企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

「主導権はユーザーにあり」で支持拡大 ハイパースケーラーがRuijieを選ぶ理由

提供◎Ruijie Networks Japan株式会社 2021.10.25

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

データセンターネットワークのオープン化や自動化をリードしてきた“ハイパースケーラー”が次々に採用するスイッチメーカーがある。アリババやテンセントを顧客に持ち、LinkedInをはじめ欧米にもシェアを拡大するRuijie Networksだ。「ユーザーのやりたいことを安価に実現する」独特のビジネスモデルが支持を集めている。


Ruijie Networks(ルイジエネットワークス、以下Ruijie)は、2000年に中国・福建省で設立されたネットワーク機器ベンダーだ。データセンター(DC)向けスイッチやWi-Fi6製品、5G CPE(宅内通信装置)など多彩なラインナップを揃え、2019年には日本市場にも参入した。

日本国内ではこれまでWi-Fi製品を主軸に展開しており、知名度もまだ低いRuijieだが、グローバルではDCスイッチのシェアをグングン高めている。背景にあるのは、いわゆる“ハイパースケーラー”からの支持だ。

Ruijieのホワイトボックススイッチは中国のアリババグループやテンセント、そしてLinkedIn等のグローバルインターネット企業トップ20社のうち半数以上が採用している。DCスイッチは2018年の中国市場参入後、毎年販売が倍増。2020年第4四半期には中国ネット企業市場で43%シェアと一時トップに立った。成長率では他社を全く寄せ付けていない。ルイジエネットワークスジャパンでODM/OEMビジネス長を務める高橋克己氏によれば、「中国でのホワイトボックススイッチのシェアは80%以上。配車サービス大手の滴滴出行(DiDi)、TikTokのByteDance、チャイナテレコムにも入っている。北米のハイパースケーラーも現在、評価中だ」。

 

ルイジエネットワークスジャパン ODM/OEMビジネス長の高橋克己氏
ルイジエネットワークスジャパン ODM/OEMビジネス長の高橋克己氏


アリババやテンセントと二人三脚でSONiC開発ハイパースケーラーがなぜ、同社のスイッチを採用するのか。その理由は、Ruijieが積極的にODMビジネスを展開していることにある。「例えば『このサーバーラックに合うスイッチで、100Gと400Gのポートをいくつ実装するハードを開発してほしい』というリクエストもすべて受け入れる。それが、ハイパースケーラーの成功につながるからだ」(高橋氏)。同社では全従業員の50%以上が開発事業に従事。構成設計から環境構築、機能開発、検証、維持運用、保守に至るまで一気通貫でサービスを提供する体制を有している。

加えて、オープンソースのネットワークOS「SONiC」のサポートも、Ruijie躍進の原動力となっている。

SONiCはマイクロソフトが開発し、その後オープンソース化されたOSで、ハイパースケーラーの多くが自社DCへの展開を進めているところだ。「SONiCコミュニティにも、アリババやテンセントと一緒に出掛けていって開発に貢献している。例えば、彼らが『SONiCでこの機能を使いたい』と言えば、Ruijieのエンジニアがそれに応える。二人三脚でやってきた」(高橋氏)ことが、Ruijieの大きな強みになっているという。

その一方でRuijieは、オープンソースOSを取り扱うだけのエンジニア能力を持たないDC/クラウド事業者のサポートにも力を入れている。同社はホワイトボックススイッチを図表1に示した3つの形態で提供している。

 

図表1 Ruijieホワイトボックススイッチのビジネスモデル

図表1 Ruijieホワイトボックススイッチのビジネスモデル

 

ハイパースケーラーのように自社で開発能力を持つ企業向けには、前述のように、リクエストに合うハードウェアのみを開発・提供する。

第2は、ホワイトボックススイッチにOSをプラスして提供する形態だ。SONiCのメンテナンス能力はないが、アプリケーションは自ら開発したいというユーザーを対象に、OSの技術サポートを行う。

そして第3が「グレーボックス」である。開発能力はなくともホワイトボックススイッチを利用したいユーザー向けに、ハードウェアとOS、API、ネットワーク構築ソリューションまで「完全な技術サポートも提供する」モデルだと営業本部長の袁文凱氏は語る。

 

ルイジエネットワークスジャパン 営業本部長の袁文凱氏
ルイジエネットワークスジャパン 営業本部長の袁文凱氏

 

取り扱うOSも、SONiC以外にもう1つある。Ruijieが20年にわたる研究開発によって進化させてきた独自OS「RGOS」だ。LinuxベースのネットワークOSであり、「お客様からリクエストを受ければ、使いたい機能を我々で開発する。SONiCを(ユーザー側が)自分たちの責任で使うよりは、我々がRGOSで足りない機能を作るほうが速い」と高橋氏はRGOS活用の利点を話す。

さらに注目なのがコストの低さだ。RGOSのライセンス料はゼロ。ハードウェア保守費の支払のみで、使用している期間中はRGOSのアップデートも行われる。「機能の追加開発は実費用をいただくが、それはあくまで一時費用。出来た機能は、RGOSに標準機能として実装されていく。お客様は『欲しいものだけに対して支払う』ことになるので、コスト感は他ベンダーとは全く異なってくる」(高橋氏)
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

checkpoint2204
seiko2204
MI2204

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。