ICT×未来

楽天が狙う「5G×MEC革命」 エッジコンピューティングを全国展開

文◎原田果林(編集部) 2019.11.25

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

モバイル業界に「革命を起こす」という楽天が、スタートでつまづいた。ただ、まだその成否がはっきりしたわけではない。楽天は、全国4000カ所以上にモバイルエッジコンピューティング環境を展開するという計画も掲げる。実現すれば、5G×MEC革命は、日本で最初に起こることになるかもしれない。

 
「5Gになると世の中が一気に変わる。その大きなポイントとなるのがモバイルエッジコンピューティング(MEC)だ」。楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は7月末、同社のイベント「Rakuten Optimism 2019」でこう力説した。

三木谷氏とRakuten Optimism2019で対談したインテル CEOのロバート・スワン氏も「5Gが実現すると、コンピューティングは将来、ネットワークのエッジで行われるようになる。ネットワークがクラウド化され、コンピューティングはネットワークへとシフトしていく」と賛同する。

今年10月、無償サービスという形で限定的にMNOサービスを開始した楽天モバイル。既存MNOとの最大の違いとしてアピールしているのが、“世界初”とうたう「完全仮想化クラウドネイティブネットワーク」だ。コアネットワークから基地局などのRAN(Radio Access Network)までをエンドツーエンドで仮想化する。

「自動車にたとえると、iPhoneが“クルマ”の革命だったとすれば、楽天モバイルは“道路”の革命を起こす」。三木谷氏はこう意気込むが、この革命は一体何をもたらすのか。実は、その1つがMECである。MECとは、ユーザーの近くにコンピューティングリソースを置いて処理するアーキテクチャのこと。楽天モバイルは仮想化されたRANを活用し、日本全国4000カ所以上にMEC環境を構築する計画だ。

「(自分がいる場所の)大体2~5km以内に、皆が大規模なコンピューターを持つことになると思ってほしい」(三木谷氏)

 

図表1 MECのイメージ
図表1 MECのイメージ


低コストで全国展開できる理由5Gには高速大容量、多数同時接続、低遅延の3つの特徴がある。三木谷氏がなかでも重視するのは低遅延だ。「今、クラウドで音声認識を行うと少し遅延がある。それはクラウド上のサーバーで処理して、インターネットを通って返ってくるからだ。しかし、5Gになると、すぐにレスポンスが返ってくる」。その理由は無線技術の進歩だけではない。重要な役割を果たすのがMECだ。

現状、多くのアプリケーションがクラウド上で提供されているが、クラウドを利用するには長い道のりがある。まずは通信事業者のRANとコアネットワークを通り、それからインターネットを経由して、ようやくクラウド事業者のデータセンター上のサーバーに辿り着く。これに対して、MECサーバーはクラウドサーバーよりも近くにあるため、遅延を大幅に短縮できる。

楽天モバイルは、具体的にはRAN(基地局)上にMECサーバーを設置する。基地局は、無線部のRRH(Remote Radio Head)と制御部のBBU(Base Band Unit)からなる。最近はRRHとBBUを分離し、複数のRRHを離れた場所にあるBBUで集中制御する構成が主流になっているが、楽天モバイルがMECサーバーを設置するのはBBUのロケーションだ。

 

図表2 楽天の基地局
図表2 楽天の基地局


同社は、台湾のODMベンダーであるクワンタム・テクノロジーの汎用サーバー上に、ソフトウェアでBBU機能を実装することでvBBU化を図る。この仮想BBU用の汎用サーバー上に、MEC用のアプリケーションも併せて実装。BBU用のハードウェアをMECにも利用することで、低コストでMECを全国展開しようとしているのだ。

左は楽天のRRH、右はvBBU兼MECサーバー
左は楽天のRRH、右はvBBU兼MECサーバー



5G時代、MECが重要なカギを握ると見ているのは、既存MNOも一緒だ。しかし、汎用サーバーではなく、専用装置でBBUを実装している既存MNOの場合、BBUのロケーションにMECを展開するためには、大量のMEC専用サーバーを購入して設置する必要がある。当然、設備費用も導入・構築の手間も莫大になってしまう。

最初からRANを仮想化している楽天モバイルだからこそ、いち早くMECの全国展開計画を打ち出すことができたと言える。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

MI2204
nttdata2204
junipervideo01

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。