ICT×未来

楽天が狙う「5G×MEC革命」 エッジコンピューティングを全国展開

文◎原田果林(編集部) 2019.11.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

モバイル業界に「革命を起こす」という楽天が、スタートでつまづいた。ただ、まだその成否がはっきりしたわけではない。楽天は、全国4000カ所以上にモバイルエッジコンピューティング環境を展開するという計画も掲げる。実現すれば、5G×MEC革命は、日本で最初に起こることになるかもしれない。

 
「5Gになると世の中が一気に変わる。その大きなポイントとなるのがモバイルエッジコンピューティング(MEC)だ」。楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は7月末、同社のイベント「Rakuten Optimism 2019」でこう力説した。

三木谷氏とRakuten Optimism2019で対談したインテル CEOのロバート・スワン氏も「5Gが実現すると、コンピューティングは将来、ネットワークのエッジで行われるようになる。ネットワークがクラウド化され、コンピューティングはネットワークへとシフトしていく」と賛同する。

今年10月、無償サービスという形で限定的にMNOサービスを開始した楽天モバイル。既存MNOとの最大の違いとしてアピールしているのが、“世界初”とうたう「完全仮想化クラウドネイティブネットワーク」だ。コアネットワークから基地局などのRAN(Radio Access Network)までをエンドツーエンドで仮想化する。

「自動車にたとえると、iPhoneが“クルマ”の革命だったとすれば、楽天モバイルは“道路”の革命を起こす」。三木谷氏はこう意気込むが、この革命は一体何をもたらすのか。実は、その1つがMECである。MECとは、ユーザーの近くにコンピューティングリソースを置いて処理するアーキテクチャのこと。楽天モバイルは仮想化されたRANを活用し、日本全国4000カ所以上にMEC環境を構築する計画だ。

「(自分がいる場所の)大体2~5km以内に、皆が大規模なコンピューターを持つことになると思ってほしい」(三木谷氏)

 

図表1 MECのイメージ
図表1 MECのイメージ


低コストで全国展開できる理由5Gには高速大容量、多数同時接続、低遅延の3つの特徴がある。三木谷氏がなかでも重視するのは低遅延だ。「今、クラウドで音声認識を行うと少し遅延がある。それはクラウド上のサーバーで処理して、インターネットを通って返ってくるからだ。しかし、5Gになると、すぐにレスポンスが返ってくる」。その理由は無線技術の進歩だけではない。重要な役割を果たすのがMECだ。

現状、多くのアプリケーションがクラウド上で提供されているが、クラウドを利用するには長い道のりがある。まずは通信事業者のRANとコアネットワークを通り、それからインターネットを経由して、ようやくクラウド事業者のデータセンター上のサーバーに辿り着く。これに対して、MECサーバーはクラウドサーバーよりも近くにあるため、遅延を大幅に短縮できる。

楽天モバイルは、具体的にはRAN(基地局)上にMECサーバーを設置する。基地局は、無線部のRRH(Remote Radio Head)と制御部のBBU(Base Band Unit)からなる。最近はRRHとBBUを分離し、複数のRRHを離れた場所にあるBBUで集中制御する構成が主流になっているが、楽天モバイルがMECサーバーを設置するのはBBUのロケーションだ。

 

図表2 楽天の基地局
図表2 楽天の基地局


同社は、台湾のODMベンダーであるクワンタム・テクノロジーの汎用サーバー上に、ソフトウェアでBBU機能を実装することでvBBU化を図る。この仮想BBU用の汎用サーバー上に、MEC用のアプリケーションも併せて実装。BBU用のハードウェアをMECにも利用することで、低コストでMECを全国展開しようとしているのだ。

左は楽天のRRH、右はvBBU兼MECサーバー
左は楽天のRRH、右はvBBU兼MECサーバー



5G時代、MECが重要なカギを握ると見ているのは、既存MNOも一緒だ。しかし、汎用サーバーではなく、専用装置でBBUを実装している既存MNOの場合、BBUのロケーションにMECを展開するためには、大量のMEC専用サーバーを購入して設置する必要がある。当然、設備費用も導入・構築の手間も莫大になってしまう。

最初からRANを仮想化している楽天モバイルだからこそ、いち早くMECの全国展開計画を打ち出すことができたと言える。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamato1911
1912_webex
1912_hcn

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G最前線!
[Part1]ローカル5G免許を取得する [Part2]ローカル5G制度の今後 4.5GHz帯は屋内限定が有力 [Part3]ローカル5GはWi-Fi 6とどう違う? [Part4]ローカル5GのコアNWの導入形態 [Part5]ローカル5Gの無線アクセスの選び方

[インタビュー] 大阪大学教授 三瓶政一氏「ローカル5Gの本質とは? 4Gとは違い、日本に勝つ能力」 [ソリューション特集]Web会議は「3強」時代へ/シングルサインオン&特権ID管理 [IoT/M2M]オートバックスのIoT戦略 [イベントレポート]MWC Los Angeles ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます