トレンドマイクロ、アプリ管理機能を強化したモバイルセキュリティ対策の最新版

トレンドマイクロは2012年6月27日、モバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフト「Trend Micro Mobile Security(TMMS) 8.0」を発売した。

TMMSは、MDM(モバイルデバイス管理)機能とマルウェア対策などのセキュリティ機能を統合的に提供するソリューション。今回のバージョンアップでは、主にアプリケーションの管理機能が強化された。

モバイルデバイスにインストールされているアプリケーション名やバージョン情報を一覧できるようになったほか、利用を許可あるいは禁止するアプリケーションを指定可能に。Androidでは、「連絡先のデータ、所有者の情報を読み取る」「GPSを利用して位置情報を取得する」など、アプリケーションがインストール時に求めるパーミッションの種類を指定して利用可否を設定することもできる。

さらに、全社もしくはグループ毎に推奨アプリケーションのインストールを促すことも可能になった。Google PlayやApp Store上のアプリケーションだけでなく、自社で開発した独自アプリケーションも配布できる。

TMMS 8.0の参考標準価格はスタンダード版が3110円、アドバンス版が6220円(ともに1年間のサポートサービス料金を含めた、250~499アカウント時の使用許諾料金)。6月29日から出荷が開始される。

TMMS 8.0の機能一覧(クリックで拡大)
TMMS 8.0の機能一覧

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。