企業ネットワーク最前線

ジュニパーのセキュリティ責任者「単一ベンダーのセキュリティ対策は高コスト」

文◎太田智晴(編集部) 2019.04.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ジュニパーネットワークスが新たなビジョン「ジュニパーコネクテッドセキュリティ」を打ち出した。そこで強調しているのは、単一ベンダーのセキュリティプラットフォームを採用することの危険性。同社はパートナー企業との連携を重視している。

 
「単一ベンダーのセキュリティプラットフォーム戦略に従うことは、コストの増加を意味する」――。米ジュニパーネットワークスでセキュリティビジネスの責任者を務めるサマンサ・マドリード氏は2019年4月24日、都内で記者会見を開き、こう警告した。

米ジュニパーネットワークス サマンサ・マドリード氏
米ジュニパーネットワークス
セキュリティ・ビジネス&ストラテジー担当副社長
サマンサ・マドリード氏



コストが増加するのは、セキュリティ対策の強化などを行う際、「すでに投資しているセキュリティ技術を置き換えていく必要がある」からだという。また、データ保護の重要性が高まるなか、各国で規制強化の動きが起きているが、単一ベンダーのセキュリティプラットフォームでは、「各国の規制に対応することは難しい」ともマドリード氏は指摘した。

これに対して、ジュニパーが推し進めているのは「andの戦略であり、orの戦略ではない」――。同社はパートナーとの連携に注力しており、「お客様は投資済みのセキュリティ技術を活用できる」とマドリード氏は強調した。

ジュニパーのセキュリティパートナー
ジュニパーのセキュリティパートナー



こうした同社のセキュリティ戦略は、「ジュニパーコネクテッドセキュリティ」として、今年3月に米国で開催された「RSA Conference 2019」で発表されたものだ。

ここで使われている“コネクテッド”という言葉には、様々なセキュリティベンダーの製品とコネクテッドしながら、脅威を防御しようという意味も込められているのだろう。

ジュニパーコネクテッドセキュリティの概要
ジュニパーコネクテッドセキュリティの概要


また、あらゆるモノが“コネクテッド”になっていくIoT時代を意識したネーミングとも言える。

「セキュリティにおいて、まず課題としてあるのが、大量のデータが存在し、それを見る人材が不足していること。平均的なエンタープライズでは、毎月1万ほどのアラートに対応しなければならない」

マドリード氏はこう説明したうえで、「これにIoTも加わると、さらにアラートの数は増えることになる」と語った。

IoT時代、ますます増加していくアラートに人海戦術で対応していくわけにはいかない。そこで必要不可欠になるのが、自動化のテクノロジーだ。

ジュニパーは、サードパーティのファイアウォールやエンドポイントセキュリティ製品などとも連携しながら、自動分析や自動可視化、自動での隔離などを実行できる「Juniper Advanced Threat Prevention」(JATP)を提供している(関連記事:ジュニパーの統合セキュリティが強化――サードパーティ連携で可視化・ブロックを自動化

ジュニパーのセキュリティポートフォリオ
ジュニパーのセキュリティポートフォリオ。マドリード氏は「ポートフォリオを揃えている」と紹介したうえで、「繰り返すが(我々の製品にすべて置き換える必要はなく)投資済みのセキュリティを活用できる」と話した

 

IoTについては、導入事例も紹介された。ある多国籍企業の事例である。

同社の工場のOTネットワークは、標準化されていない独自のプロトコルを採用し、以前はセキュリティ対策を施していなかった。そこでいくつかのセキュリティベンダーと、日本工場でPoCを実施。最終的にジュニパーコネクテッドセキュリティが選ばれたという。

インダストリアルIoTにも注力するジュニパー
インダストリアルIoTにも注力するジュニパー

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます