ニュース

700MHz帯の割当変更を巡り応酬、ガラパゴス化肯定論も――周波数WG第4回会合

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2010.06.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

総務省「グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース」の「ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数検討ワーキンググループ」第4回会合が、2010年6月28日に開催された。同WGは、総務省が検討中の700/900MHz帯の割り当てプランが海外の周波数割り当てと整合性がなく、産業競争力を確保の上で懸念があると指摘されたことを受けて設置されたもので、周波数割り当政策の再検証が進められている。

6月8日の2回会合からはパブリックコメントへの意見提出者を対象としたヒアリングが実施されており、今回はNEC、富士通、パナソニック、クアルコムジャパン、日本エリクソン、インテル、日本無線、CIAJ(情報通信ネットワーク産業協会)、アプリックス、NICT(情報通信研究機構)、ATR(国際電気通信基礎技術研究所)と齋藤忠夫東京大学名誉教授が意見を述べた。

焦点の700/900MHz帯の割当では、大きく(1)総務省が検討してきた700MHz帯と900MHz帯をペアにする案と、(2)700MHz帯と900MHz帯それぞれに、海外のバンドプランと調和したペアバンドを設定する案の2つが俎上にあがっている。

ヒアリングではNECと富士通が、急増するデータトラフィックの伸びに対応するためには早期利用が可能な700MHz帯と900MHz帯のペア案が望ましいとする意見を述べた。さらに富士通は個別にペアバンドを組む案では900MHz帯には最大15MHz×2の帯域しかとれず、ワイヤレスブロードバンドに対応し難いと指摘した。

他方パナソニックは、帯域の離れた700MHz帯と900MHz帯をペアにした場合、アンテナの大型化やロスの増加など技術的な問題が生じることや、近隣国との干渉の懸念などから、700MHz、900MHzのそれぞれの帯域の中でペアバンドを組む形が望ましいとした。

この間、700/900MHz帯の海外とのハーモナイズを主張してきたクアルコムジャパンと日本エリクソンは、700MHz帯ではアジア太平洋地区の周波数プランを検討している国際組織AWFの案を、900MHz帯は欧州などで利用が始まっているUMTS900のバンドプランを導入する案を改めて提起した。

特にAWF案については3月の会合で700MHz帯に45MHz×2を設定するプランが固まっており、これにあわせることで「最大3社への割り当てが可能になる」(クアルコム)とした。さらに「すでに韓国、オーストラリア、インドなどがこのプランの導入に動き出しており、2GHz帯とならぶ国際バンドになる可能性が高い」(エリクソン)と説明した。

両社は、このプランの導入に向け、デジタルテレビのチャネル数の削減、既存のテレビ中継や業務用ワイヤレスマイク、割り当て予定のITS(車両の衝突防止システム)の移行などの具体的な再編案や費用負担の提言も行ったが、実際に調整が完了し、導入が可能になる時期については明言を避けた。

インテルは、900MHz帯へのUMTS900の導入とともに、700MHz帯についてWiMAXなどのTDDシステムで使うプランを提案した。TDDはペアバンドが不要なので現行の700MHz帯移動通信向け帯域に導入でき、(1)2012年の導入スケジュールを動かさなくて済む、(2)割当予定の40MHz幅で十分ブロードバンドに対応できるなどの利点があるとした。

さらにインテルは、700MHz帯に導入が予定されているITSについて、日本独自の周波数を使うこのシステムは「ガラパゴス化の恐れが極めて高く、日本の優れたソリューションを世界に展開し、日本の成長を促す新成長戦略の妨げとなる」として、割当の再考を求めた。

これに対しトヨタIT開発センターのCTOを務める齋藤名誉教授は、ITS推進の立場から伝送特性の優れる700MHz帯を使うことで本当に役に立つ衝突防止システムが実現できる、海外でもこの種のシステムへの関心は高いと反論、現行案通りの割当が望ましいとした。

ヒアリングでは、ワイヤレスブロードバンドの政策自体についての提言も行われた。中でも携帯電話向けソフトウェアのアプリックスは、世界市場で急成長する韓国が国内では独自規格を使っていることを例に挙げ、「ガラパゴス化は必ずしも産業競争力のマイナス要因ではない」と指摘した。

スペシャルトピックスPR

zscaler1911
paloalto1911
yamato1911

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G最前線!
[Part1]ローカル5G免許を取得する [Part2]ローカル5G制度の今後 4.5GHz帯は屋内限定が有力 [Part3]ローカル5GはWi-Fi 6とどう違う? [Part4]ローカル5GのコアNWの導入形態 [Part5]ローカル5Gの無線アクセスの選び方

[インタビュー] 大阪大学教授 三瓶政一氏「ローカル5Gの本質とは? 4Gとは違い、日本に勝つ能力」 [ソリューション特集]Web会議は「3強」時代へ/シングルサインオン&特権ID管理 [IoT/M2M]オートバックスのIoT戦略 [イベントレポート]MWC Los Angeles ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます