キーパーソンが語る

UQコム野坂社長に聞くWiMAX戦略「WiMAX 2+使い放題はUQの矜持」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2015.03.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

UQコミュニケーションズは3月からモバイルデータ通信サービス「WiMAX 2+」の最大通信速度を220Mbpsに引き上げる。「使い放題」の料金体系の維持など、携帯電話とは一線を画すサービスを追求するUQコミュニケーションズの野坂章雄社長に、BWAの事業戦略を聞いた。


――3月のWiMAX 2+の220Mbps化で、UQコミュニケーションズのモバイルデータ通信サービスが国内最速に返り咲くことになります。


野坂 LTEの150Mbpsサービスの登場で当社の110Mbpsは最速ではなくなっていました。クラウド時代を迎え、通信速度に対するお客様のニーズが非常に高くなっています。これに応えることは競争上とても重要です。

今回の高速化はもう1つ大きな意味を持っています。同じ量のデータを短時間で送れる新技術を導入することでシステム容量を拡大できるのです。これによりお客様に快適なサービスを、安価に提供できるようになります。

――具体的に、どの程度容量が拡大されるのですか。

野坂 システム容量は、無線システムがそれぞれの電波(搬送波)を使って実現している最大通信速度の和で考えることができます。

当社では2009年に当時割り当てられた30MHz幅の周波数にWiMAXを導入し最大40Mbpsのサービスを提供してきました。加えて2013年10月に新たに割当を受けた20MHz幅にWiMAX 2+を導入し110Mbpsのサービスを提供しています。

今回、WiMAXで使っていた30MHz幅のうち20MHz幅をWiMAX 2+に切り替えて、110Mbpsのレーンを2車線にします。WiMAXは帯域が3分の1になるので通信速度は13.3Mbpsに下がりますが、全体の容量は110+110+13で233Mbpsとなり、WiMAXだけで運用していた頃の約6倍になります。


UQコミュニケーションズ 代表取締役社長 野坂章雄氏
UQコミュニケーションズ 代表取締役社長 野坂章雄氏


――220Mbpsへの高速化は2波のWiMAX 2+の電波をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねることで実現するわけですね。

野坂 少し複雑なのですが、今回の220Mbpsのサービスには2つの方式を用いています。1つがCAで、1月30日発売のモバイルルーター「W01」(ファーウェイ製)がこれに対応します。

UQではまず2月12日に栃木県の真岡市とその周辺を2車線化し、順次全国に広げていこうと考えています。W01が220Mbpsで使えるようになるのは3月のファームウェアのバージョンアップ以降になります。

もう1つが4×4 MIMOを使う方式で、3月上旬発売予定のモバイルルーター「WX01」(NECプラットフォームズ製)が対応します。

4×4MIMOは基地局と端末に4本ずつのアンテナを実装して効率よくデータをやり取りする技術で、WiMAX 2+では20MHz幅の周波数帯1波で220Mbpsのサービスを実現できます。モバイル通信ではUQが世界で初めて4×4 MIMOを商用化することになります。

――技術的なハードルが高いのですか。

野坂 4×4MIMO方式はデバイスの開発が難しいのです。小さな筐体の中に干渉しないように4つのアンテナを配置する必要がありますし、高速フーリエ変換など、4×4MIMOの膨大な演算量を最適化する技術も必須になります。また、1チップにすることで、省電力化を図っています。端末・チップベンダーと共同でこれを実現しました。

一方で基地局側はWiMAX 2+の基地局を当初から4 本のアンテナを実装し4×4MIMOに対応できる形で整備しているのでWX01が発売されればWiMAX 2+エリアのほぼ全域で220Mbpsサービスを利用できます。

当社ではWiMAX 2+の基地局2万局を既に整備していますが、2015年3月末にはこれを2万2000局まで増やしWiMAXと同等のエリアを整備する計画です。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

野坂章雄(のざか・あきお)氏

1978年東京大学法学部卒業。同年国際電信電話(現KDDI)入社。KDDIアメリカ上級副社長、ブロードバンドコンシューマ事業企画本部長、中国総代表を経て2010年にUQコミュニケーションズ代表取締役社長に就任(現職)。2013年からKDDI執行役員を兼務(現職)。1956年3月29日生まれ

スペシャルトピックスPR

1810yamaha
1810watchguard
1810macnica

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます