企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

アジア拠点との通信遅延、WANコストの増加 SASEによる解決方法とは?

提供◎株式会社マクニカ 2022.01.24

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

グローバルでセキュリティポリシーを統一したい、国際専用線のコストを抑えたい、リモートアクセスをもっと快適に使いたい──。企業は今、次々と噴出するネットワークの困りごとへの対応に迫られている。それらの課題を一掃するための新コンセプトが「SASE」だ。シンプルかつ低コストにこのSASEを実現する「Cato Cloud」に人気が集まっている。


日本で100社、グローバルでは1000社超が採用するSASE(Secure Access Service Edge)がある。2015年創業のユニコーン企業、Cato Networksが提供する「Cato Cloud」だ。人気の要因について、国内販売代理店のマクニカ ネットワークスカンパニー 第2営業統括部の小森谷翼氏はこう述べる。

「SD-WANを内包したSASEであることがCato Cloudの最大の特徴だ。拠点間通信、クラウドセキュリティ、リモートアクセスが丸々入ったオールインワンのSASEなので、あらゆる拠点・リモートアクセスユーザーのポリシーを統一し、しかもすべての機能を単一の管理コンソールで制御できる」

 

マクニカ ネットワークス カンパニー 第2営業統括部 第6営業部第1課 担当 小森谷翼氏
マクニカ ネットワークス カンパニー 第2営業統括部 第6営業部第1課 担当 小森谷翼氏

 

複雑な運用・管理から解放 1社でSASEを丸ごと提供SASEの目的は、ネットワークとセキュリティ機能を統合することだ。2019年にこのコンセプトが登場して以来、様々なベンダーがSASEを標榜するソリューションを提供してきている。だが、それら競合とCato Networksには決定的な違いがある。SASEを実現するためのアプローチが異なるのだ。

SASEの大半は、複数ベンダーのサービスの組み合わせで作られている。例えば、A社のSWG(Secure Web Gateway)とCASB(Cloud Access Security Broker)、ZTNA(Zero Trust Network Access)に、B社のSD-WANを連携させるといった具合だ(図表1の右側)。つまり、本来の意味でのSASEではなく、セキュリティに特化した「SSE(Secure Service Edge)」であり、「ネットワーク機能(SD-WAN)は別に組み合わせなければならない」(小森谷氏)。

一方、Cato Networksは、「SASEという言葉がまだなかった創業時から、この概念に基づいてソリューションを開発・提供してきた」(同氏)。図表1の左側のように、SASEの構成要素を1社で丸ごと提供するのがCato Cloudだ。

 

図表1 Cato Cloud(SASE)とSSE+SD-WANの構成パターン

図表1 Cato Cloud(SASE)とSSE+SD-WANの構成パターン

 

複数の“部材”を組み合わせることで生じる弊害はいくつもある。クラウドセキュリティとSD-WANで二重にコストがかかり、契約・課金が分かれることで調達・管理の手間も増える。機能ごとに管理コンソールが分かれるので、運用の複雑性も増す。

機能ごとに通信経路が分かれる点も問題だ。Web通信はクラウドセキュリティへ、拠点間通信はSD-WANへとネットワーク構成も運用も複雑化する。機能ごとにベンダーを自由に選べる利点はあるものの、運用負荷の増大を懸念して尻込みする企業も少なくないはずだ。

対して、Cato Cloudなら通信経路を一元化し、コスト面でも運用負荷の観点からもシンプル化できる。セキュリティもネットワークも、同じ管理コンソール上で可視化し、管理・制御が可能だ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。