企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

無線LAN×IoTのスマートオフィス 京橋イノベーションセンターからDX

提供◎アライドテレシス株式会社 2021.01.22

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ネットワークソリューションプロバイダーである、アライドテレシスは2019年11月、JR東京駅近くに京橋イノベーションセンターを開設した。最新技術を導入した無線LANによる快適なフリーアドレス、スマートフォンによる内線化、無線LAN接続端末の位置情報を活用した在席情報把握など、最先端のスマートオフィスを実現している。

有線・無線を統合管理 Wi-Fi 6対応の新製品も展開同センターでは無線LANを利用した位置情報・移動履歴を可視化するため、アクセスポイントはフロア内の様々な箇所に設置している。だが、アクセスポイントが増えるほどに、ネットワーク管理者の負担や手間も増えてしまう。そこで同社では、有線・無線、デバイス類の稼働状況をまとめて管理し、わかりやすく可視化するネットワーク管理ソフト「AT-Vista Manager EX」を用意している。「無線も有線も一つの画面で見られるのが強みです」と福田氏。無線の場合は電波状況をヒートマップで表示するなど、稼働状況がわかりやすく見えるのが特徴だ。

「アクセスポイントを増設して無線エリアを拡大したい」というニーズに応えるソリューションも用意している。一般的にアクセスポイントを増設する場合、新たなチャンネル設計や有線による増設工事、運用時の環境変化による通信障害の対策などが必要となる。それらを短期間かつ低コストで可能にするのが、「AWC-SC(Smart Connect)」だ。AP間が自律的に無線接続することで、各機器が有線LANの接続や配線工事なしで設定変更やポリシー適用が電源を入れるだけで可能になるのだ。

今後、オフィスにおいても無線でつながる端末が増えていくことは間違いない。つながる端末が増えると、どうしても通信速度が遅くなってしまう。しかし不用意にAPを増やすとコスト増だけでなく、電波干渉を招きかねない。

そこでお勧めしたいのが、2020年12月にリリースされたばかりの「AT-TQ6602」である。先述したアライドテレシスの独自技術に加えて、無線LANの最新規格であるWi-Fi 6に対応しているため、「通信速度向上」「低遅延・待機時間減少」「端末収容数増大」という特徴を備えている。「当センターのAPも順次、AT-TQ6602に置き換えていく予定です。ぜひ、体感しにきてほしいです」と高橋氏。そのほかにも同センターでは内線通話の品質や位置情報の精度なども確かめることができる。

 

AT-TQ6602の外観

AT-TQ6602の外観。最新規格のWi-Fi6(IEEE 802.11ax)に対応しているため、高速大容量かつ低遅延で多数の端末接続が可能だ



「ネットワークを整備したが、ネットワークの専門家がいないので運用監視ができない」というユーザーには、同社のリモート監視サービスがおすすめだ。ITインフラやセキュリティで異常が発生すれば、通知はもちろん、24時間365日リアルタイムに対応してくれる。「当社は製品の開発・製造を自社で行っているので、他社と比べて柔軟にお客さまのニーズに対応できるのが強み。無線LAN環境を整備したいというお客さまはもちろん、フリーアドレスを導入したい、テレワーク環境を整備したい、IoTセンサーを活用したいという方も是非一度、センターを訪ねてほしい。きっと何かヒントが見つかるはずです」と高橋氏は言う。

同センターではWi-Fi 6の本格普及に向け、IoTセンサーの設置も行っている。すでに人感センサーのほか、温度や湿度、CO2濃度などを測定するセンサーが設置されており、活用が始まっている。「IoTをどうオフィスに取り込み、どんな活用していくか、新たなヒントを提示していきたい。そのための実験の場としてここをお客さまにも活用してほしい」(高橋氏)

 

<お問い合わせ先>
アライドテレシス株式会社
TEL:0120-860442
E-Mail:info@allied-telesis.co.jp

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。