ICT×未来

<特集>モビリティIoT革命の衝撃(第1回)

クルマはモバイル通信でどこまで進化するか?

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.01.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クルマをIoT化するコネクテッドカーと自動運転によって、人とモノの移動(モビリティ)は大きく変化する。移動コストは劇的に下がり、かつ運転からの解放によって車内は第3の生活空間になる。その影響はあらゆる産業に及ぶ。

 
取引先へ向かうクルマの中で、オフィスにいる上司や同僚とビデオ会議をしながら商談に向けた最終確認をする。両手はハンドルではなく手元のタブレット端末を操作し、資料をチェックしながら議論を交わす。打ち合わせが終わったら、到着までは映画を見てリラックスしよう――。

10年後、クルマ内の過ごし方はそんなふうに変わっているかもしれない。車内空間は家のリビングやオフィスに限りなく近い「第3の生活空間」になる。

“部屋がそのまま動いたら”を体現した近未来モビリティ「Honda 家モビ Concept」のイメージ
“部屋がそのまま動いたら”を体現した近未来モビリティ「Honda 家モビ Concept」のイメージ



これを可能にするのが、完全自動運転とコネクテッドカーの2つの要素だ。人は運転操作から解放され、さらに様々な情報へのアクセスと自由なコミュニケーションが可能になる。自動車メーカーは今、そんな未来を我々に提案し始めている。

メルセデスベンツ傘下のスマートが発表した自動運転コンセプトカー「smart vision EQ fortwo」
メルセデスベンツ傘下のスマートが発表した自動運転コンセプトカー「smart vision EQ fortwo」。
カーシェアリングでの使用を想定しており、各種の通信/コミュニケーション機能を搭載。
自動走行するEVであるためハンドルもペダルもなく、移動時間を自由に使える


クルマをIoT化する通信技術こうした世界を実現するには、クルマが様々なセンサーと通信機能を備え、車両周辺の状況を認識し、かつ外の世界と密なコミュニケーションを取れるようにする必要がある。

そこではどのような通信技術が使われるのか。

総務省が2016年12月から2017年8月まで開催した「Connected Car社会の実現に向けた研究会」では、コネクテッドカーを実現する無線通信技術を図表1のように整理している。

道路に設置された通信機とクルマが通信する【V2I(Vehicle to Infrastructure)型】、クルマ同士が直接通信して情報を交換する【V2V(Vehicle to Vehicle)型】、そしてLTEや5G、IoT無線を活用する【携帯電話型】だ。

 

図表1 クルマが利用する無線システム
図表1 クルマが利用する無線システム


これらのうちV2I型については、ETCサービス等で用いられてきたDSRC(Dedicated Short Range Communications:狭域通信。5.8GHz帯を使う)を活用したITSシステムの高度化が進められている。ETCは従来、高速道路料金の収受に使われてきたが、2015年には渋滞回避や安全運転支援等の情報を提供するETC2.0に発展。さらに今後は、ITSで得られたデータを民間に展開し、車両の運行管理や街中での駐車場料金支払など、多目的利用が進む見通しだ。

V2V型については車載レーダーシステムや700MHz帯を使った車車間通信によって衝突回避や被害軽減ブレーキ操作を行う安全運転支援システムの開発が進んでいる。

こうした路車間・車車間通信によって、見通し外の周辺状況検知や協調型の運転支援が可能になる。現在はトヨタ自動車がドライバー向けの安全運転支援システム「ITS Connect」として提供しているが、将来の完全自動運転にもつながる技術だ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810watchguard
1810macnica
1810prtg

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます