ニュース

ワイヤレスジャパン 2019/ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2019 基調講演レポート

海外で次々実用化「物流IoTやるならSigfox」の理由

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.05.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2017年にSigfox通信サービスを開始した京セラコミュニケーションシステム(KCCS)。人口カバー率は95%に達し、全国各地で広くSigfoxが使える環境が整った。ワイヤレスジャパン2019基調講演に登壇したLPWAソリューション事業部長の松木憲一氏は、SigfoxによるIoTの展開をいよいよ本格化させる時期に来たと話した。特に、Sigfoxの特徴が活かせる物流IoTを推進するという。


IoTに適した無線通信技術LPWAの1つであるSigfoxは、2017年にKCCSが日本国内でのサービスをスタート。そのネットワークは2年間で、人口カバー率95%に達した(2019年3月時点)。また、パートナー企業からは多種多様なSigfox対応デバイスが登場。全国各地で様々な実証実験、トライアルが行われ、ユースケース開拓とニーズの掘り起こしも進んだ。


人工カバー率は95%を達成。今後は、ゲートウェイのレンタルにより、屋内のSigfoxエリア化も促進する


基調講演に登壇した、KCCS 取締役 LPWAソリューション事業部長の松木憲一氏はこれまでの取り組みを「ホップ、ステップの2年間」と振り返ったうえで、「いよいよジャンプの段階に来ている」と話した。

それを裏付けるSigfoxの実用例が次々と出てきている。

最新のユースケースとして松木氏が紹介したのが、関西エアポートが国内空港で初めて導入した「Customer Feedback Device」だ。関西国際空港の利用客の満足度を測定するデバイスで、チェックインカウンターや保安検査場等に85台を設置している。

また、埼玉県飯能市では鳥獣害対策用のわなの作動を遠隔で検知するシステムが採用された。イノシシ等の害獣がわなにかかると、その情報がSigfox経由で通知される仕組みだ。

大阪ガスでは、工場や店舗のメーターを定期的に計測し、過剰な利用を検知するとメール等で知らせる簡易計測サービスにもSigfoxが採用されている。既存のメーターに後付けしてスマート化できるSigfox通信モジュールを利用しているという。



KCCS 取締役 LPWAソリューション事業部長の松木憲一氏(左)と、
LPWAソリューション課 責任者の宮下純一氏

Sigfoxの強みは「位置情報」
様々な分野でSigfoxの利用が広がっているなか、特にKCCSが力を入れているのが物流向けのIoTソリューションだ。輸送用のコンテナやパレット、ボックス/パーセル等にSigfox通信モジュールを取り付け、その位置情報を収集。管理コストの低減や、利用効率の向上、紛失防止に役立てる。

こうした用途にSigfoxが適している理由について、LPWAソリューション課 責任者の宮下純一氏は「コンテナやパレット等そのものが高価ではなく、測位デバイスや通信コストを低く抑えなければならない」ことを挙げた。通信料が安く、安価なデバイスを調達しやすいSigfoxは、まさにうってつけというわけだ。

また、Sigfoxそのものが測位機能を備え、またそれを強化している点も大きな理由という。下写真は、Sigfoxが備えるジオロケーションテクノロジーを示したものだ。



Sigfox基地局で測位するNativeのほか、Wi-Fi測位、ビーコン測位技術も追加される


「Atlas Native」は、Sigfox基地局が受ける電波の受信強度でデバイスの位置を測るもので、精度は数kmと低いが、屋外でも屋内でも使えること、GPS等が不要でSigfox通信機能だけで位置測位が可能なこと、消費電力が少ないことなどが利点という。また、2019年夏には、Wi-Fi電波を使って最大200mの精度でデバイスの位置が測れる「Atlas Wi-Fi」がリリースされる。これも屋内外で利用が可能だ。

2020年には新技術「Sigfox Bubble」も登場する。「Sigfoxビーコン」とも呼ばれる通信機能であり、デバイス間でSigfox電波の強度によって位置情報を取得する。最大10mと高精度な位置測位が可能だという。

世界中どこでも1契約でつながるグローバルローミング
さらに宮下氏は、国際物流に適した特徴として、Sigfoxのグローバルローミングサービス「Sigfox Monarch」も紹介した。

世界60カ国で利用できる(2019年5月時点)Sigfoxは、国によって利用する周波数が異なり、現時点で6種類の周波数を用いているという。Sigfox Monarchは、この周波数切替を自動的に行う機能だ。Sigfoxデバイスが異なる周波数帯を用いるエリアに移動した際に、設定変更等の作業をすることなく自動的に、移動先のSigfoxへシームレスにつながる。

このMonarchはすでに、ルイビトンのバッグ追跡サービスにも採用されている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

saxa1906
NTTコムウェア1906
ciena1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます