ICT×未来

<特集>モビリティIoT革命の衝撃(第1回)

クルマはモバイル通信でどこまで進化するか?

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.01.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クルマをIoT化するコネクテッドカーと自動運転によって、人とモノの移動(モビリティ)は大きく変化する。移動コストは劇的に下がり、かつ運転からの解放によって車内は第3の生活空間になる。その影響はあらゆる産業に及ぶ。

 
取引先へ向かうクルマの中で、オフィスにいる上司や同僚とビデオ会議をしながら商談に向けた最終確認をする。両手はハンドルではなく手元のタブレット端末を操作し、資料をチェックしながら議論を交わす。打ち合わせが終わったら、到着までは映画を見てリラックスしよう――。

10年後、クルマ内の過ごし方はそんなふうに変わっているかもしれない。車内空間は家のリビングやオフィスに限りなく近い「第3の生活空間」になる。

“部屋がそのまま動いたら”を体現した近未来モビリティ「Honda 家モビ Concept」のイメージ
“部屋がそのまま動いたら”を体現した近未来モビリティ「Honda 家モビ Concept」のイメージ



これを可能にするのが、完全自動運転とコネクテッドカーの2つの要素だ。人は運転操作から解放され、さらに様々な情報へのアクセスと自由なコミュニケーションが可能になる。自動車メーカーは今、そんな未来を我々に提案し始めている。

メルセデスベンツ傘下のスマートが発表した自動運転コンセプトカー「smart vision EQ fortwo」
メルセデスベンツ傘下のスマートが発表した自動運転コンセプトカー「smart vision EQ fortwo」。
カーシェアリングでの使用を想定しており、各種の通信/コミュニケーション機能を搭載。
自動走行するEVであるためハンドルもペダルもなく、移動時間を自由に使える


クルマをIoT化する通信技術こうした世界を実現するには、クルマが様々なセンサーと通信機能を備え、車両周辺の状況を認識し、かつ外の世界と密なコミュニケーションを取れるようにする必要がある。

そこではどのような通信技術が使われるのか。

総務省が2016年12月から2017年8月まで開催した「Connected Car社会の実現に向けた研究会」では、コネクテッドカーを実現する無線通信技術を図表1のように整理している。

道路に設置された通信機とクルマが通信する【V2I(Vehicle to Infrastructure)型】、クルマ同士が直接通信して情報を交換する【V2V(Vehicle to Vehicle)型】、そしてLTEや5G、IoT無線を活用する【携帯電話型】だ。

 

図表1 クルマが利用する無線システム
図表1 クルマが利用する無線システム


これらのうちV2I型については、ETCサービス等で用いられてきたDSRC(Dedicated Short Range Communications:狭域通信。5.8GHz帯を使う)を活用したITSシステムの高度化が進められている。ETCは従来、高速道路料金の収受に使われてきたが、2015年には渋滞回避や安全運転支援等の情報を提供するETC2.0に発展。さらに今後は、ITSで得られたデータを民間に展開し、車両の運行管理や街中での駐車場料金支払など、多目的利用が進む見通しだ。

V2V型については車載レーダーシステムや700MHz帯を使った車車間通信によって衝突回避や被害軽減ブレーキ操作を行う安全運転支援システムの開発が進んでいる。

こうした路車間・車車間通信によって、見通し外の周辺状況検知や協調型の運転支援が可能になる。現在はトヨタ自動車がドライバー向けの安全運転支援システム「ITS Connect」として提供しているが、将来の完全自動運転にもつながる技術だ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

empirix2009
ctc2008
cisco2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます