企業ネットワーク最前線

ユニファイドコミュニケーション集中講義[第1回]

「ユニファイドコミュニケーション」とは何ですか?

構成◎太田智晴(編集部) 2010.07.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IPTPCの千村保文氏(左)と竹井俊文氏

IPTPC(IP電話普及推進センタ)の千村氏と竹井氏を講師に招き、ユニファイドコミュニケーション(UC)に関して基礎から学んでいく集中講義シリーズ。第1回は、UCの定義など、その基礎知識についてレクチャーしてもらいます。


――ユニファイドコミュニケーション(UC)とは何ですか。日本語にすると「統合されたコミュニケーション」となりますが、一体どのようにコミュニケーションツールが統合されれば、UCと言えるのですか。


竹井 オフィスの机の上には、さまざまなコミュニケーション端末とツールがあります。固定電話、携帯メールやショートメッセージングサービス(SMS)ができる携帯電話、メールやインスタントメッセージング(IM)、Web会議、ブログ、TwitterができるPCなどです。しかし、「多様なコミュニケーションツールを揃えるだけではUCではない」というのがUCの本質です。

UCはVoIPなどのような技術用語ではなく1つの概念用語ということもあって、業界標準の定義はないのですが、IPTPCでは次の3つの条件を満たすものをUCと定義しています。

(1)UCは必要なコミュニケーションツールをIPネットワークによって統合する
(2)UCは業務プロセスと連携して最適なコミュニケーションツールを利活用する
(3)UCはコラボレーションなどの企業の課題を解決するソリューションである


まず(1)ですが、先ほど机の上にはさまざまなコミュニケーションツールがあると言いました。例えば旧来の固定電話はレガシー電話網、メールはIPネットワークで動作する独立したツールであり、両者は統合されていません。また、固定電話や携帯電話、メールはそれぞれ電話番号やメールアドレスの固有の番号を持ち、相互に連携もしていません。そのため、電話をかけたときに相手が不在でも、音声メッセージをメールで送信することはできません。その結果、電話を何度もかけなおしたり、メールアドレスを調べたりする手間が発生します。

 

IPTPC 竹井氏
IPTPC エバンジェリストの竹井俊文氏(NEC所属)


次に(2)ですが、コミュニケーションツールは、個別に導入しただけの状態では業務プロセスと連携していません。そのため、例えばPC上の業務アプリケーションから即座に相手の居場所と状態を確認し、TPO(Time Place Occasion)に合った最適なツールを選んで相手に緊急な問い合わせをすることができません。次のプロセスにすぐ移れないので業務に遅れが生じます。

その結果(3)として、システムを個別に導入し多様なコミュニケーションツールを揃えるだけでは、業務プロセス改革など、コラボレーション課題を解決するソリューションにはなり得ないわけです。

そこでIPTPCでは、(1)IPネットワークによる統合、(2)業務プロセスとの連携、(3)企業の課題を解決するソリューションであることの3つをUCの必要条件と定義しました。

――とても分かりやすい定義だと思うのですが、IPTPCと異なる定義をしているベンダーなどはないのですか。


千村 各ベンダーの視点で言うと、それぞれもっと強調したいポイントはあるでしょうが、誰が聞いても納得できる定義になっていると思っています。

「ユニファイド」に込められた意味

――UCという言葉は、いつ頃から使われ始めたのでしょうか。

竹井 弊社では2003年にはプレスリリースで「ユニファイドコミュ ニケーション」という表現を使っています。例えば2003年9月2日のプレスリリースには、次のようにあります。

ユニファイドコミュニケー ションとは、IPテレフォニー、Web型グループウェア、ユニファイドメッセージ、Web会議などをポータル機能で統合的に利用可能とする。これにより、 PCやタブレットPCを利用し、自宅や外出先など、どこでもオフィスと同じ作業環境で仕事ができるようにするなど、業務の生産性向上やワークスタイル変革 を実現することができる。

タブレットPCとは今のiPadのような端末を指していますが、このプレスリリースを見ますと、UCのコンセプトは2003年当時からまったく変わってい ないことが分かります。

――2003年には、すでに現在と同じ意味で、UCという言葉が日本でも使われてい たのですね。ところで、UCよりも前に、ボイスメール/FAX/メールなどを一元管理できる「ユニファイドメッセージ」が登場していますが、UCという用語のルーツはこのユニファイドメッセージですか。

 

著者プロフィール

IPTPC(IP電話普及推進センタ)

IPTPCは、IP電話システム構築を実現するための知識・技術を持った技術者の育成をサポートする団体。2002年11月よりIP電話システムに関わる技術者の早期育成を目的とした「IPTPC VoIP認定技術者制度」の運営を行っており、OKI、NEC、日立製作所、岩崎通信機、富士通、パナソニック システムネットワークスの6社が参加する。現在、IPTPCの資格保有者の数は1万5000名以上

スペシャルトピックスPR

necaspire
1810yamaha
1810watchguard

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます