企業ネットワーク最前線

M2Mイノベーションの時代[第5回]

M2Mビジネスの5つの課題と米国のM2M専業キャリアに見る成功シナリオ

文◎橋本清治(M2モビリティー) 2013.09.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米国のM2M専業キャリアである
Numerex社のWebサイト

M2Mビジネスがさらなる発展を遂げるためには、克服しなければならない5つの課題がある。米国のM2M専業キャリア、Numerex社の事例から課題解決のヒントを学ぶとともに、M2Mデバイス制御の標準化に関する注目の動きを紹介する。


M2Mが次世代ワイヤレスビシネスの起爆剤になると叫ばれて久しい。しかしながら、実態は期待されたほどのスピードで目に見える成果を上げているとはいいがたい。一般の携帯電話加入者ビジネスと比べて、何が阻害要因になっているのか考察してみると、以下が列挙できる。

(1) 携帯電話サービスに比べてARPUが低いため、大きな先行投資を行いにくい

(2) 携帯電話端末のようにデバイス制御の標準化がなされていないため、プロジェクト毎の個別対応になりやすい

(3) BSS/OSS(Business Support Systems/Operation Support Systems)との連携に時間がかかる(SIMアクティベーションや課金をどうするか)

(4) 通信事業者内にM2Mエキスパートがおらず、端末メーカー、システムインテグレーターとの協業にならざるをえない。One Stop Shoppingが実現しにくいため、提案に時間や手間がかかる

(5) グローバル展開への対応に時間がかかる


つまりは、今まで携帯電話事業で培ってきたシステムやノウハウが生かしにくいというのが現実ではないだろうか?

例えば(2)のデバイス制御の標準化については、メーカー各社が様々なアプローチを展開しているが、今もって統一された標準はない。そもそもM2Mデバイスといわれる製品自体にも様々な種類があり、使用されるCPUやメモリー、通信モジュールなどはまちまちだ。このため仕様を一律に統一することは難しい。

こうしたなか、M2M無線通信モジュールメーカーのGemalto Cinterion社は、すでに広く普及しているJavaを共通プラットホームにしようと推進活動を行っている。開発言語をJavaにすることで、より多くの開発者が簡単にM2Mアプリケーションを開発できるようになるのに加えて、既存のJavaプラットホームとの融合や結合も図りやすい。結果的に、短期間かつ低コストでM2Mシステムが構築できるようになるという。

Javaはコスト優先の組み込みシステムにとっては処理負荷が重く、現状ではあらゆるM2Mシステムに向くわけではない。とはいえ、今後のCPUの高性能化、メモリ価格の低下の進展によっては、有力な選択肢の1つとなり得るだろう。


図表1 CinterionにおけるJava推進の歴史
CinterionにおけるJava推進の歴史


実際、Cinterionが提供する製品も性能やコストパフォーマンスの向上、小型化が年々進んでいる。最新の製品では、従来CPU+RFモジュールの構成であったM2Mデバイスにおいて、RFモジュールがCPUを包含する形で1チップ化が可能となっている。


図表2 1チップ化が進むM2Mデバイス用チップ
 RFチップがCPUコア+メモリを包含(下側の絵)。さらにJavaとの組み合わせで生産性を向上する


M2Mがさらに普及していくうえでは、(3)のBSS/OSSとの連携・統合に向けた取り組みも不可欠だ。通信業界では、迅速にアプリケーションやサービスをクリエーションする基盤としてSDP(Service Delivery Platform)が提唱されてきた。下位のデバイス、利用するネットワーク、アプリケーションやプロトコルの差分を隠蔽し、開発者が迅速にサービスを開発、実施するための仕組みである。M2Mにおいても同様のアプローチで専用のSDPが各社から提唱されている。


図表3 M2M用SDPの一例
M2M用SDPの一例
SensorLogic社(Gemalto社が買収)のM2M専用のクラウドベースSDP。M2Mサービスの実現に必要な各種機能を備えている


しかしながら、ここでも下位層のデバイスのプロトコル差分を吸収するための標準がないゆえ、各社独自の実装となっている。専用のAPIが用意されているケースもあるが、M2Mデバイス側からすれば、自社のプロトコルをあきらめ、新たにそのAPIに準拠した方式を実装し直すことになる。よほど規模が大きくない限り現実的ではないだろう。それよりは、開発段階からデバイスメーカーにAPIを開示し、それに沿った仕様の専用デバイスを開発してもらうほうが現実的だ。

 

[連載目次]M2Mイノベーションの時代

スペシャルトピックスPR

limelight2007
ctc2008
cisco2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】オフィスのNew Normal
●オフィスに“不可逆的”変化 ●企業LAN/WANのニューノーマル ●ワーケーションは出島戦略 ●IoT活用で「3密」を回避 ●データで作る可変オフィス など

[インタビュー]NTTコミュニケーションズ 丸岡亨社長「DXのプラットフォーマーへ」 [ソリューション特集]ビット単価低下やコロナに負けないネットワーク監視/スマートホスピタルへの第一歩 【技術&トレンド】10m以上先へ無線で給電 【ビジネス最前線】IIJが描く5G時代のMVNO ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

ディアイティOffice 365が遅い、
情報漏洩が心配…を解決する方法

実はCASB×DLPで全部解決できた! Forcepointが全てを叶える。

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

パロアルトネットワークスSASE実現するクラウドセキュリティ
従業員は意識せず安全なテレワーク

GWの逼迫解消、ローカルブレイクアウト、ユーザーの快適さを一挙に!

Microsoft Teams会議から1万人の仮想イベントまで
コラボの場はリアルからTeamsへ

Microsoft Teamsの利用が急増中だ。
4月時点の利用者数は1日7500万人!

丸文ローカル5G“実用化”へ万全の備えを
試験・置局、セキュリティまで網羅

ローカル5Gには何が必要か。長年キャリアを支援する丸文に尋ねた。

インテルネットワーク変革をインテルが牽引
仮想化技術でローカル5Gにも貢献

インテルの5Gビジネスが加速してきた。ローカル5Gにも取り組む。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン8K対応/安定性/超低遅延
選べる3つのライブ配信サービス

自社だけでは困難な高品質ライブ配信をライムライトが強力サポート!

クラウド&サービスプロバイダ向けのオンラインイベント「新たな時代に向けたネットワーク」通信事業者の新たな時代に向けた
ネットワーク「Telcoクラウド」

ジュニパーのクラウド&サービスプロバイダ向けバーチャルサミット!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます