キーパーソンが語る

次世代サービスプロバイダーサミット 2018 講演レポート

データセンターの「光100ギガ化」を劇的コストで実現するには?――Finisar、ドワンゴ、ブロードバンドタワーが講演

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2019.01.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

データセンターネットワークの100Gbps化が進展している。低コストな新技術が登場しているからだ。光通信のトップベンダーであるFinisar社の高橋庸輔氏は光通信の最新動向を解説。そして、ブロードバンドタワーの西野大氏とドワンゴの東松裕道氏は、サードパーティ製光トランシーバーを活用したデータセンターネットワークの「格安100Gbps化術」を紹介した。

 
「次世代サービスプロバイダーサミット 2018」のマクニカネットワークスのセッションでは、「光通信のグローバルリーダーによる未来社会を支えるネットワークインフラ革新に向けた取り組み」と題して、同社が取り扱う米Finisar社の光トランシーバー製品を軸に、データセンターにおける光通信の最新トレンドが紹介された。

カリフォルニア州サニーベールに本社を置くFinisar社は光トランシーバーで世界トップシェア(売上ベースで22%)を持つ、光トランシーバーの専業メーカーである。

Finisar社の光トランシーバーは、シスコシステムズやジュニパーネットワークス、デル、IBM、HPE、ノキア、NEC、富士通など主要なネットワークベンダーの製品に広く採用されている。また、米国で1300件の特許を取得するなど、技術面でも光ネットワーク市場をリードしている。

まず演壇に立ったフィニサージャパン 営業部長の高橋庸輔氏は、光ネットワークのトレンドとして、データセンターネットワークの高速化が急速に進んでいることを挙げた。

フィニサージャパン 営業部長 高橋庸輔氏
フィニサージャパン 営業部長 高橋庸輔氏



「2017年から2018年にかけて、サーバーとスイッチ間などのラック内接続を10Gbpsから25Gbpsにアップグレードする動きが一気に盛り上がってきた。ラック間接続についても25Gbpsの光ケーブルを4本束ねて100Gbpsでつなぐ動きが広がってきている。データセンターから外に出ていく長距離通信も100Gbpsが標準になってきている」

さらに、「今後は、ラック内の25Gbpsが50Gbps、あるいは一気に100Gbpsに移行するといった形で、ラック内、ラック間、長距離通信のすべてが広帯域化していく」と高橋氏は予想した。

データセンターにおける光接続の広帯域化のトレンド
データセンターにおける光接続の広帯域化のトレンド



こうしたデータセンターにおける光ネットワークの広帯域化の大きな特徴として高橋氏は、「IEEEで策定された標準規格にこだわらず、いかに安く、効率的にネットワーク作れるかを重視するお客様が多い」ことを強調した。「この点がキャリアネットワークと大きく異なる」という。

その代表例が「SWDM4」だ。

キャリアネットワークでは、IEEE標準の40/100Gbpsイーサネット(40/100GBASE-SR4)が普及している。40/100GBASE-SR4は、送受信にそれぞれ4芯を用いるパラレルファイバーを使う。

対してデータセンターネットワークの場合、10Gbpsイーサネット用のデュプレックスファイバー(2芯)の既存インフラを活かして広帯域化したいという要望が強い。これを可能にするのがSWDM4で、最近データセンターで積極的に使われ始めているという。

Finisar社のSWDM4対応光トランシーバーは、40/100GBASE-SR4のインターフェースの先に短波長光多重化装置を付加することで、デュプレックスファイバーのままで10Gbpsを超える高速通信を実現できる。光トランシーバーの形状は、40/100GBASE-SR4で広く使われているQSFP28仕様に準拠しており、40/100GBASE-SR4に対応した光トランシーバーを置き換える形で導入できる。

このSWDM4は、光トランシーバーやネットワーク機器、計測器、光ファイバーのメーカーなどが参加するSWDMアライアンスが推進する技術規格だ。

データセンターのニーズに対応した「SWDM4」
データセンターのニーズに対応したソリューション1「SWDM4」





もう1つ、大規模データセンターを中心に利用が広がっている新たな技術規格として、高橋氏は「CWDM4-OCP」を紹介した。

CWDM4-OCPは、最大2kmの100Gbps光通信を低コストで実現するCWDM4を、データセンター向けに簡易化したもの。Facebookが主導するオープン・コンピューティング・プロジェクト(OCP)で規格化された。

伝送距離を500mに短縮したほか、空調の効いたデータセンターでの利用を前提に動作温度範囲を0~70℃から15~55℃に狭めることで、さらなる低価格化を可能にした。Finisar社ではCWDM4-OCPに対応したQSFP28仕様の光トランシーバーを「CWDM4 Lite」の製品名で展開している。

「CWDM4はコストパフォーマンスに優れた技術だが、Liteではさらに製品1個当たり1~2万円ほど単価が下がる。数万ポートの規模で導入される大規模データセンターでは大きなコスト削減につながる」と高橋氏は説明した。

データセンターのニーズに対応したソリューション2「CWDM4-OCP」
データセンターのニーズに対応したソリューション2「CWDM4-OCP」



最後に高橋氏は、「現在、10Gbps、40Gbpsの光接続を行っているデータセンターにとって、100Gbps化は最もコストパフォーマンスの高いソリューション。既存のマルチファイバーをそのまま利用できるSWDM4などの技術を活用してデータセンターを再構築する動きが、さらに広がっていくだろう」と述べて演台を降りた。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

intel1906
extreme1906
nttcom1906sp

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます