企業ネットワーク最前線

国際新規格「IoT DEP」とは何か IP/ICNの共存がスマートシティの基盤に?!

文◎原田果林(編集部) 2021.06.21

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

IPネットワークとICNを共存させ、効率よくIoTデータをやり取りするためのプラットフォーム「IoT DEP」が国際標準として発行された。IoT DEPの仕組みから用途まで、標準化を主導した横谷教授に聞いた。

今後世界のIoTデバイス数は約500億台にも上ると予測されている。そんな近い将来を見据え、既存のインターネット(IPネットワーク)と共存しながら、効率よくIoTデータをやり取りするための国際標準「IoT DEP(Data Exchange Platform:データ交換プラットフォーム)」が日本発でISO/IEC30161として発行された。

なぜIoT通信のための専用プラットフォームが作られたのか。背景には、IPネットワークが抱える課題がある。

IPネットワークでは、データ/コンテンツを取得する際、その情報が置かれているサーバーの「住所」、つまりIPアドレスをDNSサーバーに問い合わせ、アクセスする必要がある。そのため、IoTを含む通信デバイスが増えるにつれ、DNSサーバーの負担が増大してしまう。もう1つの課題は、HTTPなどのプロトコルはヘッダーが非常に長く、通信帯域を逼迫する原因になっていることだ。特にIoTの場合、1回に送信するデータ本体は100~200バイト程度と小さくても、ヘッダーは300~400バイト。つまり100バイトのデータを送るにも、合計500~600バイトを送信しなければならないのだ。

IoT DEPの標準化を主導した金沢工業大学の横谷哲也教授らは、ISO/IEC JTC1/SC41(IoT DEPの国際標準化の主戦場)で収集された交通、社会インフラ、ホーム、オフィス、工場など、有力なIoTの23のユースケースを分析した。すると広域ネットワークで提供することを期待しているIoTサービスが86%、さらにそのうち42%がパブリックワイドエリアサービス、つまりインターネットを経由するサービスを想定していることが分かった。今後インターネットを利用した数多くのIoTサービスが実現し、IoTデバイスが増加したとき、IPネットワークだけに頼りきったままでは限界が来てしまう。

 

金沢工業大学 工学部 電気電子工学科 教授 横谷哲也氏
金沢工業大学 工学部 電気電子工学科 教授 横谷哲也氏


「以前から、今のインターネットは使わないで、フルスクラッチでネットワークを作り直そうと様々な議論がなされてきた。しかしこれだけWindowsやLinuxなどインターネット系をサポートしたOSが出回っている以上、インターネットがなくなるはずがない。ただ、OSの上に乗るミドルウェアについてはまだまだ改良の余地がある。そこで、既存のインターネット上で動作し、HTTPやFTPといった既存のプロトコルとも整合する、IoTサービス向けの軽量プロトコルとして標準化したのがIoT DEPだ」と横谷教授は説明する。

こう聞くと、ヘッダーを軽量化するプロトコルとして既に開発されているMQTTやCoAPでは解決できないのかという疑問が湧くが、横谷教授は「結局それはHTTPの置き換えに過ぎないので、DNSサーバーのパンクを回避できないという問題が残る」と指摘する。IPネットワークが抱える2つの課題を一気に解決するためにも、IoT DEPが必要になるのだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。