企業ネットワーク最前線

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

日本の学校教育における「情報化」

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2018.05.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今回のテーマは、「教育と情報化」です。なかでも日本の初等中等教育、特に小学校の現場で求められている情報化にフォーカスしたいと思います。

 
現在、我が国の国際競争力の低下が懸念されています。いくつかデータを確認してみましょう。

OECD(経済協力開発機構)のデータによると、2016年の日本の1人当たり労働生産性(就業者1人当たり付加価値)は、8万1777ドルであり、OECD加盟35カ国中21位でした。先進7カ国中では最低となっています。アメリカと比較すると3分の2程度の水準です。

また、イギリスの教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)』が集計する「世界大学ランキング」の最新版(2018年版)によると、100位以内に入った日本の大学は2校のみ。46位の東京大学(昨年39位)と74位の京都大学(昨年91位)だけとなります。

同じくTHEによる「アジア大学ランキング」では、2015年まで東京大学が3年連続で1位でしたが、2016年には東京大学は7位に後退し、首位はシンガポール国立大学となりました。

このように、産業・高等教育のいずれにおいても、「国際競争力が相対的に低い」という実態があります。

こうした状況に対し、「小中高などの初等・中等教育がどうあるべきか」という議論が高まるのは必然でしょう。

実際、第2次安倍内閣成立後の2013年より首相の諮問機関として教育再生実行会議が設置され、政治主導で次々と教育改革が進んでいます。

実行会議で検討されたことは、しかるべき手続きを経て現場教育に反映されますが、その中でも特に、2020年から実施される次期学習指導要領が1つのターニングポイントとなります。

学習指導要領とは?学習指導要領とは、10年に一度改訂される教育課程の基準です。この学習指導要領によって教科書が作られ、日本中の学校で授業が実施されます。

ある研究者は「学習指導要領は国民形成の教科書である」と表現しましたが、それほど重要なものです。

最新の学習指導要領は2017年に策定され、2020年から順次、小中高等学校や特別支援学校で実施されます。

国の教育改革で検討された内容は、原則として新学習指導要領として展開する、という流れとなります。

「ゆとり教育」と「脱ゆとり教育」学習指導要領についてあまりご存知ない方でも、「ゆとり教育」という言葉を聞いたことはあるでしょう。

「ゆとり教育」「脱ゆとり」などの言葉が国民的な議論を呼んだり、あるいは、該当する世代の人々を揶揄する言葉として使われていることは、どなたもご存知だと思います。

いわゆる「ゆとり教育」とは、1980年度施行の学習指導要領に沿った学校教育(カリキュラム)から始まりました。このカリキュラムは、1970年代までの「詰め込み教育」を是正し、思考力を鍛えるために「ゆとりある学校」を目指して作られたものです。

この年の学習指導要領から授業時間が削減され、この傾向は1992年度、2002年度の学習指導要領にも受け継がれました。

特に、「生きる力」を重視するとされた2002年度からの学習指導要領では、小中学校の学習内容を3割削減、完全学校週5日制の導入などもあり、この学習指導要領を、狭義の「ゆとり教育」とする考え方もあります。

1980年代以降、常に賛否両論だった「ゆとり教育」ですが、2000年以降、大きな批判を浴びることとなります。その契機となったのは、OECD実施の生徒の学習到達度調査(PISA)などの国際学力テストで順位を落としたことです。

こうした経緯により、2011年から施行された新学習指導要領では、これまでの流れに反し、授業時間の増加が盛り込まれました。このことをマスコミが「脱ゆとり教育」と呼ぶようになったのです。

以上が、国民的な議論にもなった「ゆとり教育/脱ゆとり教育」についての経緯となります。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

sonet2004
sumi2001
apresia2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます