キーパーソンが語る

NTTコムのネットワーク戦略「デジタル変革は飛躍のチャンス。コト売りへ自ら転換」

構成◎坪田弘樹(編集部) 2017.07.11

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

あらゆる産業でビジネスのデジタル化が進むなかユーザー企業の取り組みを支援する通信事業者にはどのような役割が求められるのだろうか。NTTコミュニケーションズでネットワークサービス部長を務める大井貴氏(取材当時。現NTTビズリンク代表取締役社長)は、「我々自身もトランスフォームすべき時期に来ている」と話す。デジタル時代におけるICTプロバイダーのあるべき姿について聞いた。


――ソフトウェアデファインド(SD)技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーションに貢献する「SDx+M」ソリューションの本格提供を始めました。その背景として、まず、企業ICTの状況をどのように見ているかを聞かせてください。

大井 我々もお客様も事業そのものをトランスフォームする時期に来ています。ITが果たす役割が変わり、企業のIT部門はビジネスに直接貢献することを求められています。

トランスフォームの1つとしてわかりやすいのがグローバル化です。

グローバル化の必要性は言われて久しいですが、その意味が変わってきました。最初は生産拠点を海外に移す、その次は商品を売る市場として海外を見る時代でした。しかし今は、海外の事業や技術、商品自体を国内外に関係なく、グローバルの力を結集していかなくては競争できない時代に時代になっています。

そうなった要因は、やはりビジネスが“モノ売り”から“コト売り”へ変わったことにあります。コト売りとはソフト、つまりデータを売ることです。情報をうまくつなげたり使ったりして、それをいかにコトとして売るかというふうにビジネスの中身が変わってしまったわけです。

コト売りにおいてITは中核としての役割を期待されます。つまり、今までの“社内向けIT”ではなく、外にどう売るのかという役割です。IT部門にとっては文化を変えることであり、これは容易ではありません。

大井貴氏


――そうした転換に貢献するためには、御社もコト売りにトランスフォームしなければならないと。

大井 売る相手、売る中身が変わっているのですから、我々自身もコト売りに転換しなければなりません。

そして、もう1つ大きな変化があります。ネットワークの使い方と役割も変化してきていることです。

従来モノとくっついていた情報を分離してクラウドに集める。あるいは、人が効率的に連携して働くため、これまで拠点の中に閉じ込められていた情報もクラウドに上げて共有する─。このようにクラウドに情報がどんどん集まるようになると、これをつなぐネットワークの重要性が増すとともに、その使い方も変わってきます。

最大の変化は、インターネットをもっと活用したいというニーズが増していることです。

その目的や使い方は様々で、安く広帯域な回線としてインターネットを使いたいケースもあれば、Office 365やAWS等のパブリッククラウドを使うためにインターネットを必要とするケースもあります。また、インターネットのトラフィックが増えてMPLSのWAN帯域を圧迫することを防ぐため、拠点からブレイクアウトしてトラフィックを分散させる使い方もあります。

ただ、接続先が複数のクラウドに広がり出口も増えれば、当然セキュリティのリスクが増大します。結果的に、セキュリティ対策のための機器が増えて運用が大変になるという状況になってきています。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

大井貴(おおい・たかし)氏

1986年東京大学大学院修了、同年日本電信電話公社入社。1991年にボストン大学院にてMBAを取得、1997年NTTアメリカ副社長を経て、2001年帰国以降はNTTコミュニケーションズのグローバルネットワークサービスの企画・開発に従事。2013年秋、同社が米国大手ネットワーク事業者Virtela Technology Servicesの株式取得を発表したと同時に事業統合を推進するタスクフォースを発足、タスクフォース長を担務。2014年6月、NTTコミュニケーションズの取締役・ネットワークサービス部長に就任
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

vmware2106
al2106
nvidia2106

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】もう知らないではすまされない
           
宇宙通信と量子通信で変わる未来

<第一部:宇宙通信>衛星通信はこれからどうなる/ NTTが宇宙に行く理由/ソフトバンクの“非地上”作戦/JAXA、光衛星間通信の狙い <第二部:量子通信>量子暗号で世界をリード/量子インターネットの可能性

インタビューJTOWER 代表取締役社長 田中敦史氏「キャリア投資の1割がまず目標 海外大手とも戦っていける」【ソリューション特集】マルチベンダー時代のテスターの選び方/DDoS攻撃対策 【ビジネス最前線】東大・中尾教授がローカル5Gベンチャー ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アイティフォーAI型EDRが侵入“後”の対応を
高速・低コストに

数週間かかる「フォレンジック」が最短3時間!

東陽テクニカあらゆる400ギガネットワーク環境をテスト

BGPの負荷試験等幅広いプロトコルテストに対応!

ネットスカウトシステムズネットスカウトシステムズが指南!
DDoS攻撃の効果的な防御方法とは

世界的に急増するDDoS攻撃。被害を最小限に食い止める方法を解説する

インテル「5G・6Gでキャリアとともにイノベーションを起こす」インテル堀田氏

ワイヤレスジャパン2021での基調講演を徹底レポート!

VMwareデータセンター内通信を「ゼロトラスト化」するには?

データセンタートラフィックの8割を占めるEast-West通信の守り方を解説

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

NVIDIA AI DAYSエヌビディア・ドコモ・富士通が
見据える「5G RANの将来」

AI時代に起こる5G RANの進化についてキーパーソンたちが語った。

NVIDIA AI DAYSソフトバンク、ドコモの5G・MECを支える技術とは

「AI-on-5G」の実現に向けて取り組むソフトバンクとNTTドコモ。

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMware未知の脅威から身を守る
最新のNDRが持つ実力とは

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareが見据えるネットワーク業界の未来

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。