設立されたドローン活用の推進組織、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)が調整を行うことになっている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G、IoTと超高齢社会
<Part1>ローカル5Gで農業革命 <Part2>救急医療×5Gで命救う <Part3>MaaSで支える高齢社会 <Part4>ドコモが目指すSDGs
<Part5>障がい者は「先駆者」

●[インタビュー] 富士通 執行役員常務 松本端午氏「5G時代の新価値をトータル提供。インフラだけでは投資回収できない」 ●FMC対応クラウドPBX本格普及へ ●失敗しないISDN/PHS移行 ●ローカル5Gで「独走」目指すエイビット ●KDDIがHW/SW分離型ルーターを内製 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

アクセスランキング

tc1904
banner27

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます