ICT×未来

[特集]ロボット×IoTが世界を変える 第2回

「自分の分身をどこでも派遣」、テレプレゼンスロボットが変える企業コミュニケーションの未来

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.05.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

離れたオフィス等に置かれたロボットにログインし、自らの分身として使う――。そんな“コピーロボット”や“分身の術”を思い起こさせるテレプレゼンスロボットがジワジワと普及し始めている。

 

オフィスに来ずに仕事をする在宅勤務者のために、会社がその社員の代理を務めるロボットを用意する――。近い将来、そんな光景が当たり前になるかもしれない。

テレワークが一般的な米国では2年ほど前から「テレプレゼンスロボット」がジワジワと普及し始めている。ひと言で言えば“動くビデオ会議”だ。時間や距離の都合により行けない場所で、自分の目・耳・口の代わりを務めてくれるロボットである。カメラとマイク、スピーカーとモニタを備え、映像と音声をネットワーク経由でやり取りできる点は、ビデオ会議(テレビ会議やWeb会議)とまったく同じ。異なるのは、遠隔操作によって移動させることができたり、移動できないまでも首を回すようにカメラとモニタの向きを変えられるという点だ。

 

Double Roboticsのテレプレゼンスロボット「Double」
Double Roboticsのテレプレゼンスロボット「Double」(“代理”の意味)。セグウェイのような自走式のスタンドにiPadを装着し、離れた場所からWebブラウザやスマホアプリを使って操作、音声と映像でコミュニケーションが行える。iPadに映っているのは、iPresenceのリモートプレゼンスソリューションスペシャリスト 藤永晴人氏


このテレプレゼンスロボットをオフィスに置いておけば、遠隔地からログインし、自分の“分身”としてオフィス内を周り(あるいは見回して)、同僚や上司等とコミュニケーションできる。

2014年頃から複数の企業がテレプレゼンスロボットの販売を始め、米国では医療や教育、製造業の現場等で利用されるほか、在宅勤務者のために導入する企業も現れている。また、ビデオ会議ベンダーが自社のプラットフォーム向けの新端末として使う動きも出てきている。

“そこにいる”という存在感使い方はさまざまだ。テレワーカーが自宅からログインして操作してもいいし、異なる拠点にいる社員が操作してもいい。例えば、あるプロジェクトのボスが本社にいて、遠隔拠点でそのチームメンバーが開発を行っているような場合、ボスが遠隔拠点のテレプレゼンスロボットを操作してメンバーの席を周ったり、打ち合わせに参加したり、開発中の試作品を見たり、あるいはオフィスの状況を見て環境の変化を確かめたりできる(図表1)。関係者すべてが時間を合わせて集まり報告や打ち合わせを行うビデオ会議とは、まったく異なる使い方ができるのだ。

 


図表1 ビデオ会議とテレプレゼンスロボットの違い
図表1 ビデオ会議とテレプレゼンスロボットの違い


国内でテレプレゼンスロボットを専門に取り扱うiPresence(神戸市)のリモートプレゼンスソリューションスペシャリスト、藤永晴人氏は「テレプレゼンスロボットの良さは、“そこにいる”という存在感。対面に近い感覚でコミュニケーションできる」と話す。

テレプレゼンスロボットを開発しているのは北米企業が中心だ。日本国内で販売されているものには、Double Roboticsの「Double」、Revolve Roboticsの「Kubi」、Suitable Technologiesの「BeamPro」「Beam+」などがある。なお、Kubiは移動はできず、テーブル等に置いて使い、遠隔操作で向きを上下左右に変えられる。持ち運びも容易だ。

このほか、ロボット掃除機「ルンバ」のアイロボットとシスコシステムズが共同開発した「Ava 500」が、14年春から北米と欧州の一部で販売されている。シスコのビデオ会議を自走ロボットに統合したものだ。

スペシャルトピックスPR

ciena1906
kccs1904
nttdata1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます