キーパーソンが語る

総務省 田原移動通信課長インタビュー「災害に強い携帯網を推進」「4Gは2015年頃に実用化」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2011.07.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

総務省 総合通信基盤局 電波部
移動通信課課長 田原康生氏

東日本大震災の教訓を生かすため、総務省は災害に強いネットワークの検討に入った。また、スマートフォン急増によるトラフィック激増への対応が求められるなか、700/900MHz帯の周波数割り当てに向けて作業が進められている。4Gへの展望も含め、田原康生課長に今後の移動通信政策を聞いた。


――東日本大震災の教訓について、電波行政を預かる立場としてはどのように捉えていますか。


田原 これまで移動通信の世界では、インフラの強化や新たなアプリケーションの投入など、もっぱらサービスの高度化に目が行っていたと言っても過言ではありませんでした。しかし、今般の震災では、通信施設そのものがかなりの被害を受け、輻輳で携帯電話が長時間つながらないといった問題が生じました。

通信は生活を支えるインフラであり、災害時には命をつなぐ重要なインフラになります。その信頼性や、災害時における通信の確保をどのようにしていくのかを、今一度しっかりと考えなければならないと思っています。

――通信の確保という意味では、震災直後から携帯電話が復旧するまでの間、どのような対応をしたのですか。

田原 総務省では、簡易無線やMCA無線、衛星携帯電話など、合計で約1500の無線端末を自治体や自衛隊などの災害救助に携わる方々や避難所等に貸し出しました。例えば、MCA無線は、半径20km~30kmといった広域エリアで、震災後もほぼ途絶することなく使えたため、被災地での救援活動等に広く活用されました。

このように、大規模災害時には、携帯電話だけでなく、色々な通信手段を使って通信を確保していく必要があります。もちろん、携帯電話網そのものを従来よりも災害や輻輳に強くするには、どのようにしたらよいかの検討も必要です。すでに移動通信事業者各社は大ゾーン基地局の活用など、具体的な対策を打ち出していますが、行政としても、そうした民間の取り組みの支援や、規制の見直しなど、対応が必要な部分はしっかりと考えていかなければなりません。総務省では、総合通信基盤局長を座長とする検討会を設置し、通信事業者等の協力も得ながら幅広い視点で検討を進めており、年内を目途に報告書を取りまとめる予定です。

例えばネットワークの輻輳に関して、過去の震災の経験に学び、音声呼とパケット通信の輻輳制御が切り分けられました。今般の震災で、電話はつながりにくくなりましたが、メールはつながったというのは、この対策が生きたのです。今回の震災を教訓として、新たな対策が打てるよう、議論を深めていく必要があります。

900M帯は来年から移行を開始

――移動通信市場は転換期を迎えているといわれています。行政の課題の重点は何ですか。

田原 一番大きいのは、トラフィックの急増です。移動通信事業者の協力を得て、データのトラフィック量を集計しているのですが、昨年6月~9月の集計では、年率換算で64%の増加だったものが、その後の期間では、さらに大幅に増加しています。各事業者が秋冬モデルでスマートフォンのラインナップを拡充したことが影響していると考えられます。

トラフィックの急増はそれ以前から顕著になっており、近い将来の爆発的な増大が懸念されていました。このため、より周波数利用効率の高いシステムの導入や新たな周波数の確保が不可欠と判断し、昨年「ICTタスクフォース」の電気通信市場の環境変化への対応検討部会のもとに、「ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数検討ワーキンググループ」を設置して検討を重ねました。

――その中心となったのが、700/900MHz帯の見直しですね。

田原 はい。テレビのアナログ放送終了で空き地となる700MHz帯の一部帯域と、NTTドコモとKDDIが利用している800/900MHz帯の再編で空きが出る900MHz帯の帯域で、最大100MHz幅程度を確保することを目標としています。

先行しているのは900MHz帯で、干渉評価等の技術的検討が終わり、LTEやDC-HSDPAなどで利用するということで、情報通信審議会の答申もいただきました。あわせて、900MHz帯を利用しているRFIDやMCAといった既存システムの周波数移行を2012年から開始できるよう、速やかに技術基準等の整備を進めることとしています。

今国会において成立した改正電波法により、例えば、900MHz帯を新たに利用する移動通信事業者が別の周波数帯に移っていただく既存ユーザーの移行費用を負担するといった制度が導入されましたので、こうした制度の活用を念頭に、年内を目途に新たな事業者を決定できるよう手続を進めます。

――2012年から5MHz×2のペアバンドで利用を開始し、2015年からはさらに10MHz×2の利用を図るというのが基本的な考え方として示されていますが、どのように事業者に割り当てるのですか。


田原 合計15MHz×2のフレームで募集をすることになると思いますが、15MHz幅で1枠とするか狭い帯域幅で複数枠とするかなど具体的な方針は、まだ議論の最中です。割り当てを希望する事業者の意見もお聞きしたうえで、割当方針を示していきます。

――700MHz帯については、2015年から周波数の移行・再編をするという基本方針になっていますが、900MHz帯に比べて遅れている要因は。

田原 900MHz帯は既存無線システムと導入予定の携帯電話システムとの干渉検討がおおむね終了していますが、700MHz帯については干渉検討が終わっていない組み合わせが多数残っています。

また、他のバンドに移行するラジオマイクやFPU(テレビ放送用無線中継伝送装置)が移った先できちんと使えるという技術的評価を行う必要もあります。700MHz帯については、それを踏まえて、2012年度を目途に周波数移行プランを策定する方針となっています。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

田原康生(たわら・やすお)氏

1988年郵政省(現総務省)入省。2003年総務省東北総合通信局情報通信部長、04年独立行政法人情報通信研究機構総務部統括、06年総務省情報通信政策局技術政策課研究推進室長、08年総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課長。2010年総務省総合通信基盤局電波部移動通信課長。現在に至る

スペシャルトピックスPR

apresia2001
HACCP2001
necpf2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G思考 「大転換」を勝ち残るための8つの思考
<野村総研 桑津浩太郎氏>人とAIのハイブリッド <ALSOK>マルチタスク化 <北海道大学 教授 野口伸氏>無人化 <クロサカタツヤ氏>ユーザー企業主導 <Jリーグ、パシフィックリーグマーケティング>デジタルの絆 <時空テクノロジーズ>インタラクティブな共有体験 <東京都、前橋市>つながる都市 <テラドローン>タイムマシン経営

[インタビュー]グレープ・ワン 小竹完治社長「ローカル5Gは地域BWAと全然違う」 [ソリューション特集]SD-WAN & WAF ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます