キーパーソンが語る

モバイル市場に挑むブロケードの勝機「仮想化がベンダーロックを突き崩す」

構成◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.09.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米ブロケードが、SDN/NFVを軸としたモバイルインフラ事業に本腰を入れてきた。データセンター向け事業のノウハウを活かしモバイルエッジコンピューティングなどの新分野にも挑戦する。同社モビリティ&モバイル・ネットワーク担当CTOのケビン・シャッツケーマ氏に話を聞いた。

 

――今年1月、昨年買収した米コネクテム(Connectem)のvEPC(仮想化モバイルコア)製品を軸に、モバイルインフラ市場に参入しました。

シャッツケーマ ブロケードは、デルやEMCなどとの協業により、ファイバーチャネルを中心としたソリューションをデータセンターや企業向けに展開してきました。こうした我々のパートナーも近年、NFVに取り組んでおり、新しいビジネスを一緒に育てていけるのではないかと考えたことが、モバイルインフラ市場に参入した動機の1つです。

また、NFVでは、既存の通信事業者向けベンダーが従来展開してきたものとは根本的に異なるアプローチが必要とされます。この点がブロケードの強力な武器になると考えたことが、最大の動機といえるでしょう。

――根本的に異なるアプローチとは何ですか。

シャッツケーマ 大きく2つのポイントがあると思います。1つは、vEPCをはじめとするVNF(仮想ネットワーク機能)などを最初から仮想化環境を前提に開発していることです。これにより、ハードウェアの効率的な利用や、需要に応じて規模を柔軟に変化させるスケーラビリティを実現しています。これらが、ハードウェアベースのネットワーク機器の機能を単にソフトウェア化して提供していることが多い既存ベンダーに対する大きな差別化ポイントになっています。テレフォニカとの実証実験でも、我々のvEPCやvCPE(仮想構内機器)のスケーラビリティが特に評価されました。

もう1つは、オープンスタンダードに準拠する形で製品開発しており、通信事業者や他のITベンダーが構築する多様なプラットフォームに容易に導入できる点です。

米AT&Tが昨年から進めているvCPEシステムの構築に、当社のSDNコントローラや仮想アクセスルーターなどが採用されているのですが、これらの点が評価されたと考えています。

――すでに大手通信事業者の商用環境にも採用されているのですね。


シャッツケーマ SDN/NFVの登場を機に、通信事業者の意識が変わってきているのだと思います。通信インフラ市場はここ20年間ほどベンダー主導で展開されてきており、特定のベンダーの製品に過度に依存する「ベンダーロックイン」の弊害も生じていました。そこで今、通信事業者の側にネットワーク設計の自由度を取り戻そうとする機運が高まっています。

SDN/NFVを活用してネットワークを再構築しようとする米AT&Tの「Domain2.0」プロジェクトはその典型といえるでしょう。こうした動きが広がれば、新規参入のベンダーがキープレイヤーとして通信事業者向けビジネスを展開できるようになると思います。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます