トレンドマイクロがクラウド型セキュリティを強化、ビッグデータ分析で標的型攻撃対策

トレンドマイクロは2012年8月7日、クラウド型セキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network」(SPN)の拡張を発表した。

SPNはクラウド技術を活用したリアルタイムセキュリティソリューションだ。クラウド上に置かれた最新のデータベースに問い合わせることで、最新の脅威に対応できるというもの。従来は、ファイル・Web・メールのレピュテーションがSPNで統合的に提供されていたが、今回次のデータベースも新たに統合された。

Mobile App Reputation:モバイルアプリの不正な活動を評価するほか、アプリが使用するプライバシー情報や電力消費量もスコアリング

ぜい弱性ルール:OSやアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃コードを検出するためのルール

ネットワークトラフィックルール:企業内のネットワーク環境で不振な通信を検出するためのルール

ホワイトリスト:不正アプリの検出精度を高めるための正規アプリのデータベース

さらに、今回の拡張では、クラウド上のビッグデータの相関分析も強化。標的型攻撃について、標的となっている組織、攻撃手法、地理的な情報などの相関関係を可視化・分析することで、より適切かつ即時性の高いソリューションを提供できるという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。