ビジネス・企業

ソフトバンクがイー・アクセスを買収――きっかけは「テザリング」

文◎藤田 健(編集部) 2012.10.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフトバンクがイー・アクセスを完全子会社化することを発表した。その背景には、KDDIとのiPhone 5の販売競争で解禁した「テザリング」がある。

ソフトバンクとイー・アクセス(イー・モバイル)は2012年10月1日、ソフトバンクが株式交換によりイー・アクセスを完全子会社化すると発表した。イー・アクセスの普通株式評価額は1株5万2000円で、株式取得額は1802億円となる。年内の完全子会社化を目指す。

経営統合を発表したソフトバンクの孫正義社長(左)とイー・アクセスの千本倖生会長(右)


ソフトバンクの孫正義社長は「鍵はイー・モバイルがLTEを展開している1.7GHz」と語る。1.7GHz帯はLTE対応の世界標準バンドの中に入っており、ソフトバンクモバイルが9月21日から発売している米アップル製「iPhone 5」も1.7GHz帯に対応済みだ。ソフトバンクモバイルでは2013年3月までにiPhone 5対応LTE基地局を2.1GHz帯で2万局設置予定。一方、イー・アクセスはイー・モバイル事業で1.7GHz帯で同時期までに1万局を設置予定であり、合計で3万局になる。「LTEのサービスエリアは一気に拡がり、既存のiPhone 5ユーザーも端末を換えることなく、サービス品質が良くなる」という。

iPhone 5で利用できるLTE基地局数は2013年3月で3万局になる


孫社長は、イー・アクセスとの経営統合は以前から考えていたというが、「“テザリング”というキーワードが両社の経営統合をさらに早めた」と語る。「テザリングは一昨年から検討していたが、やりたくてもネットワークのキャパシティが十分にないままでやってしまうと、3Gのお客様にご迷惑をかけてしまうので、慎重に検討していた」という。だが、同じiPhone 5を販売するKDDIへの対抗上、テザリングが不可欠となり、そのためには「イー・アクセスと経営統合し、構造的にテザリングを受けても成り立つネットワークを作らなければならない。私が“やりましょう”と言った瞬間に、腹を括った」と説明した。

今回の経営統合により、2013年1月15日の予定だったテザリングの開始日を1カ月前倒し、12月15日とする。また、「突発的なトラフィック増加に対するネットワーク保護のための保険的意味合いだった」(孫社長)という「1.2GB/月超過時は速度制限をかける場合あり」という項目を廃止し、他社と同じ「1GB/3日間超過時は速度制限をかける場合あり」に変更する。

iPhone 5でのテザリングサービス開始日も1カ月前倒しに


イー・アクセスの千本倖生会長は「ソフトバンクのスピード感はもの凄くウチと合っている。もの凄いスピードと熱意でお互いに色んな議論をして疑問を解明して合意に至った。それが今回上手くいった理由」と説明。さらに「今後LTEは巨大なマーケットに成長していく。我々が持っているLTEのネットワークが、ソフトバンクが求めているiPhone 5でのテザリングに最も良くフィットする。両社のシナジー効果が最大値で提供できる組み合わせだろうと考えて(今回の経営統合を)決定した」と語った。イー・モバイル事業は、経営統合後も継続する。

孫社長は今回の経営統合によって「3600億円のシナジー効果を期待している」という。内訳は「顧客基盤の強化」で2000億円、「ネットワークの共用」で1100億円、「その他 経営効率化」で500億円を見込んでいる。また、契約数もソフトバンク(ウィルコム含む)とイー・アクセスの合計で3911万人となり、3589万人のauを抜いて業界2位になることをアピール。そして2010年10月に発表していた「201X年4000万回線構想」について、「今年度中に確実に達成する」と語った。

ソフトバンクが見込む経営統合によるシナジー効果は3600億円

スペシャルトピックスPR

nvidia2010
idaas2010
rsw2010

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G
    これからどうなる?

●5GMF アプリ委員会委員長 岩浪剛太氏「5Gニーズは3年加速した」
●日本の5Gはこう進化する ●5G網でAPIエコノミー
●コンシューマー市場で劇的な展開はあるか ●米欧中韓は2020年内にSA開始
●SA化で火蓋切る企業活用 ●中国5Gは「地方」が熱い など

◆災害対策で進むIoT活用 ◆5G/IoT時代、地図はどうなる
◆ドコモ口座事件後のフィンテック ◆1円玉サイズのLeafonyが道開く ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

セキュアなファイル転送を簡単かつ迅速に実行するには?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

ホワイトペーパー
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます