キーパーソンが語る

WAN高速化だけじゃない! リバーベッドのITパフォーマンス向上策の全体像を聞く

構成◎太田智晴(編集部) 2013.03.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「医師にたとえると、ITパフォーマンスの“診断”と“治療”を提供するのが我々の役割」。リバーベッドテクノロジーのロバート・ヒーリー氏は自社についてこう説明する。WAN高速化だけにとどまらない、リバーベッドのトータルなソリューション戦略を聞いた。


――「WAN高速化といえばリバーベッド、リバーベッドといえばWAN高速化」というイメージを持っている人は多いと思いますが、リバーベッドはWAN高速化装置だけのベンダーではありませんね。

ヒーリー 2002年に創業したリバーベッドは、設立からちょうど10年が経過しましたが、最初のターゲット市場がWAN高速化でした。今でもWAN高速化装置「Steelhead」は一番のコア製品ですが、現在ではSteelheadも含めて合計5つの製品ラインを展開しています。

アプリケーションデリバリーコントローラ(ADC)の「Stingray」、クラウドストレージ高速化の「Whitewater」、支店からのデータセンターストレージアクセスを高速化する「Granite」、ネットワークパフォーマンス管理(NPM)の「Cascade」です。

リバーベッドは、自分自身のことを「ITパフォーマンスプラットフォーム」と位置づけています。ITパフォーマンスのマネジメントとアクセラレーション――医師にたとえると、「diagnosis(診断)」と「cure(治療)」を提供するのが我々の役割です。CascadeでITパフォーマンスに関する問題点を突き止め、そのうえでSteelheadやStingrayといったクスリを処方するというわけです。


リバーベッドテクノロジー アジアパシフィック&ジャパン マーケティングエヴァンジェリスト ロバート・ヒーリー氏
リバーベッドテクノロジー アジアパシフィック&ジャパン マーケティングエヴァンジェリスト ロバート・ヒーリー氏

アプリケーションのパフォーマンスはビジネスに直結している

――「診断」の部分に関しては昨年末、アプリケーションパフォーマンス管理(APM)ベンダーのOPNET Technologies社の買収が完了しました。

ヒーリー OPNETは、ガートナーからAPM市場のリーダーと評価されているベンダーです。年間の売上は約2億ドル、従業員数は約800名。リバーベッドにとっては過去最大の買収でした。

ITパフォーマンスとはすなわちアプリケーションのパフォーマンスのことになりますが、クリティカルなアプリケーションに問題が起こると、必ずビジネスにも影響を及ぼします。

例えば、アマゾン・ドット・コムでは100ミリ秒の遅延が発生すると、売上が1%ダウンすることが分かっています。また、グーグルの場合、表示速度が500ミリ秒遅くなると、検索数が20%減るといわれています。APMの市場規模は30億ドル以上にもなりますが、これはアプリケーションのパフォーマンスがビジネスに直結しているからです。

アプリケーションアウェアなNPMであるCascadeは従来からある程度、アプリケーション領域を管理することができましたが、APMのリーダーであるOPNETと組み合わさることで、本当に強力なソリューションになります。NPMとAPMをトータルに提供できるのはリバーベッドだけです。我々は、CascadeとOPNETの統合ソリューションを「Riverbed Performance Management(RPM)」のブランドで展開していく考えです。

――NPMとAPMが組み合わさることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ヒーリー 現代のアプリケーションは非常に複雑です。1つのアプリケーションを提供するのにも、WAN、物理/仮想サーバー、データベース、認証、ロードバランシング、サードパーティのクラウドサービスなど、実に様々な要素が絡んでいます。アプリケーションのパフォーマンスを管理するためには、これらすべての要素をトレーシングできなくてはなりません。

「群盲象を評す」という有名な故事がありますが、ネットワーク、アプリケーション、サーバーとITシステムを細かく切り分けて別々のツールで管理する従来の方法では、パケットロスやサーバーダウンなどの個々の問題は見つけられても、エンドユーザーが実際に体感しているパフォーマンスは管理できないのです。CascadeとOPNETが組み合わさることで、パケットキャプチャレベルからアプリケーションのコードレベルまで、ITパフォーマンス全体を本当にエンド・ツー・エンドで管理できるようになります。

私も以前、ユーザー企業のIT部門で運用管理の仕事をしていたことがありますが、グッドニュースの電話が鳴ることはほとんどありません。「サーバーにアクセスできない」とか「Eメールが受信できない」とか、IT部門に電話をかけてくるのは、いつも怒っている人ばかりです。また、こうしたトラブルが発生すると決まって始まるのが、「サーバーのせいだ」「いや、ネットワークのせいだ」といった原因の押し付け合いです。障害の一次切り分けに時間を要し、なかなか問題を解決できません。

しかし、RPMを採用していただければ、問題の発生を素早く察知できると共に、原因の特定も容易に行えるため、エンドユーザーから電話がかかってくる前に解決できるようになります。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます