キーパーソンが語る

WAN高速化だけじゃない! リバーベッドのITパフォーマンス向上策の全体像を聞く

構成◎太田智晴(編集部) 2013.03.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「医師にたとえると、ITパフォーマンスの“診断”と“治療”を提供するのが我々の役割」。リバーベッドテクノロジーのロバート・ヒーリー氏は自社についてこう説明する。WAN高速化だけにとどまらない、リバーベッドのトータルなソリューション戦略を聞いた。


――「WAN高速化といえばリバーベッド、リバーベッドといえばWAN高速化」というイメージを持っている人は多いと思いますが、リバーベッドはWAN高速化装置だけのベンダーではありませんね。

ヒーリー 2002年に創業したリバーベッドは、設立からちょうど10年が経過しましたが、最初のターゲット市場がWAN高速化でした。今でもWAN高速化装置「Steelhead」は一番のコア製品ですが、現在ではSteelheadも含めて合計5つの製品ラインを展開しています。

アプリケーションデリバリーコントローラ(ADC)の「Stingray」、クラウドストレージ高速化の「Whitewater」、支店からのデータセンターストレージアクセスを高速化する「Granite」、ネットワークパフォーマンス管理(NPM)の「Cascade」です。

リバーベッドは、自分自身のことを「ITパフォーマンスプラットフォーム」と位置づけています。ITパフォーマンスのマネジメントとアクセラレーション――医師にたとえると、「diagnosis(診断)」と「cure(治療)」を提供するのが我々の役割です。CascadeでITパフォーマンスに関する問題点を突き止め、そのうえでSteelheadやStingrayといったクスリを処方するというわけです。


リバーベッドテクノロジー アジアパシフィック&ジャパン マーケティングエヴァンジェリスト ロバート・ヒーリー氏
リバーベッドテクノロジー アジアパシフィック&ジャパン マーケティングエヴァンジェリスト ロバート・ヒーリー氏

アプリケーションのパフォーマンスはビジネスに直結している

――「診断」の部分に関しては昨年末、アプリケーションパフォーマンス管理(APM)ベンダーのOPNET Technologies社の買収が完了しました。

ヒーリー OPNETは、ガートナーからAPM市場のリーダーと評価されているベンダーです。年間の売上は約2億ドル、従業員数は約800名。リバーベッドにとっては過去最大の買収でした。

ITパフォーマンスとはすなわちアプリケーションのパフォーマンスのことになりますが、クリティカルなアプリケーションに問題が起こると、必ずビジネスにも影響を及ぼします。

例えば、アマゾン・ドット・コムでは100ミリ秒の遅延が発生すると、売上が1%ダウンすることが分かっています。また、グーグルの場合、表示速度が500ミリ秒遅くなると、検索数が20%減るといわれています。APMの市場規模は30億ドル以上にもなりますが、これはアプリケーションのパフォーマンスがビジネスに直結しているからです。

アプリケーションアウェアなNPMであるCascadeは従来からある程度、アプリケーション領域を管理することができましたが、APMのリーダーであるOPNETと組み合わさることで、本当に強力なソリューションになります。NPMとAPMをトータルに提供できるのはリバーベッドだけです。我々は、CascadeとOPNETの統合ソリューションを「Riverbed Performance Management(RPM)」のブランドで展開していく考えです。

――NPMとAPMが組み合わさることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ヒーリー 現代のアプリケーションは非常に複雑です。1つのアプリケーションを提供するのにも、WAN、物理/仮想サーバー、データベース、認証、ロードバランシング、サードパーティのクラウドサービスなど、実に様々な要素が絡んでいます。アプリケーションのパフォーマンスを管理するためには、これらすべての要素をトレーシングできなくてはなりません。

「群盲象を評す」という有名な故事がありますが、ネットワーク、アプリケーション、サーバーとITシステムを細かく切り分けて別々のツールで管理する従来の方法では、パケットロスやサーバーダウンなどの個々の問題は見つけられても、エンドユーザーが実際に体感しているパフォーマンスは管理できないのです。CascadeとOPNETが組み合わさることで、パケットキャプチャレベルからアプリケーションのコードレベルまで、ITパフォーマンス全体を本当にエンド・ツー・エンドで管理できるようになります。

私も以前、ユーザー企業のIT部門で運用管理の仕事をしていたことがありますが、グッドニュースの電話が鳴ることはほとんどありません。「サーバーにアクセスできない」とか「Eメールが受信できない」とか、IT部門に電話をかけてくるのは、いつも怒っている人ばかりです。また、こうしたトラブルが発生すると決まって始まるのが、「サーバーのせいだ」「いや、ネットワークのせいだ」といった原因の押し付け合いです。障害の一次切り分けに時間を要し、なかなか問題を解決できません。

しかし、RPMを採用していただければ、問題の発生を素早く察知できると共に、原因の特定も容易に行えるため、エンドユーザーから電話がかかってくる前に解決できるようになります。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1811
ribbon1809
sas1808

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
ws58

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます