導入・選定ガイド

ウェビナーに最適な配信サービスは? コロナ終息後はリアルとの同時開催が主流に

文◎原田果林(編集部) 2020.08.03

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

新型コロナの影響で各種イベントがオンラインで開催されている。終息後もリアルとオンラインの同時開催が当たり前になりそうだ。ウェビナー・動画配信サービスの選び方から、必要な準備やコツを解説する。

 
Web会議システムによって会議の場がオンラインに移行する中で、社内研修や外部向けのセミナーといったイベントもオンラインで開催されるようになった。最近では株主総会や決算発表会、社内研修や学校の卒業式などのライブ配信も増えている。

「新型コロナウイルスの影響で、マーケティングのためのイベントを中止せざるを得なくなってしまった。しかし営業活動は続けないといけないので、オンラインでやりたいという相談が非常に増えている」と米Zoom Video Communicationsの日本法人、ZVC Japan カントリーゼネラルマネージャーの佐賀文宣氏は話す。

しかし一から自社で配信システムを構築するのはコスト的にも技術的にも簡単ではない。

「自前で配信をやると、ストリーミングサービスなどに配信する際のエンコード・デコードやパラメーターの設定が上手くいかないなど、システム的に様々なフェイラーポイントがある」(日本マイクロソフト Microsoft 365ビジネス本部 プロダクトマーケティグマネージャーの吉田馨一氏)

そこで、そうした配信システムのチューニングを考慮する必要なく、手軽にイベントが開催できるウェビナーサービスや動画配信サービスの利用が拡大している。

インタラクションが必要「Zoomウェビナー」は、100名から最大4万人の視聴が可能で、パネリストについては最大100人が参加できる。ウェビナーの設定方法は非常にシンプルだ。トピック(イベントのタイトル)と説明欄、日時、所要時間を入力し、登録式のセミナーにするかどうか、質疑応答機能を付けるかなどのオプションを選択すれば基本的な設定は完了する。

登録式セミナーの場合、参加者に送る登録フォームはカスタマイズ可能で、名前や連絡先はもちろん、業種や役職なども項目に追加できる。オリジナルの質問を作成することも可能だ。他にもリアルタイムに回答と結果表示ができるアンケート機能や質疑応答ができるチャット機能も備える。

「Zoomウェビナーの場合、4万人の参加者がいてもほぼリアルタイムで質問を受け、回答できる。イベントやセミナーは配信するだけではなく、参加者からの質問にも答えるというインタラクションが重要だ」(佐賀氏)

Microsoft Teams(以下、Teams)の「ライブイベント」機能は、1万人が参加可能だ(7月1日までの期間限定で2万人まで拡張している)。ライブイベントも、Web会議の登録と似た要領でタイトルと開始/終了日時、イベント形態、参加者などを選択すれば最低限の設定が完了。こちらもチャットによるQ&Aや、Microsoft Formsと連携したアンケートが可能だ。

 

 

図表1 Teams会議とライブイベントの比較

図表1 Teams会議とライブイベントの比較

 

 

社内や関係者などクローズドな環境を得意とした動画配信サービスとしては、エビリーが提供する、動画共有ポータルサイト構築システム「ミルビィポータル」も挙げられる。「動画コンテンツに特化したCMSのようなサービスで、社内や会員、顧客などに対して動画配信ができる」と同社ビデオソリューション事業部 マーケティング担当の若林健太氏は説明する。

ライブ配信だけでなく、オンデマンド配信も可能で、動画コンテンツの管理、テストやアンケートの機能も備える。利用企業の多くが社内研修や教育に利用しているといい、「例えばホームセンターを展開する企業では、新商品の説明動画などを作って各店舗に周知している。フランチャイズや販売代理店を抱えている企業で多く使われている」(同氏)。

エビリーでは大規模向けの「ミルビィ」も提供しており、こちらは「数千人規模の配信に使いやすいツール。外部のチャットツールなどと一緒に連携して使えるので、視聴者から質問をもらって返答することもできる。ライブ配信のセミナーやイベントに使われることも最近は多い」という。動画の埋め込みコードも発行できるので、自社のWebページにプレイヤーを埋め込んで配信することも可能だ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。