調査データ

法人向けモバイルデバイス市場の成長率は2.5%、Windowsの構成比は半分以下に

文◎business network.jp編集部 2017.08.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは2017年8月4日、国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測を発表した。2021年までの法人向けスマートフォン、タブレット、ポータブルPC市場を予測している。

これによると、2016~2021年の出荷台数の年間平均成長率(CAGR)は2.5%。デバイス別のCAGRは、スマートフォンが6.5%、タブレットが1.9%、ポータブルPCが0.3%と予測している。 スマートフォンの成長率が最も高いのは、独自OSを搭載した従来型携帯電話の主要部品供給が終焉に向かうため。2017年以降、スマートフォンへの置き換えが急速に進むという。これまで利用料金が高いことが法人向けスマートフォンのネックとなっていたが、Androidベースの携帯電話型スマートフォンに変更した場合、利用料金に大きな差がないことから、スマートフォンへの切り替えが進むとしている。

また、法人向けデバイス市場全体における主なOSは依然Windowsであり、2016年の構成比は約56%あるが、Windows 7のEOS(End of Support)、従来型携帯電話からスマートフォンへの移行などにより、2020年以降のWindowsの構成比は50%以下になる見込みだ。

「政府によって、「働き方改革」の実現が企業に求められている。これを実現するいくつかの方策の中で、在宅勤務やフリーアドレスなどの導入が考えられ、モビリティ端末の利用が重要な要素となる。ベンダーは各企業の勤務形態に合わせて、ハードウェアを組み合わせた提案に加え、社外でも社内と同様に仕事ができるソリューションの提供も必要である」とIDC Japan シニアマーケットアナリストの浅野浩寿氏は述べている。


国内エンタープライズ モビリティ市場 出荷台数予測

国内エンタープライズ モビリティ市場 出荷台数予測

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます