企業ネットワーク最前線

セキュアなIoTを“ブランディング” 業界横断のセキュリティ認証がスタート

文◎松本一郎(編集部) 2020.05.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

CCDSはIoT機器のセキュリティ認証プログラムを始めた。各ベンダー製品のセキュリティレベルに差がある中、その差を可視化する狙いがある。普及すれば日本のIoT製品に新たな魅力をつけられそうだ。

 
「一言で言うとブランディング。セキュリティ対策を頑張っている企業を、消費者に分かりやすく伝える手段が欲しかった」

2014年に発足した一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)。200を超えるメーカーや大学などの団体が会員として参加する同協議会は2019年からIoT機器セキュリティの認証制度を始めた。代表理事を務める荻野司氏が制度開始の狙いについて解説したのが、冒頭のコメントだ。

 

 

(右から)一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS) 代表理事 荻野司氏、共通要件WG 主査の伊藤公祐氏

(右から)一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS) 代表理事 荻野司氏、
共通要件WG 主査の伊藤公祐氏



IoT機器にセキュリティ基準がない現状、IoT機器のセキュリティ対策は企業ごとにかなりのレベル差がある。しかし、ユーザーからは、そのセキュリティレベルの差が見えにくいのが実態だ。

例えば、クラウドサービスには米国政府が定めた「Fed RAMP(Federal Risk and Authorization Management Program)」という調達用の基準があり、消費者はFedRAMP認証を基準にセキュアなサービスを選べる。しかし、「IoT機器用のセキュリティ認証は世界中でもないか、あっても流行ってない」のが現状だと荻野氏は説明する。

そうした背景からCCDSはIoT機器向けの認証プログラムを策定した。

日本では2020年4月から、IoT機器の技術基準適合認定(技適)の要件が変わる。(1)アクセス制御機能、(2)初期設定のパスワードの変更を促す等の機能、(3)ソフトウェアの更新機能、またはこれらと同等以上の機能が必須になった。とはいえ、これは「最低限のなかの最低限の対策」(荻野氏)。セキュアなIoT機器であると証明するために、実装すべき対策はさらに存在する。

ところが、IoTと一口に言っても、センサーからATMなどの金融端末まで様々な機器がある。これらを十把一絡げにした認証基準を設けるのは現実的ではない。

こうした事情から、CCDSは業界を横断かつ、レベルを3段階に分けた認証基準を作成する(図表1)。現時点ではまだCCDSの認証を受けた製品は世に出ていないが、すべてのIoT機器に実装すべき「レベル1」の要件が確定し、認証が始まった。レベル2以降は業界ごとに特化した高度な内容で、2020年秋ごろに策定される予定だという。

 

 

図表1 CCDSの認証プログラムの構成

図表1 CCDSの認証プログラムの構成

 

 

レベル1の要件は図表2の通り。特徴的なのが、IoT機器を運用管理するためのWeb、クラウドについてもSQLインジェクションなどのセキュリティ対策を必須としていることだ。

「現実的にはIoT機器が乗っ取られる時はほとんどWeb経由で侵入される。IoTのセキュリティを考える上でWebの要件を外すのはナンセンス」と荻野氏は強調する。

 

 

図表2 CCDSレベル1要件の概要

図表2 CCDSレベル1要件の概要

 

 

また、Wi-FiやBluetoothなどの通信方式およびその暗号化方式の、過去に見つかった脆弱性が古いバージョンのまま放置されていることで悪用されるケースも多い。そのため最新方式への対応も必須としている。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nttcom2005
dit2005
iij2005

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】コロナ・5G・AI 
    ネットワークにいま起きていること、これから向かう先

●コロナ禍とインターネット ●Zoom Japan 佐賀氏インタビューコロナ後もWeb会議は定着」 ●仮想空間に「出社」する時代へ ●ベライゾンビジネスCEOインタビュー「5Gがすべてを変えていく」 ●5Gで実現する「周波数共用」●AIがネットワークトラブルを勝手に解決

[ビジネス最前線]ドコモのローカル5G構築支援策/ソフトバンクのNB-IoT戦略 [ソリューション特集]クラウドプロキシ/脆弱性診断 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

e-Janネットワークス「明日からテレワーク」。そんな急なニーズにも安心・安全に応える

テレワークをすばやく全社展開できる「Splashtop for CACHATTO」

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

アライドテレシスNWベンダーならではの脆弱性診断
セキュリティの第一歩はここから!

アライドテレシスなら簡単かつ安価に脆弱性診断ができる!

NTTコミュニケーションズ「ゼロトラストセキュリティ」へ
移行するための5つのポイント

脱・境界型セキュリティを図るための要点をNTT Comに聞いた。

IIJマルチクラウドへの備えはココから
「SaaSが遅い」問題を手軽に解消

Office 365等のSaaSが迫る企業NWの再設計にIIJのクラウドプロキシ!

ジュニパーネットワークスAIがUXを最大化するネットワーク
トラブル解決を自動運転で!

AIが自律的に障害対応するNWを
ジュニパーはすでに商用で安定稼働

レッドハット5G×コンテナ基盤×アプリを
エッジで自律運用

5G時代のNWインフラはエッジも自律運用できるクラウドネイティブへ

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ゼットスケーラーゼットスケーラーだからできる!
セキュリティとNWの脱・レガシー

オンプレミス非依存のセキュリティと、場所に囚われないNWアクセスを

NetskopeなぜNetskopeならテレワークが進むのか? 秘訣は一元制御にあり!

セキュリティが不安でテレワークが進まない。そんな悩みを簡単解消!

シエナシエナが800G光伝送のトビラ開く
1波長で400Gイーサ×2chを伝送

「800ギガが欲しい」。キャリアやクラウド事業者の声にいち早く応えた

リコーの「ITKeeper Meraki スマートサービス」テレワークは安定した接続環境から

一人情シスでも安心! テレワークを支える安定したネットワーク環境整備をリコーが支援

SigfoxLPWAの先頭集団を行くSigfox
約85万件の大規模導入も!

人口カバー率95%を超えたSigfox。最大の導入事例がニチガスだ。

丸文5G時代の差別化戦略を下支え!

5G時代到来でキャリア、クラウド事業者等が迫られているネットワーク変革の課題解決に注力する丸文

ハイテクインター2.5GHz帯プライベートLTEの
基地局を「100万円以下」で!

ハイテクインターは自営等BWA導入の全ステップをサポート

マクニカネットワークス脱純正トランシーバーで成功例続々
データセンター100G化に新選択肢

サードパーティ製の光トランシーバーでコスト抑制と自由度向上!

ZETAアライアンス“ビジネスになるLPWA”に101社が結集 市場創出に挑むZETA

弾みが付いてきた新興のLPWA規格、ZETA。その可能性を探った。

ガスミエールLPWAで安価にガス事業の効率化!

アズビル金門の「ガスミエール」でLPガス事業の業務効率化!LTE-Mにより遠隔から遮断・復帰も!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPAA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます