近畿大附属高校が1200台のiPadの管理にモバイルアイアンのMDMを導入

約1200台のiPadを導入している近畿大学附属高等学校が、モバイルアイアンのMDM製品「MobileIron MDM」を導入した。2013年11月20日、モバイルアイアン・ジャパンが発表した。

近畿大学附属高等学校では、今年4月から教職員160名、新たに入学した約1000名に、モバイルアイアンのMDMで管理されたiPadを配布しているという。ジェイルブレイクの検知やアプリケーションの許可/不許可・配布などに活用している。将来的には全学年約3000台に拡大する計画だ。

また、モバイルアイアンの教育機関向けプログラムにより、MDMライセンス費用を大幅に削減できているとのこと。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。