調査データ

在宅勤務でエンドポイント向けの需要拡大 国内標的型サイバー攻撃対策市場

文◎business network.jp編集部 2020.09.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは2020年9月23日、国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場予測を発表した、

IDCでは、標的型サイバー攻撃向け対策ソリューション市場を、「特化型脅威対策製品市場(※1)」「セキュリティ情報/イベント管理製品市場(※2)」「脅威インテリジェンスセキュリティサービス市場(※3)」に分類し、市場規模算出/市場予測を行っている。

標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場は、2019年の市場規模(売上額ベース)は185億円。2019~2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は10.6%で、2024年には307億円に拡大すると予測している。

また、セキュリティ情報/イベント管理製品市場は、2019年の市場規模(売上額ベース)は80億円となり、2019~2024年のCAGRが5.6%、2024年には105億円に拡大すると見ている。

脅威インテリジェンスセキュリティサービス市場は、2019年の市場規模(支出額ベース)が195億円、2019~2024年のCAGRは7.5%で、2024年には280億円に拡大する見込みだ。

エンドポイントセキュリティ製品の需要が高まる
2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による国内経済の低迷で成長率が鈍化するものの、在宅勤務が普及し、リモートワークで活用しているエンドポイントデバイスの脅威リスクが高まることで、標的型サイバー攻撃向け特化型エンドポイントセキュリティ製品への需要が拡大している。

2021年以降は、延期となった東京オリンピック/パラリンピックを狙った高度な標的型サイバー攻撃の増加が見込まれていること、そしてEU(欧州連合)の一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)や米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA:California Consumer Privacy Act)などの海外のプライバシー法と2020年6月に成立した改正個人情報保護法、米国政府調達における管理すべき重要情報(CUI:Controlled Unclassified Information)の保護に対する政府以外の企業や組織に適用されるセキュリティ対策基準「NIST SP800-171」へのサイバーセキュリティ対策として、国内標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場へのニーズが高まる傾向にあるとIDCはみている。

 

 

国内標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場 製品別 売上額予測、2017年~2024年


また国内脅威インテリジェンスセキュリティサービス市場においては、COVID-19の影響によるエンドポイントデバイスの脅威リスクの高まりから、脅威インテリジェンスを活用したMDR(Managed Detection and Response)サービスなどのマネージドセキュリティサービスへの需要が拡大している。2021年以降も延期となった東京オリンピック/パラリンピックを狙った高度な標的型サイバー攻撃の増加が見込まれていることや、IT環境のクラウド化に伴う脅威リスクの高まりなどから、脅威の予兆をプロアクティブに検知することを支援する脅威インテリジェンスセキュリティサービスへのニーズは高まっていくと予測される。

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャー 登坂恒夫氏は、「MDRサービスは、複数の脅威インテリジェンスのデータフィードを統合してタイムリーに情報を提供することで、どのシステムがターゲットになっているかだけでなく、誰が攻撃しているかを理解でき、サイバーセキュリティを事後対応型からプロアクティブ型にシフトする上で不可欠な戦術と手法を提供する。セキュリティ製品サプライヤーやセキュリティサービス提供事業者は、MDRサービスの提供を訴求すべきである。これによって標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品や脅威インテリジェンスサービスの需要が拡大するだけでなく、マネージドセキュリティサービスの強化が図ることができる」と述べている。


※1 標的型サイバー攻撃向けの特化型脅威対策製品は、サンドボックスエミュレーションやコードエミュレーション、ビッグデータアナリティクス、コンテナ化などの非シグネチャベースの技術による脅威対策製品であり、エンドポイント製品とゲートウェイ製品に分類している。

※2 セキュリティ情報/イベント管理製品は、SOC(Security Operation Center)の基盤としてセキュリティインシデントを分析し、管理する。

※3 脅威インテリジェンスセキュリティサービスは、脆弱性情報や不正IP情報、既知のシグネチャ情報、レピュテーション情報などについて、機械学習機能などAIを活用したビッグデータ/アナリティクスによって相関分析を施すことで、早期にセキュリティ脅威を特定することができる脅威インテリジェンスを活用したサービスです。脅威インテリジェンスセキュリティサービスには、インシデント対応サービスやマルウェア解析サービスなどのコンサルティングサービスやデータサブスクリプションサービスなどのデータフィードサービス、そして脅威インテリジェンスを活用したマネージドセキュリティサービスが含まれる。

スペシャルトピックスPR

netscout2009
microfocus2009
hitec2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G
    これからどうなる?

●5GMF アプリ委員会委員長 岩浪剛太氏「5Gニーズは3年加速した」
●日本の5Gはこう進化する ●5G網でAPIエコノミー
●コンシューマー市場で劇的な展開はあるか ●米欧中韓は2020年内にSA開始
●SA化で火蓋切る企業活用 ●中国5Gは「地方」が熱い など

◆災害対策で進むIoT活用 ◆5G/IoT時代、地図はどうなる
◆ドコモ口座事件後のフィンテック ◆1円玉サイズのLeafonyが道開く ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます