導入・選定ガイド

OpenFlow導入ガイド[後編]――対応ベンダー急拡大で気になる製品選びのポイント

文◎楽天理(フリーライター) 2012.08.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

グーグルやNTTコミュニケーションズが商用環境で利用するなど、すでに“実導入”フェーズに入ったOpenFlow。後編では、徐々に選択肢が広がりつつあるOpenFlow対応製品の選び方のポイントを解説する。


<オーバーレイ方式>

一方、オーバーレイ方式は、「今あるネットワークで実現できるのが一番の特徴」――。オーバーレイ方式の代表的製品であるニシラ・ネットワークス「Nicira NVP」の代理店を務める東京エレクトロンデバイスCN営業本部 コーポレートアカウント営業部 グループリーダーの宮本隆義氏はこのように語る。

 

東京エレクトロンデバイスCN営業本部 コーポレートアカウント営業部 グループリーダーの宮本隆義氏
東京エレクトロンデバイスCN営業本部 コーポレートアカウント営業部 グループリーダー 宮本隆義氏



オーバーレイ方式では、トンネル技術によりエッジ同士で制御を行い、経路は従来のネットワークを流用する仕組みになっている。このため通信するエッジ同士がOpenFlowに対応していればよく、ハイパーバイザー上で動作するOpenFlow対応の仮想スイッチ「Open vSwitch」(OVS)などを利用することで、機器の置き換えなしに導入できる。また、コントローラーとスイッチは送信元と送信先だけを把握していればよいため保持する経路情報が少なく済み、スケーラビリティの点でも有利だ。

さらに宮本氏は、NVPの魅力として次の点も挙げる。「SDNの1つのメリットとしてソフトウェアのスピードで機能改良が進んでいくことがある。NVPのコンポーネントはすべてソフトウェアなので製品開発のペースが早く、およそ2カ月に1回の頻度で機能が向上している」。なお、NVPは、コントローラーとNVP専用のOVSなどがパッケージ化されたソリューションパックとなっている。

他方、ホップ・バイ・ホップ方式と比べたデメリットとしては、経路は従来のネットワークをそのまま利用するため、OpenFlowの大きな特徴である高度な経路制御は行えず、また既存の物理ネットワークが抱える課題の解決策とはならない点が挙げられる。さらにサーバー仮想化環境でないと実装できない。

このような違いがあるホップ・バイ・ホップ方式とオーバーレイ方式だが、どちらが絶対的に優れているという話ではなく、「それぞれ向き不向きがあり、両方式は共存していくと思う」とNEC UNIVERGEサポートセンター 主任の早坂真美子氏は話す。NECでも今後、オーバーレイ方式のコントローラーの提供を検討する可能性もあるという。

 

NEC UNIVERGEサポートセンター 主任 早坂真美子氏
NEC UNIVERGEサポートセンター 主任 早坂真美子氏



すでにホップ・バイ・ホップ方式とオーバーレイ方式の両方に対応したコントローラーを開発中のベンダーもある。NTTデータだ。同社は世界で初めて両方式に対応する「バーチャルネットワークコントローラVer2.0」を2012年内に販売開始する予定にしている。

NTTデータの発表資料では、ホップ・バイ・ホップ方式を「トラフィック流量が少ない通信経路を優先して新規通信に割り当てる機能を持つため、従来40%程度しか利用されていないネットワークを、約100%利用することができる」、オーバーレイ方式については「初期投資コストを抑えたOpenFlow導入が可能」と、それぞれの特徴を説明している。

また、バーチャルネットワークコントローラVer2.0は両方式の混在にも対応しており、まず既存ネットワークを活かしてオーバーレイ方式でネットワークの仮想化を行い、その後、順次OpenFlowスイッチに置き換えてホップ・バイ・ホップ方式に移行していくことも可能としている。

大事なのは、OpenFlowで何を実現したいのか――。それをきちんと踏まえたうえで自社により適した方式を選択することだ。

スペシャルトピックスPR

whatsupgold_sp
MOVEit2004
sumi2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPPA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます