ワイヤレスジャパン×WTP 2024Wi-SUN対応製品が集結! オフィスから農業、小売業までユースケースは拡大

今年も東京ビッグサイトで「ワイヤレスジャパン×WTP 2024」が開幕した。Wi-SUNアライアンスブースでは、導入や設置を容易にするパッケージ製品やIoTゲートウェイなど、様々なソリューションが展示されている。

920MHz帯を利用する“日本発”のIoT無線規格「Wi-SUN」。マルチホップによって低消費電力かつ長距離伝送を行える点が大きな特徴だ。ワイヤレスジャパン×WTP 2024のWi-SUNアライアンスブースでは、Wi-SUN関連の最新ソリューションが数多く展示されている。

サムネ

Digital Design Lab(D.D.L)は、センサーネットワークシステム「e-DISP・Z」を展示。有線/無線LANおよびLTE通信モジュールを搭載した親機と、複数のセンサーを接続可能な子機をパッケージ化した製品である。

子機のセンサーで取得したデータを親機の画面上でモニタリングしたり、親機の通信モジュールを経由してデータをサーバーやクラウドにアップロードすることも可能だ。オフィス内の温度監視に加え、農場の温湿度やスーパーマーケット内の冷蔵庫の温度監視などにも使われているという。

センサーネットワークシステム「e-DISP・Z」

センサーネットワークシステム「e-DISP・Z」

京都大学と日新システムズは、IoTセンサーゲートウェイ「SQU-Air(スクエア―)」を展示している。ゲートウェイ1台で複数のセンサーデータを集めることができ、最大16台のBLE(Bluetooth Low Energy)ビーコンと最大4チャネルのアナログ値(0-20mAまたは0-5V)を同時に収集可能だ。

また、付属アプリケーションとして、「SQU-Airツール」を用意。これにより、センサーを受信する際に必要な設定や、センサーデータをグラフ表示するといったデータの可視化を行える。

IoTセンサーゲートウェイ「SQU-Air」(左)

IoTセンサーゲートウェイ「SQU-Air」(左)

このほかにも、Wi-SUNアライアンスのメンバー企業による様々なソリューションが目白押しだ。

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。