導入事例

味の素、Web電話帳「連絡とれるくん」を導入

文◎business network.jp編集部 2019.04.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Phone Appliは2019年4月22日、味の素が同社のWeb電話帳アプリケーション「連絡とれるくん」を導入したと発表した。

テレワーク制度の大幅なルール緩和や本社のフリーアドレス化など、働き方改革を推進するなか、味の素では社員間および社外とのコミュニケーションについて2つの課題に直面。その解決策として、電話帳と名刺管理ツールの両方の機能を持つ連絡とれるくんを導入したという。

味の素が直面した1つめの課題は、社員の連絡先を管理する電話帳システムの新しいワークスタイルへの対応だ。固定席の固定電話で連絡を取り合うことを前提としていた既存の電話帳システムは、在宅勤務やフリーアドレス環境には適さなかった。

2つめは、名刺情報のペーパーレス化と共用化である。顧客・取引先の連絡先を名刺そのもので管理することは、在宅勤務やフリーアドレスの足枷になりかねなかったほか、名刺情報の共用も難しかった。

「他にも検討したが、電話帳か名刺管理かどちらかの機能を持つツールがほとんどで、連絡とれるくんのように両方を兼ねているものは少ない。ツールの数が増えると社員が使いこなすのが難しくなるので、できるだけ集約したほうがいい。連絡とれるくんなら両方できる、というのは採用の大きな決め手になった」と味の素 情報企画部 IT基盤グループの田中達也氏はコメントしている。

加えて、iPhoneでの使い勝手や人事システムとの連携も決め手になったという。味の素では、すでに本社および営業職の社員にスマートフォンを配布しているが、さらに2019年度中をめどに本社地区以外の社員全員にもiPhoneを配布することを計画している。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます