企業ネットワーク最前線

超高速ネットの“ラストワンマイル”

5Gにも使える新型PON「NG-PON2」とは?

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.04.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

我々の家庭やオフィスと通信事業者の基幹ネットワークをつなぐ「光アクセス」において、通信サービスの高速・大容量化と多品種化に備えて新技術の導入が始まろうとしている。次世代PONシステム「NG-PON2」だ。

 
NTT東西のNGNや携帯電話事業者のLTEバックボーンネットワークなどのメトロ/コア網と、家庭やオフィス、モバイル基地局とをつなぐ「光アクセス網」。その容量を大きく引き上げる技術革新が進んでいる。

特に注目を集めているのが、家庭向けブロードバンドサービス(以下、FTTH)で広く使われているPON(Passive Optical Network)の次世代規格「NG-PON2」だ。ファイバー1本当たりの最大伝送容量を、現在主流の1Gbpsから一気に40Gbps(オプションで80Gbpsまで拡張可能)まで増大させる新規格である。

加えて、NG-PON2には耐障害性を高める新技術も盛り込まれている。そのため、これまではFTTHにしかほとんど使われていなかったPONを、高信頼性が求められる企業向けサービスや、モバイル基地局用の光アクセスにも適用できる可能性が広がる。

“時が止まった”PONシステムまず、PONの仕組みとメリットをおさらいしておこう。

PONは現在、日本国内のFTTHの7割程度で用いられている。支持を集める理由は経済性の高さにある。

図表1のように、通信局舎にあるOLTと加入者宅のONUとの間で1対多の通信を行うため、高い集約効果が得られるのだ。もし、この間をスター型(1対1)でつなぐと加入者の数だけOLT側のポートが要るためコストが非常に高くなる。光を分岐するスプリッタも電源が不要なため、安価かつ設置・運用が容易だ。

 

図表1 PONシステムによる光アクセス
図表1 PONシステムによる光アクセス


このPONの標準規格には、ITU-T(国際電気通信連合電気通信標準化部門)の「GPON」とIEEE(米国電気電子学会)の「EPON」があり、通信方式や使用する周波数が異なっている。最大容量はGPONが上り1.25Gbps/下り2.5Gbpsの非対称型、EPONが上下1Gbpsだ。国内では後者が優勢で、NTTのフレッツ光、KDDIのau光がEPONを採用(日本独自方式として「GE-PON」と呼ぶ)している。ただし、一部のCATV会社やNURO光を提供するSo-netのようにGPONの採用例もある。

 

図表2 PONの標準技術
図表2 PONの標準技術


今も現役で活躍しているGPON/EPONだが、標準化されたのは2000年代前半だ。2010年頃には最大伝送容量が10Gbpsの「10GE-PON」(IEEE)と「XG-PON1」(ITU-T)が標準化されたが、まだ普及に至っていない。So-net等がXG-PON1を使った10ギガサービスを行っているだけで、大手はまだ商用展開していない状況だ。

更新が進まない最大の理由はコストだ。OLTはもちろん、すでに数千万加入者に配付されているONUもすべて交換が必要になる。また、FTTH加入の伸びが鈍化したことも、設備更新を阻む大きな要因だろう。

ただし、トラフィック需要の高まりとともに、さすがにGPON/EPONの限界も見えてきている。例えばEPONを32分岐で使えば、32加入者が同時にアクセスした場合の1加入者当たりの帯域は30Mbps程度。4K/8K時代を見据えれば、アップグレードが急がれる状況だ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810macnica
1810prtg
1810riverbed

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます