企業ネットワーク最前線

ジュニパーのセキュリティ責任者「単一ベンダーのセキュリティ対策は高コスト」

文◎太田智晴(編集部) 2019.04.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ジュニパーネットワークスが新たなビジョン「ジュニパーコネクテッドセキュリティ」を打ち出した。そこで強調しているのは、単一ベンダーのセキュリティプラットフォームを採用することの危険性。同社はパートナー企業との連携を重視している。

 
「単一ベンダーのセキュリティプラットフォーム戦略に従うことは、コストの増加を意味する」――。米ジュニパーネットワークスでセキュリティビジネスの責任者を務めるサマンサ・マドリード氏は2019年4月24日、都内で記者会見を開き、こう警告した。

米ジュニパーネットワークス サマンサ・マドリード氏
米ジュニパーネットワークス
セキュリティ・ビジネス&ストラテジー担当副社長
サマンサ・マドリード氏



コストが増加するのは、セキュリティ対策の強化などを行う際、「すでに投資しているセキュリティ技術を置き換えていく必要がある」からだという。また、データ保護の重要性が高まるなか、各国で規制強化の動きが起きているが、単一ベンダーのセキュリティプラットフォームでは、「各国の規制に対応することは難しい」ともマドリード氏は指摘した。

これに対して、ジュニパーが推し進めているのは「andの戦略であり、orの戦略ではない」――。同社はパートナーとの連携に注力しており、「お客様は投資済みのセキュリティ技術を活用できる」とマドリード氏は強調した。

ジュニパーのセキュリティパートナー
ジュニパーのセキュリティパートナー



こうした同社のセキュリティ戦略は、「ジュニパーコネクテッドセキュリティ」として、今年3月に米国で開催された「RSA Conference 2019」で発表されたものだ。

ここで使われている“コネクテッド”という言葉には、様々なセキュリティベンダーの製品とコネクテッドしながら、脅威を防御しようという意味も込められているのだろう。

ジュニパーコネクテッドセキュリティの概要
ジュニパーコネクテッドセキュリティの概要


また、あらゆるモノが“コネクテッド”になっていくIoT時代を意識したネーミングとも言える。

「セキュリティにおいて、まず課題としてあるのが、大量のデータが存在し、それを見る人材が不足していること。平均的なエンタープライズでは、毎月1万ほどのアラートに対応しなければならない」

マドリード氏はこう説明したうえで、「これにIoTも加わると、さらにアラートの数は増えることになる」と語った。

IoT時代、ますます増加していくアラートに人海戦術で対応していくわけにはいかない。そこで必要不可欠になるのが、自動化のテクノロジーだ。

ジュニパーは、サードパーティのファイアウォールやエンドポイントセキュリティ製品などとも連携しながら、自動分析や自動可視化、自動での隔離などを実行できる「Juniper Advanced Threat Prevention」(JATP)を提供している(関連記事:ジュニパーの統合セキュリティが強化――サードパーティ連携で可視化・ブロックを自動化

ジュニパーのセキュリティポートフォリオ
ジュニパーのセキュリティポートフォリオ。マドリード氏は「ポートフォリオを揃えている」と紹介したうえで、「繰り返すが(我々の製品にすべて置き換える必要はなく)投資済みのセキュリティを活用できる」と話した

 

IoTについては、導入事例も紹介された。ある多国籍企業の事例である。

同社の工場のOTネットワークは、標準化されていない独自のプロトコルを採用し、以前はセキュリティ対策を施していなかった。そこでいくつかのセキュリティベンダーと、日本工場でPoCを実施。最終的にジュニパーコネクテッドセキュリティが選ばれたという。

インダストリアルIoTにも注力するジュニパー
インダストリアルIoTにも注力するジュニパー

スペシャルトピックスPR

apresia2001
HACCP2001
zscaler1911

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます