企業ネットワーク最前線

[特集]エッジコンピューティング最新案内

MEC標準化の最新動向――APIで様々な網機能をパートナーが利用可能

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.11.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

モバイル網にエッジコンピューティングの仕組みを実装するMEC――。その標準化が新たな局面を迎えている。パートナーに網機能を開放するためのAPIが拡充され、固定網に関する議論も始まった。

 

昨年来、携帯電話事業者によるエッジコンピューティングのトライアルが、数多く実施されるようになってきた。

その実現技術として広く用いられているのが、ETSI(欧州電気通信標準化機構)で2014年12月から標準化が進められている「MEC(Multi-access Edge Computing)」である。

LTEなどのモバイル通信サービスを用いてクラウドにアクセスする場合、端末とクラウドは一般的に、基地局、コアネットワーク、そしてゲートウェイを介してインターネット経由でつながることになる。このため、どうしても遅延が大きくなる。

そこでクラウドで行っているデータ処理(あるいはその一部)をモバイル網の端末に近い場所で行い、遅延要件の厳しいアプリケーションなどにも対応できるようにしようというのがMECのコンセプトだ。

さらにモバイル網だけではなく、固定網やWi-Fiなど多様なアクセスにも対象を広げるため、ETSIは2017年9月、当初のMobile Edge Computingから略称が同じMECとなる現在のMulti-access Edge Computingへ名称を変更している。

ボーダフォン、ノキア、インテル、NTTドコモ、ファーウェイ、IBMの6社で発足したETSIの標準化グループ(MEC ISG)には現在約80社が参加している。

混雑状況や端末IDをAPIで取得MECを実現するにあたっては、交換機能を担うコアネットワークを経由させることなく、エッジに置いたアプリケーションサーバーと端末が直接やりとりできるようになる必要がある。そこでMECでは、アプリケーションサーバーに加えて、アクセス網を制御する機能も実装した「MECプラットフォーム」が用いられる。

このMECプラットフォームは、NFVと同様の構成の仮想化基盤だ。その上で稼働するアプリケーションは、APIを介して網機能を制御することができる。

APIで網情報を取得することも可能だ。①基地局の混雑状況、②端末のID、③位置情報などを取得するためのAPIが規定されており、例えば混雑状況に応じて利用する帯域幅を変えて、安定した映像配信を行うアプリケーションなども実現できる。

MECを活用して、ビジネスを行うのは通信事業者だけではない。パートナー企業にMECを開放し、多様なビジネスを創出することを通信事業者は狙っている。そこで、こうしたAPIが策定されているのだ。

MECのソリューションに早くから取り組んでいるノキアの日本法人で技術統括部長を務める柳橋達也氏はこう語る。

「最近作られたMECの仕様のほとんどが、アプリケーションで網機能を利用したり、情報を取得するためのAPIを規定するものになっている」

(右から)ノキアソリューションズ&ネットワークス 技術統括部 部長 柳橋達也氏、モバイルネットワーク事業本部 カスタマーソリューション マネージャー 冨永剛氏
(右から)ノキアソリューションズ&ネットワークス 技術統括部 部長 柳橋達也氏、
モバイルネットワーク事業本部 カスタマーソリューション マネージャー 冨永剛氏



また、MEC ISGでは、特定のユースケースを実現するための仕様策定にも力を入れている。2018年9月にはその第1弾として、MECを用いてコネクティッドカー(V2X)向けにサービスを提供するための仕様がリリースされた。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necm1811
hytec1811
mi1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます