新製品&新サービス

Dropboxにも企業内と同じコンテンツセキュリティを――モバイルアイアンが新サービス「CSS」

文◎百瀬崇(ライター) 2015.02.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

モバイルアイアン アジア太平洋・日本担当
セールスバイスプレジデントの柳下幹生氏

統合モビリティ管理ベンダーのモバイルアイアン・ジャパンは2月18日、Dropboxなどのコンシューマ向けクラウドのセキュアな業務利用を実現する新サービス「MobileIron Content Security Service(CSS)」を発表した。オンプレミスとクラウドの環境においてシームレスなコンテンツセキュリティを提供するソリューションだという。


モバイルアイアン アジア太平洋・日本担当セールスバイスプレジデントの柳下幹生氏によると、エンドユーザーコンピューティングでは2つの大きな動きが起きているという。1つは企業においてSalesforceやboxなどといった企業向けのクラウドだけでなく、DropboxやGoogleドライブなどのコンシューマ向けクラウドも利用され、様々なクラウドが融合していること。

もう1つはデバイス側の話で、iOSとAndroidに加えてWindows 10がエンドユーザーコンピューティングのなかに入ってくること。「Windows 10は完全にモバイル型のOSで、スマートフォンとタブレット端末、PCのすべてをサポートする。アーキテクチャ的にモバイルOSになっているため、モバイル型のセキュリティソリューションが必要とされる」と柳下氏は説明する。

Windows 10のアップデートは、iOSやAndroidと同様にスマートフォンなどのボタン1つで完結できるように進化するという。「Windows 10が企業で利用され始めると、エンドユーザーコンピューティングに大きな変化が生じる。こうしたことを踏まえてCSSをリリースした」(柳下氏)。


これからのエンドユーザーコンピューティングのイメージ
これからのエンドユーザーコンピューティングのイメージ

セキュリティをドキュメントに紐付け

CSSはオンプレミスとクラウドの環境においてシームレスなコンテンツセキュリティを提供するものだ。具体的には、モバイルアイアンのEMM(エンタープライズモビリティ管理)のポリシーサーバーに、コンテンツセキュリティサービスのポリシーを強制するサーバーを追加することで実現する。このためCSSの利用には、モバイルアイアンのEMMの導入が前提となる。


CSSの全体イメージ
CSSの全体イメージ


「今のコンテンツセキュリティにはアーキテクチャ的な問題がある」と柳下氏は言う。例えばMicrosoft SharePointには、アップロードやダウンロードの禁止や、ある日数を経たら自動的に文書が削除されるなどといったコンテンツセキュリティポリシーがあるが、これらはSharePointだけに適用される。

ユーザーのニーズはクラウドでコンテンツサービスを利用することにまで広がっており、そうなるとSharePointだけではなく、クラウドサービスごとにセキュリティポリシーを当てていかなければならない。CSSを活用すれば、クラウドを含めたファイルレポジトリーに同じセキュリティポリシーを適用することができるという。

「これまではそれぞれのコンテンツサービスにバーティカルにセキュリティポリシーを当てていたが、CSSを利用することで従来の企業レポジトリーとクラウドレポジトリーに共通なセキュリティポリシーを割り当てることができるようになる」(柳下氏)


CSSではドキュメントにセキュリティを紐付ける
CSSではドキュメントにセキュリティを紐付ける


従来のモデルでは、セキュリティはストレージに紐付けられるため、オンプレミスとクラウドの間を行き交うドキュメントに共通したセキュリティポリシーを当てることは難しかった。だが、CSSを利用したコンテンツセキュリティの新しいモデルでは、セキュリティはドキュメントに紐付けられる。そのため、ドキュメントがどのレポジトリーにあっても共通したセキュリティポリシーを割り当てられるのだという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1902
nec1902
paloalto1902

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gだけじゃない!
ネットワークの未来を変える
次世代テックたち

◆5Gの次、6G現る ◆有線IoTの大本命802.3cg ◆ワイヤレス工場の切り札誕生 ◆次世代IP映像伝送「SRT」 ◆ドローンで空からエリア構築 ◆P4が迫る“聖域”開放

●[インタビュー] Colt カール・グリブナーCEO & 日置健二社長/●地域BWA空白地帯を「プライベートLTE」に解放/
●日中間通信の課題と法規制/●モバイルワークの「コスト」と「安全性」 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

アクセスランキング

tcb
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます