キーパーソンが語る

「ローカル5Gは地域BWAと全然違う。約10社が6月までの開始を要望」グレープ・ワン小竹社長

聞き手◎太田智晴(編集部) 2020.03.31

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

グレープ・ワン 代表取締役社長
住友商事 ケーブルテレビ事業部長
小竹完治氏

ローカル5Gのプラットフォーム事業を展開する新会社、グレープ・ワンが立ち上がった。ローカル5Gのコアネットワークを構築し、日本ケーブルテレビ連盟と連携しながら、CATV業界の無線ビジネス発展の“黒子”となる考えだ。社長に就任した住友商事の小竹氏に、新会社設立の狙いから今後の展開までを聞いた。

 
――ローカル5Gの免許申請が始まった昨年12月24日、ローカル5Gプラットフォーム事業を展開する「株式会社グレープ・ワン」の立ち上げを発表し、社長に就任されました。新会社設立の経緯と狙いを教えてください。

小竹 全国には今、日本ケーブルテレビ連盟に加盟しているCATV事業者だけでも400弱ありますが、元々はテレビの再送信を各地域に提供することから始まりました。その後、多チャンネルテレビ、インターネットや固定電話もバンドル提供するトリプルプレイ、さらに近年はMVNOとして携帯電話も提供しています。このように大手キャリアと同じようなビジネスモデルで事業を展開する中、CATVが生き残るためには、厳しい言い方をすると、無線にもっと取り組む必要があるということが背景にはありました。

時間は掛かると思いますが、5Gになって放送も無線IPで提供できるようになれば、CATVの強みは失われます。今、CATV事業は非常に安定しており、当面すぐに事業の先行きが厳しくなるわけではありません。しかし、無線が有線を凌ぐようなキャパシティを持つとなれば、CATVの優位性が一気に損なわれてしまうという危機感が大いにありました。

そこでケーブルテレビ連盟では数年前から無線戦略について様々な議論がなされてきましたが、そうした中、ローカル5Gの制度ができることになり、ケーブルテレビ連盟から住友商事に「ローカル5Gのコアネットワークの構築を一緒にやらないか」という話がありました。

住友商事は30年前からCATV業界の発展に一緒に取り組んできました。また、住友商事自身が各産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していくうえでも、ローカル5Gは必要だろうと考えました。この2つの理由から、「要請にお応えしたい」とグレープ・ワンを立ち上げたのです。

――CATV業界の無線戦略を推進する会社としては、すでにMVNO事業プラットフォームの運営などを行う地域ワイヤレスジャパンがあり、同社も小竹氏が社長を務めています。地域ワイヤレスジャパンを母体にする考えはなかったのですか。

小竹 その議論はありましたが、コアネットワークを持つためには増資が必要でした。せっかく良い形で51のCATV事業者に地域ワイヤレスジャパンへ出資いただいているのに、現状の枠組みに変化があるのは望ましくないと考えました。

――そこで住友商事、インターネットイニシアティブ(IIJ)、地域ワイヤレスジャパン、そしてZTV、愛媛CATV、秋田ケーブルテレビ、ケーブルテレビ、多摩ケーブルネットワークのCATV5社の出資により、新たにグレープ・ワンを立ち上げたと。各社の役割を教えてください。

小竹 IIJはフルMVNOとしてコアネットワークの運用経験を持っており、技術面での支援を頂けます。CATV5社は、先駆けてローカル5Gにチャレンジされる方ですね。無線戦略の立案については、引き続きケーブルテレビ連盟と連携しながら、地域ワイヤレスジャパンが担っていきます。グレープ・ワンはその黒子としてコアネットワークの構築と運用を引き受けるという位置づけです。

コアネットワークを持つには2桁億円が必要ですが、住友商事はそのリスクを負担しながら、全体を取りまとめる立場になります。各社の出資比率は非公開ですが、グレープ・ワンは住友商事の連結子会社。つまり出資比率は50%超です。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

小竹完治(こたけ・かんじ)氏

1989年4月、住友商事入社。2012年4月ジュピターテレコム 理事 営業本部長、2014年4月ジュピターテレコム 法人営業本部長。2017年4月、住友商事 ケーブルテレビ事業部長(現任)、地域ワイヤレスジャパン 代表取締役社長(現任)。2019年8月、グレープ・ワン 代表取締役社長(現任)
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。