調査データ

BYOD導入に対する日本の出遅れが鮮明に ―― ジュニパーがモバイル端末ユーザーの世界的な動向を調査

文◎鳴海順文(編集部) 2012.05.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ジュニパーネットワークスがモバイル端末ユーザーの世界的な動向を調査した。調査対象となった米国、英国、ドイツ、日本、中国の5カ国のうち、他国に比べて日本のBYOD導入の遅れが浮き彫りとなる結果だった。

ジュニパーネットワークスは2012年5月22日、今年3月に実施した第1回「Trusted Mobility Index」調査の結果を発表した。これはモバイル端末ユーザーの世界的な動向を調べたもので、米国、英国、ドイツ、日本、中国の5カ国の4037人のモバイル端末ユーザーおよびIT部門の意思決定者を調査対象としている。

同調査によればBYOD(個人所有端末の業務利用)を実施していると答えたのは5カ国全体で56%で、日本の回答者だけで見ると33%だった。日本は5カ国の中でBYODの利用率が最も低い結果となったが、同社のマーケティング部総括部長の近藤雅樹氏は、「保守的で個人情報保護法が整備された日本にしては、意外に高いのでは」という見解を示した。日本でもBYODは着実に根付いてきているようだ。

ただ、それでも他国に比べてBYOD導入に遅れをきたしているのは一目瞭然である。どこが海外と違うのか、もう少し詳しく見ていくことにしよう。まず大きく違ったのは、職場で業務利用が認められているモバイル端末の割合である。フィーチャーフォンについては海外と比較して差が見られなかったが、スマートデバイスの業務利用は海外の半数程度しか認められていない。

 

日本ではスマートデバイスの業務利用は認可されづらい傾向にある


また、海外では職場で業務利用が認可されていないデバイスを利用しているユーザーが41%もいるのに対し、日本は18%と多くのユーザーが会社側のポリシーを守っていた。近藤氏はこの理由の1つとして、個人情報保護法の存在を挙げた。日本では個人情報の漏洩は企業に多大なダメージを与えるため、従業員レベルでも行動がより慎重になっているのである。

日本の企業でもBYODを求める声は多いが、信頼性の低さが壁になっている

 

とはいえ、日本の従業員も海外と同様、BYODの導入を求めている。近藤氏は「国際競争力の観点からも、積極的にセキュリティポリシーなどを策定していき、(BYODによる)生産性の向上を享受していく必要がある」と指摘したうえで、企業と従業員の双方が安心してBYODを活用していくための基盤となるネットワークセキュリティソリューションの強化にいっそう力を入れていく考えを示した。

スペシャルトピックスPR

sandi1910
basix1910
sunntsu1910

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G、IoTと超高齢社会
<Part1>ローカル5Gで農業革命 <Part2>救急医療×5Gで命救う <Part3>MaaSで支える高齢社会 <Part4>ドコモが目指すSDGs
<Part5>障がい者は「先駆者」

●[インタビュー] 富士通 執行役員常務 松本端午氏「5G時代の新価値をトータル提供。インフラだけでは投資回収できない」 ●FMC対応クラウドPBX本格普及へ ●失敗しないISDN/PHS移行 ●ローカル5Gで「独走」目指すエイビット ●KDDIがHW/SW分離型ルーターを内製 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

アクセスランキング

tc1904
banner27

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます