富士通が初の携帯シェア1位に、中国ベンダーの市場占有率も高まる

IDC Japanは2012年6月27日、2012年第1四半期(1~3月)の国内携帯電話出荷台数を発表した。スマートフォン需要が急拡大していることから、同四半期の出荷台数は前年同期比17.3%増の1016万台となり、3四半期連続で1000万台を超えた。同四半期におけるスマートフォン比率は64.5%となっている。

ベンダー別シェアでは、「ARROWSシリーズ」が好調な富士通がシェア23.1%でアップルを抜き1位を獲得した。富士通がシェア1位となるのは過去5年で初めてとのこと。

また、ゼロ円端末の出荷拡大を背景に、中国ベンダーのZTEとファーウェイの市場占有率が高まっていることも分かったという。同四半期における両社の合計シェアは4.5%だった。

2012年 第1四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別シェア
2012年 第1四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別シェア

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。