トレンドマイクロ株式会社ローカル5G導入とあわせて考える”セキュリティ”

ローカル5Gの普及とともに、そのセキュリティリスクは顕在化していく。トレンドマイクロの5G/ローカル5G向けソリューション「Trend Micro Mobile Network Security」は、ローカル5Gシステムを利用するユーザや、システムを構成するIoTデバイスおよびネットワーク、システム上のユーザトラフィックをセキュリティ脅威から保護する。また、ローカル5Gセキュリティを一元的に可視化・管理することで、運用管理者のセキュリティ管理稼働も低減する。

ローカル5Gは、社会インフラや工場、建設現場、農業、医療現場など様々な場所や用途での活用が期待されている。

そのユースケースの広がりとともに課題となってくるのが、セキュリティだ。複雑化するネットワーク環境、多種多様かつ多量なIoT機器、ミッションクリティカルなシステムとの連携など、ローカル5G導入に伴うセキュリティリスクへの総合的な対応策が求められる。

トレンドマイクロの「Trend Micro Mobile Network Security (TMMNS)」は、トレンドマイクロが提供するセキュリティSIMカードを活用する独自技術でIoTデバイスを保護する「TMMNS Endpoint Protection」と、ローカル5Gネットワーク上のセキュリティ脅威からシステムを保護する「TMMNS Network Protection」の相互連携による多層防御を実現する。

さらに、TMMNSの統合コンソールでIoTデバイスに紐付く情報(IMEI, IMSIなど)を一元的に管理することで、IoTデバイスのセキュリティ状態をリアルタイムに監視することができる。また、TMMNSはローカル5Gシステムでセキュリティ脅威を検知すると、最新のセキュリティ機能で脅威からシステムを自動保護する。そのため、ローカル5Gで発生する様々なセキュリティ脅威からシステムやデバイス、その利用ユーザを守ることが可能となる。

ダウンロードには「会員登録(無料)」もしくは「ログイン」が必要です

ログインしてダウンロードする

目的別に探す

カテゴリー別
企業別

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。