ICT×未来

楽天が狙う「5G×MEC革命」 エッジコンピューティングを全国展開

文◎原田果林(編集部) 2019.11.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

モバイル業界に「革命を起こす」という楽天が、スタートでつまづいた。ただ、まだその成否がはっきりしたわけではない。楽天は、全国4000カ所以上にモバイルエッジコンピューティング環境を展開するという計画も掲げる。実現すれば、5G×MEC革命は、日本で最初に起こることになるかもしれない。

 
「5Gになると世の中が一気に変わる。その大きなポイントとなるのがモバイルエッジコンピューティング(MEC)だ」。楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は7月末、同社のイベント「Rakuten Optimism 2019」でこう力説した。

三木谷氏とRakuten Optimism2019で対談したインテル CEOのロバート・スワン氏も「5Gが実現すると、コンピューティングは将来、ネットワークのエッジで行われるようになる。ネットワークがクラウド化され、コンピューティングはネットワークへとシフトしていく」と賛同する。

今年10月、無償サービスという形で限定的にMNOサービスを開始した楽天モバイル。既存MNOとの最大の違いとしてアピールしているのが、“世界初”とうたう「完全仮想化クラウドネイティブネットワーク」だ。コアネットワークから基地局などのRAN(Radio Access Network)までをエンドツーエンドで仮想化する。

「自動車にたとえると、iPhoneが“クルマ”の革命だったとすれば、楽天モバイルは“道路”の革命を起こす」。三木谷氏はこう意気込むが、この革命は一体何をもたらすのか。実は、その1つがMECである。MECとは、ユーザーの近くにコンピューティングリソースを置いて処理するアーキテクチャのこと。楽天モバイルは仮想化されたRANを活用し、日本全国4000カ所以上にMEC環境を構築する計画だ。

「(自分がいる場所の)大体2~5km以内に、皆が大規模なコンピューターを持つことになると思ってほしい」(三木谷氏)

 

図表1 MECのイメージ
図表1 MECのイメージ


低コストで全国展開できる理由5Gには高速大容量、多数同時接続、低遅延の3つの特徴がある。三木谷氏がなかでも重視するのは低遅延だ。「今、クラウドで音声認識を行うと少し遅延がある。それはクラウド上のサーバーで処理して、インターネットを通って返ってくるからだ。しかし、5Gになると、すぐにレスポンスが返ってくる」。その理由は無線技術の進歩だけではない。重要な役割を果たすのがMECだ。

現状、多くのアプリケーションがクラウド上で提供されているが、クラウドを利用するには長い道のりがある。まずは通信事業者のRANとコアネットワークを通り、それからインターネットを経由して、ようやくクラウド事業者のデータセンター上のサーバーに辿り着く。これに対して、MECサーバーはクラウドサーバーよりも近くにあるため、遅延を大幅に短縮できる。

楽天モバイルは、具体的にはRAN(基地局)上にMECサーバーを設置する。基地局は、無線部のRRH(Remote Radio Head)と制御部のBBU(Base Band Unit)からなる。最近はRRHとBBUを分離し、複数のRRHを離れた場所にあるBBUで集中制御する構成が主流になっているが、楽天モバイルがMECサーバーを設置するのはBBUのロケーションだ。

 

図表2 楽天の基地局
図表2 楽天の基地局


同社は、台湾のODMベンダーであるクワンタム・テクノロジーの汎用サーバー上に、ソフトウェアでBBU機能を実装することでvBBU化を図る。この仮想BBU用の汎用サーバー上に、MEC用のアプリケーションも併せて実装。BBU用のハードウェアをMECにも利用することで、低コストでMECを全国展開しようとしているのだ。

左は楽天のRRH、右はvBBU兼MECサーバー
左は楽天のRRH、右はvBBU兼MECサーバー



5G時代、MECが重要なカギを握ると見ているのは、既存MNOも一緒だ。しかし、汎用サーバーではなく、専用装置でBBUを実装している既存MNOの場合、BBUのロケーションにMECを展開するためには、大量のMEC専用サーバーを購入して設置する必要がある。当然、設備費用も導入・構築の手間も莫大になってしまう。

最初からRANを仮想化している楽天モバイルだからこそ、いち早くMECの全国展開計画を打ち出すことができたと言える。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

juniper2003
citrix2003
softbank2003

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPPA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます