企業ネットワーク最前線

<シリーズ>キャリアネットワークのメガトレンド

5Gインフラは「共有」する――コストを抑えて全国展開

文◎松本一郎(編集部) 2019.07.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

独自にインフラを構築することの多かったモバイル業界でもシェアリングが広がっている。総務省もシェアリングを促進するため、ガイドラインを策定。5G時代に向けてインフラを共有する取り組みが増えそうだ。

 
所有から利用へ――。近年、ヒト・モノ・場所・乗り物・お金などあらゆるものが共有されるようになったが、モバイル業界でもシェアリングが広がろうとしている。

これまでも、一部領域で設備を共有する事例はあった。例えば、地下鉄などの収容スペースが不足しがちな空間においては、大手キャリアのメンバーなどが役員を務める社団法人 移動通信基盤整備協会が主導して漏洩同軸ケーブルや光伝送装置、アンテナなどを設置し共有していた。ただし、これはあくまで例外的なケース。ユーザーへの重要な訴求ポイントとなるエリア拡大のため、各キャリアは競争しながらインフラに投資してきた。

5Gはインフラコストがかさむしかし、これからは風向きが少し変わりそうだ。契機となるのは5Gである。今年4月に割り当てられた5G用周波数は、3.7GHz/4.5GHz帯とミリ波の28GHz帯。3Gや4G/LTE用に割り当てられている従来の周波数と比べると直進性が高く、障害物に弱い。そのためアンテナを多数設置してカバーしていく必要がある。

加えて、今後はルーラル地域への早期展開も必要になる。3Gや4G/LTEの時代は採算が取りづらいルーラル地域への整備は後回しにされがちだった。しかし、総務省は5G用周波数の割当において、地方にも早期に展開できるかを重視。2年以内に全都道府県でのサービス開始を求め、キャリア側も積極的に地方展開する計画を総務省に提出している。

逆に都心でも課題がある。スモールセル用のアンテナは通常、建物の屋上や中低層階の壁面に取り付ける。しかし、景観を損ねるという理由でビルの所有者から許可されないケースがあり、思うようにアンテナを設置できない。

こうした背景の中、各キャリアは投資負担を抑制しつつ迅速にサービスエリアを拡大する手法としてシェアリングに期待しているのである。

政府の動きも追い風だ。総務省は2018年12月、「移動通信分野におけるインフラシェアリングに係る電気通信事業法及び電波法の適用関係に関するガイドライン案」を発表した。原則や関係法令の適用条件などを示し、鉄塔やアンテナ、基地局装置などの各領域でインフラシェアリングを促している(図表1)。

 

図表1 インフラシェアリングの概要(イメージ図)
図表1 インフラシェアリングの概要(イメージ図)

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます