企業ネットワーク最前線

IoTビジネスカンファレンス 講演レポート

BLEとLoRaWANでコストの障壁を突破――IoTサービスの創出に挑むレンジャーシステムズ

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.11.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レンジャーシステムズ 執行役員
IoT事業部長 木村秀一氏

2016年からBLEを中心とするIoTコネクティングサービス「monoコネクト」を展開するレンジャーシステムズが、11月からラインナップにLoRaWANを追加、IoTビジネスを加速させている。安価なデバイス・ネットワークコストと、多彩な技術を活かし、企業とともに新たなIoTサービスの創出に取り組んでいくという。

 
MVNE(MVNO支援)事業を手がけるレンジャーシステムズは、昨年5月にIoTコネクティングサービス「monoコネクト」の提供を開始、デバイスから、ネットワーク構築・運用保守までをトータルで提供するIoTソリューションをもう1つの大きな事業の柱に据えている。

11月1日に開催されたIoTビジネスカンファレンス(主催・リックテレコム)で講演したレンジャーシステムズIoT事業部長の木村秀一氏は、BLE(Bluetooth Low Energy)を中心としたmonoコネクトの取り組みと、11月に新たにそのラインナップに加わったLoRaWANサービスの特徴を、具体的な事例を交えて説明した。

木村氏は、まずmonoコネクトを「BLEを使ったセンサーやゲートウェイなどのデバイスを中心に、お客様のIoTサービスを構築していくことをメインするサービス」と説明。「とにかくコストを安く抑えたい、安価なデバイスを提供したいというコンセプトで作った」と強調した。

木村氏がレンジャーシステムズに入社する前から手がけてきたIoTビジネスでは「お客様と一緒にIoTサービスを作ろうとしても、多くがコストの問題に引っかかってしまう、苦い経験があった」からだ。

この①低価格なデバイスに、②汎用的なプロトコルを用いてAWSやAzureなどのクラウドや企業のサーバーなどに接続できる「システム設計の柔軟性」、③デバイスの保守・管理・運用などコンソールを通じて容易に行える高い「保守性、可用性」を加えた3つが、monoコネクトの特徴となっているという。

木村氏が、この中で②の「システム設計の柔軟性」を示すものとして紹介したのが、今年初めに同社が投入したLTE カテゴリ1対応モジュール搭載の「BLE/LTEゲートウェイ」だ。手のひらに乗るサイズのこの製品は、特別な作り込みをしていないため、市販のBLEセンサーを広く接続して、HTTPやMQTTなどの標準的なプロトコルを用いて簡単にクラウドやサーバーにデータを送ることができる。接続回線にLTEではなく、Wi-Fiを利用する製品も用意されている。

レンジャーシステムズでは、このゲートウェイと合わせて、必要に応じてマグネット、温度湿度、赤外線、人感、加速度などのセンサーを内蔵できる同社の「センサービーコン(iBSシリーズ)」や、大気モニタリングなどパートナー企業の多彩なセンサーデバイスをラインナップし、「お客様がやりたいこと」を実現していくという。

BLEを中心とした「monoコネクト」のソリューション構成
BLEを中心とした「monoコネクト」のソリューション構成



続いて木村氏は1年半の展開実績を踏まえて、monoコネクトの「ちょっと変わった活用事例」を紹介した。まず、取り上げられたのが、木村氏が「おそらく当社がナンバー1」だと見る「トイレのIoT」だ。トイレの個室にマグネットセンサーなどを取り付け、満空状況をWebで確認できるようにするというもので、「非常に多くの引き合いをいただいている」という。特にニーズが高いのがオフィスビルで、「従業員数が500~1000名を超える企業への導入事例が全体の8割くらいを占める」。これに次ぐのが駅で、「すでに数社の電鉄会社と契約し工事を進めている。おそらく来年度には利用できるようになる」と、木村氏は明かす。

ショッピングモールなどの商業施設や高速道路のパーキングエリアなどにも導入が広がっており、その多くではデジタルサイネージによる満空情報が提供されているという。このサービスはトイレの利用者だけでなく、緊急時の早期発見や事故・犯罪防止の観点から管理者にも高く評価されているとのことだ。

IoTを活用したトイレの満空情報サービスの導入イメージ
IoTを活用したトイレの満空情報サービスの導入イメージ


この他、CATVの配信設備を活用したGPS不要の学童・高齢者見守りサービス、受粉用のハチの活動把握、オフィスのCO2量の測定など、同社ではBLEを用いて、さまざまなIoTシステムを構築してきているという。

スペシャルトピックスPR

sas1808
necaspire
moconavi1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
watchguard0921

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます